« F1 トルコGP:予選 | トップページ | BMW ザウバー:決勝 »

2007/08/26

BMW Z1は危うさが魅力??

危うさといっても「ちょい悪」とかじゃなく、エンジンを掛けるたび・乗るたびにどこか壊れそうな感じのする危うさです。 一番ドキドキするのはファーストコンタクト、ドアボタンを押す時。ドアがちゃんと動くかどうかが問題とはBMW Z1だけじゃないか。

前置きはこのくらい。 8月は猛暑でZ1に乗る機会が無いかと思っておりましたが、暑さもだいぶやわらいだのと、あまり乗らないと可動部分に悪いだろうと40日振りに動かすことに・・・・

1、左側ドア ⇒ちゃんと下がりました。OK
2、エンジン ⇒一発始動。OK
3、右パワーウィンド ⇒ボタンを押してもガラスが下がりません。NG
 ☆さっそく怪しい雲行きです。
4、左パワーウィンド ⇒ボタンを押したらドア全体が上がったり下がったり
  連続で動きます。
 ★こりゃ、大変だぁ~~。。 

しばらく放置・・・・ 何とか落ち着きました。コンピュータの熱暴走的なエラー?
結局両ドアを下げたままドライブを敢行。(下手に上げるとその後が怖い)
2時間程動かした後駐車場に戻り、ちょっとドキドキしながらドアノブを操作、ドアも窓もちゃんと上がり戸締りも無事完了。 めでたし、めでたし??

|

« F1 トルコGP:予選 | トップページ | BMW ザウバー:決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/16246976

この記事へのトラックバック一覧です: BMW Z1は危うさが魅力??:

« F1 トルコGP:予選 | トップページ | BMW ザウバー:決勝 »