« アントニオ猪木氏にお勧めの BMW | トップページ | F1 ベルギーGP:予選 »

2007/09/14

マクラーレンへの制裁

マクラーレンチームのスパイ疑惑に対する制裁として、2007年のコンストラクターズ選手権からの除外(チームポイント全て剥奪、但しドライバーズポイントは有効)と、1億ドルの罰金、という事となった。

チームにポイントが付かずにドライバーだけにポイントが付くのは、なんかアンバランス(片手落ち?)な感じもするけれど、これでドライバーポイントが無かったら、F1に参戦する意味も殆ど無くなってしまうから仕方ないのかな。

ところで罰金ってそのままFIAの収入になるんだろうか?
1億ドルっていうとスーパーアグリの年間予算と同じくらい??

|

« アントニオ猪木氏にお勧めの BMW | トップページ | F1 ベルギーGP:予選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/16449305

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレンへの制裁:

» マクラーレンがスパイ疑惑で厳しい罰則 [スポーツ瓦版]
世界モータースポーツ評議会からマクラーレンのスパイ疑惑で 今季のコンストラクターズポイント剥奪と残りレースも失格で 罰金1億ドル(約115億円)の支払いを発表したけど凄いね ドライバーポイント現状維持でハミルトン&アロンソは変わらず 2人の王者争いは続く...... [続きを読む]

受信: 2007/09/15 10:19

« アントニオ猪木氏にお勧めの BMW | トップページ | F1 ベルギーGP:予選 »