« BMW Z1は危うさが魅力?? | トップページ | 月はどっちに出ている »

2007/08/27

BMW ザウバー:決勝

作戦を分けたことで明暗分かれる
今シーズン7回目、そして今回で5戦連続して、BMWは2台がポイント圏内でフィニッシュした。イスタンブールで行われたトルコGPで、ニック・ハイドフェルドが4位、ロベルト・クビサが8位となった。(ニュース元:GPUpdate.net

0708271

ニック・ハイドフェルド 4位入賞  

この結果にはとても満足しているよ。チームが素晴らしい仕事をしてくれたね。レース戦略、タイヤ選択、そしてピットストップ、すべてが完璧だった。すべてから最大限のものを引き出すことができたよ。スタートは特に素晴らしかった。シグナルが消えたときはそれほど良くはなかったんだ。僕はコースの汚れた側にいたからね。でもその後、会う都側から何台かオーバーテイクすることができたんだ。

ロバート・クビサ 8位入賞  

とても厳しいレースで、僕には十分な速さがなかった。第1スティントでは僕は燃料が軽かったんだけど、周囲にたいして大きなギャップを築くことができなかった。ピットストップをするたびに、誰かが僕を抜いていた。レースを通してずっと僕にはスピードが足りなかった。これはまた、オーバーテイクができないということにもつながるんだ。たぶん、すべてにおいて少し問題があったんだと思うけど、クルマは運転しづらかったね。

スタート直後はクビサが4番手を走っていたのですが、いつのまにか後方に沈んだのはマシンの状態が全体的にイマイチだったのですね。それでもポイントをゲット出来たのは日頃の行いが良かったのかな?

BMW を中心としたレースの動きはBMW Japanのサイトがお勧め ⇒サイト

|

« BMW Z1は危うさが魅力?? | トップページ | 月はどっちに出ている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/16266826

この記事へのトラックバック一覧です: BMW ザウバー:決勝:

« BMW Z1は危うさが魅力?? | トップページ | 月はどっちに出ている »