« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/30

7月30日は

0707301

何の悩みも無く「7月30日は、BMW730」の画像を貼り付けておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/29

BMWは勝つためにF1をやっている

BMWザウバーF1チームが2006年にF1に参戦したとき、明確な長期的目標を持っていた。チャンピオンシップにおいて優勝争いに絡むことである。そして、今このチームがそれを達成しつつあることは、BMWモータースポーツディレクターのマリオ・タイセンだけでなく、多くの人が認めるところであろう。(ニュース元:GPUpdate.net

マリオ・タイセン

我々は勝つためにF1に参戦している。そして、我々はこの目標にむけて大きく前進している。初年度は選手権8位だったが、着実に上に向かっており、今やグリッド上で3番手という位置を確立しつつある。多くの人々は、我々がここまでできるとは思っていなかっただろう。
今年の終わりには、ヒンウィルのファクトリーの改修も完了し、新しい従業員たちが働き始める。そうすれば、我々は最大の力を得ることになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/28

三菱 廃り音

中越沖地震後、初めて被害を受け仮復旧の北陸自動車道を走る機会がありました。
夜だったので周囲の全体的な状況は判りませんが、路面は結構デコボコでした。 一番怖かった箇所は上りのトンネルから下りのトンネルへ、クランク状に横断する場所です。夜間で交通量が少なかったためスムーズには通れましたが、昼間は渋滞の原因となるのでしょうね。

久々の遠出をし、見知らぬ場所を走ったりしました。
そのおかげというか普段見る事のない風景や、ちょっとレアなクルマも見ましたね。
 ・左ハンドルのユーノス・ロードスター
 ・スバル アルシオーネ(ある死オーね ではない)
 ・三菱スタリオン(廃り音 では勿論ない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/27

ココログバージョンアップ後のバグ

ココログのメンテ終了後は、メンテ前に比べてレスポンスが凄く悪化したり、繋がらなかったりするのが常であったが(そんな事じゃいけないのでしょうが) 今回は大丈夫だったみたいね。 と思っていましたが、一部ではバグが発生しました。

バージョンアップ後、ココログのレイアウトが崩れてしまうバグが判明しておりましたが、復旧作業が完了いたしましたのでご報告させていただきます。

ココログのメンテ終了後は、多少変な動きをしても個人でジタバタせず、事態が解消されるまで極力何もしないのがよいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/26

BMW X5 M SpyPhoto

0707261

フロントグリルがアミアミ、スケスケのBMW X5。 
記事によるとMモデルのスパイフォトだそうで、6.0L-V12エンジンを積んで438馬力だとか。 それならこのようなアミアミも納得できますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/25

ココログはメンテ中だった

ブログは思い立った時にすぐ書けるのが当たり前だと思っている。
しかし、いざ書こうと思ってアクセスしてみるとココログはメンテ中でありました。
今回のメンテは7月24日21時~7月25日15時までの18時間。

時間置いたら、記事を書こうという勢いが無くなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/24

梅雨明けは??

0707241

随分と空が青いんですけど、梅雨明けは何時になるのかなぁ~~。
まぁ、気象庁の発表があろうが無かろうが、本来の天気には関係ないです。
でも気分的には違うのでね。

VWゴルフのエアコン修理は、リビルト品コンプレッサーを使うことにより10万円コース。 物の納期にもよりますが今週末にも工場入りと成りそうです。
ちなみに新品コンプレッサーを使うと14万円コース、中古(保証無し)では7万円コースという事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/23

F1 ヨーロッパGP:決勝

悪天候の中のヨーロッパGPでしたね。
クラッシュやオーバーランによるリタイヤが多いグランプリでもありました。
BMWチームはスタート序盤でのチームメイト同士による接触が後々まで響く展開に。
それが無ければレッドブルに遅れをとる事も無かった筈なのですけど・・・

1. F・アロンソ マクラーレン 2:06:26.358
2. F・マッサ フェラーリ + 8.155
3. M・ウェーバー レッドブル + 1:05.674
4. A・ブルツ ウィリアムズ + 1:05.937
5. D・クルサード レッドブル + 1:13.656
6. N・ハイドフェルド BMW + 1:20.298
7. R・クビサ BMW + 1:22.415
8. H・コヴァライネン ルノー + 1 laps
9. L・ハミルトン マクラーレン + 1 laps
10. G・フィジケラ ルノー + 1 laps
11. R・バリチェロ ホンダ + 1 laps
12. A・デビッドソン スーパー アグリ + 1 laps
13. J・トゥルーリ トヨタ + 1 laps
Ret. K・ライコネン フェラーリ + 24 laps
Ret. 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 40 laps
Ret. R・シューマッハ トヨタ + 41 laps
Ret. M・ヴィンケルホック スパイカー + 46 laps
Ret. N・ロズベルグ ウィリアムズ + 58 laps
Ret. V・リウッツィ トロロッソ + 58 laps
Ret. S・スピード トロロッソ + 58 laps
Ret. A・スーティル スパイカー + 58 laps
Ret. J・バトン ホンダ + 58 laps

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/21

F1 ヨーロッパGP:予選

Q3でマクラーレンのハミルトンが大クラッシュだそうです。 明日の決勝レースは出られるのかな。
その影響もあるのか、BMWチームはハイドフェルド4番手、クビサ5番手に着けています。 ひょっとしてダブル表彰台とかあるかも。

1. K・ライコネン フェラーリ 1:31.450
2. F・アロンソ マクラーレン 1:31.741
3. F・マッサ フェラーリ 1:31.778
4. N・ハイドフェルド BMW 1:31.840
5. R・クビサ BMW 1:32.123
6. M・ウェーバー レッドブル 1:32.476
7. H・コヴァライネン ルノー 1:32.478
8. J・トゥルーリ トヨタ 1:32.501
9. R・シューマッハ トヨタ 1:32.570
10. L・ハミルトン マクラーレン 1:33.833
11. N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:31.978
12. A・ブルツ ウィリアムズ 1:31.996
13. G・フィジケラ ルノー 1:32.010
14. R・バリチェロ ホンダ 1:32.221
15. A・デビッドソン スーパー アグリ 1:32.451
16. 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:32.838
17. J・バトン ホンダ 1:32.983
18. S・スピード トロロッソ 1:33.038
19. V・リウッツィ トロロッソ 1:33.148
20. D・クルサード レッドブル 1:33.151
21. A・スーティル スパイカー 1:34.500
22. M・ヴィンケルホック スパイカー 1:36.940

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/07/20

F1 ヨーロッパGP:金曜フリー走行

1回目の上位はいつものメンバーでした。
2回目はハーフウェットの為、タイムが落ちています。BMWのハイドフェルドは「僕たちの本当の力を示してはいないよ。僕たちには、十分な力があるんだ。」と母国GPで余裕のコメントをだしています。

フリー1回目の上位10台
1. L・ハミルトン マクラーレン 1:32.515 - 26周
2. K・ライコネン フェラーリ 1:32.751 - 24周
3. F・アロンソ マクラーレン 1:32.932 - 27周
4. N・ハイドフェルド BMW 1:32.975 - 35周
5. R・クビサ BMW 1:33.205 - 34周
6. F・マッサ フェラーリ 1:33.605 - 24周
7. R・シューマッハ トヨタ 1:33.825 - 32周
8. J・バトン ホンダ 1:33.936 - 28周
9. D・クルサード レッドブル 1:34.062 - 25周
10. R・バリチェロ ホンダ 1:34.142 - 25周

フリー2回目の上位10台
1. K・ライコネン フェラーリ 1:33.339 - 28周
2. L・ハミルトン マクラーレン 1:33.478 - 28周
3. F・マッサ フェラーリ 1:33.590 - 27周
4. F・アロンソ マクラーレン 1:33.637 - 30周
5. R・シューマッハ トヨタ 1:33.668 - 18周
6. J・トゥルーリ トヨタ 1:33.746 - 22周
7. N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:33.845 - 24周
8. J・バトン ホンダ 1:33.880 - 36周
9. N・ハイドフェルド BMW 1:34.146 - 22周
10. R・クビサ BMW 1:34.221 - 19周

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/19

エアコンがお亡くなりに・・・・

今日はとても暑い日でした。 そんな中普段使いのVWのエアコンが完全にお亡くなりに成っているという事が判明。
ガスの補充だけで復活すれば4、5千円で済むのだけど・・・・

ゴルフのメンテが充実しているサイトで検索したところ、コンプレッサーとか主要部品がダメになる事例が結構多いとの事。 そうなると修理代20万円コースだそうです。
さぁ『明日はどっちだぁーー!!』

【追記】
点検の結果、コンプレッサーが駄目と判明。
お店には新品使用とリビルト品使用での見積もりを依頼中。。
リビルト品があるって事は新品は高いのでしょうねぇーーー。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/18

キリン Z7(ジー・セブン)

BMW Z1乗りとしてはこの商品は見逃せません。
キリンのスポーツドリンク「Z7(ジー・セブン)

        0707181

体に必要なミネラル、亜鉛(元素記号Zn)をこの1本で7mgとれる事から「Z7」
なのだそうです。

【カウンター 44万件突破】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/17

BMW 1シリーズ:2008年ダカールへ

ちょっと先の話ですが、2008年のダカールラリーにはBMW 1シリーズベース(というか1シリーズの形をした)のマシンで参戦する計画があるそうです。

0707171

搭載エンジンが直6-3.0Lディーゼルターボという事は、実績のあるエンジン&シャシーに1シリーズクーペのボディを被せたマシンなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/07/16

津波注意報!!

さて今日は「海の日」、どんよりとした天気で気温の上昇も少なそうなオープン日和でしたので海を目指してGO。
しかし海岸線の道路に到着すると何か防災無線が騒がしい『ただいま津波注意報が出ています。海岸や河口には近づかず、高台に非難して下さい。』ですと。 10時20分の事でございました。

逆算すると、クルマの挙動がちょっと変!? わだちか軽いパンクか?? と運転しながら思った事があったので、それが震度5弱の揺れだったようです。
時速60km/hで走行中の地震は結構判りにくいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/15

BMWザウバー:ヨーロッパGPプレビュー

BMWザウバーとニック・ハイドフェルドにとってはホームレースとなるため、楽しみなレースとなる。ロバート・クビサもまた、7月22日に決勝を迎えるドイツ・アイフェルのサーキットでBMWザウバーのために良い結果を残せることに自信を持っている様子だ。
(ニュース元:F1-Live.com

ニック・ハイドフェルド  

ニュルブルクリンクでのレースをとても楽しみにしているんだ。そのサーキットではすばらしい数の僕のファンが待ってくれているし、今年の良い成績を考えると、これまで以上にたくさんのファンたちが来てくれていることだろうね。僕は今年の4月末にイベントでノルドシュライフェ(ニュルブルクリンクの旧コース)をF1マシンで走ったんだけど雰囲気は最高だったよ。たくさんのファンたちからサポートを受けることができるのは最高の気持ちだし、ニュルブルクリンクには親族も来ることだろう。僕の故郷であるメンヘングラートバッハからそんなに遠くないから、幼いときに父親や2人の兄弟と共によく来ていたものさ。その後ニュルブルクリンクではさまざまなカテゴリーのレースで勝つことができ、幼少時代の思い出がたくさんあるんだ。

ロバート・クビサ  

ニュルブルクリンクでのレースは今年唯一のドイツでのレースということになる。僕らのチームを応援するためにたくさんのファンや観客が詰めかけることになるだろう。正直な話、サーキット自体の楽しさは僕にはわからない。今回が僕にとってニュルブルクリンクで初のF1でのレースになるわけだけど、1コーナーがまだシケインだったころからレース経験はあるよ。2001年から毎年走ってきたし、サーキットのことはよくわかっていると思う。ツーリングカーレースでは6、7コーナーでショートカットすることも知っている。良い週末になると思うし、さっきこのサーキットの楽しさがわからないと言ったけど、レース後はその気持ちは変わっているかもしれないね。

ドイツを母国GPにするチーム&ドライバーも多いですが、ダブルなのはハイドフェルドだけかな。 その分思い入れというか意気込みが違うのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/14

脳内メーカー

テレビの情報番組で「脳内メーカー」というのを紹介していました。
名前を打ち込むと、頭の中身が簡単な図で表示されるというもの。
アクセスが多いのか繋がらない事もありましたが「M小林」で入力するとこんな感じ

      0707141

前頭葉は「金」、後ろは「欲」、右脳「悩」、左脳「食」という結果でした。
イマイチ納得がいかないなぁ~~。。 本名で入力したらもっと悲惨な結果でしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/07/13

BMW Z1の生存率

自分にネタが無いときには、ひと様のネタにすがりましょう(他人頼り)
この頃精力的にBMW Z1ネタを発信している「BMW Z1なblog」さんにお任せしまっす。

もともと生産台数が少ないうえに、ヨーロッパの情報では2002年の時点で8000台のうちなんと3000台が書類上廃車になっているらしいのでマーケットとしてのうまみもありませんので仕方のないことなのかもしれません。
ていうか今現在いったい何台のZ1が現存しているんだろう?
生産終了から11年で 3000/8000 て37.5%ですから、そこから更に5年以上たってるから同率でも計算上すでに約半分は廃車って・・・マジ??

0707131
        BMW Z1大破の図。ドライバーは大丈夫??

私もつねづね気になっていたBMW Z1の生存率、この記事によれば50%を切る計算だとか。 うーん、そんなに減っているとは・・・・
でも同年代の日本車の事を考えるとそれでも残っている方なのかも。
当時乗っていたマツダ RX-7(FC3S 1985-1991年)なんか、現在では全くと言っていい程見ませんものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/12

BMW M3:ビート感あふれる新型V8DOHCに感激

画像や動画では何度か紹介した新型M3。日本人による試乗記がDriving Futureに出て来ましたのでご紹介。 (ニュース元:Driving Future

0707121

■生き物のような何かが、素早く規則正しく躍動しているようなビート感
何に感激したかと言えば、あのV8エンジンの高回転域でのビートだ。想像するにおそらくハチドリの飛翔音を拡大すると、こんな風になるような気がする。つまり生き物のような何かが素早く規則正しく躍動しているのが、ドライバーにはっきりと感じられるのである。
このエンジンは最近発表されたばかりの新型M3が塔載するV8で、ベースになったのはM5でデビューした90度のバンク角を持つV10である。簡単に言えば2気筒をカットオフ、排気量を4リッターとしたものだが、実際はシリンダーヘッド、インテークとエキゾースト・システム、クランクケースそしてオイルパンなどが新設計されている。
8個の独立したスロットル・バタフライを通じてエアが高効率に瞬時に吸入、着火そして排出され、その結果最高出力420ps/8300rpm、最大トルク40.8kg-m/3900rpmを発生する。ドライバーがスロットルを踏み込むと、この過程が冒頭のビートとなって五感に伝わってくるのだ。

■キャラクターを例えればフル4シーターポルシェ
たとえばパワフルなだけでなくスムーズに、そしてレッドゾーンの8500rpmまでよどみなく回るエンジンは直線路で、路面からの優れた情報伝達性と素直なステアフィール(ゲイン)を誇るステアリング、そして強力でコントローラブルなブレーキはコーナーの入り口で、さらにコーナーからの脱出時には路面を掴んで離さないトラクションの確かな足回りが、という具合に、それぞれがそれぞれのセッションで活躍してくれるのである。
一般道路ではEDC(エレクトロニック・ダンパー・コントロール)をコンフォートにセットすれば、助手席のパートナーから苦情の出ない乗り心地を提供することも可能である。さらに日本の高速道路における法定最高速度である100km/hは、6速2500rpm付近での静かな走りとなり長距離ツーリングも全く快適にこなすこともできる。ようするにフル4シーター・ポルシェが誕生したと理解するのがもっとも早道である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブガッティ・ヴェイロン さらに値上げ

ブガッティの日本正規輸入元であるニコル・レーシング・ジャパンでは、世界最強、最速、最高のスポーツ・ラグジュアリー・カーとうたわれる、Bugatti Veyron 16.4(ブガッティ・ヴェイロン16.4)を7月7日付けで価格改定したと発表した。
販売価格は、これまでの1億8800万円から1100万円高の1億9900万円。おそらく為替の影響を受けたものだと思われる。 (ニュース元:オートギャラリーネット

0701251

今年1月の記事でも、1億7700万円から1億8800万円へ値上げ(+1100万円)を伝えましたが、またきっちり?と1100万円の値上がりです。

【ブガッティ・ヴェイロン16.4の価格変動】
2005年、発売当初は1億6300万円
2006年4月に1億7700万円(+1400万円)
2007年1月に1億8800万円(+1100万円)
2007年7月に1億9900万円(+1100万円)

性能もモンスターですが、価格もモンスター級ですね!!
それにしても半年で1100万円も値上げとは、1月に買った人は喜んでいるのかなぁ??

関連記事:ブガッティ・ヴェイロン値上げ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/11

ナイジェル・マンセル

ちょっとイギリスGPの振返り記事になりますが、往年のF1レーサー、ナイジェル・マンセル氏がBMWザウバー・チームの「ピットレーンパーク」で最新のF1マシンをドライブしたのだそうです。 (ニュース元:FMotorsports F1

0707111

F1の進歩はまさに驚嘆すべきものだね。この間のテクノロジーの進化はほんと目を見張るものだ。幸い、すぐに昔の感動を取り戻すことができたけど、何回ドーナツターンをしたかって?そんなもの数えてなんかいない。

BMWとかザウバーとかあまり係わりがないように思いますが、「イギリス」って事で呼ばれたのでしょうね。それにしても現役時代はヒゲがトレードマークでしたので、それが無いとマンセル氏だと判りにくい。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/10

20 Years of BMW M3

あちこちの海外自動車ニュースでBMW M3 - 20周年の記事が載っていました。

0707101

お気に入りの画像は、市販モデルとレースモデルのエンジン御開帳。。
パッと見、大きな違いはウォッシャータンクが無いこと!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/09

BMW ザウバー:決勝

レースの結果に満足
BMWのドライバーたちは、日曜日のイギリスGPの結果に満足している。ロベルト・クビサとニック・ハイドフェルドは、シルバーストンで安定した力強いパフォーマンスを発揮し、それぞれ4位と6位でフィニッシュし、2人ともポイントを獲得した。
(ニュース元:GPUpdate.net

0707091

ニック・ハイドフェルド 6位入賞  

レースには満足しているけど、レースウィークエンド全体に満足している訳じゃない。9番手からスタートして、6位で、ロベルトの3秒後ろでフィニッシュしたんだ。
もっといいグリッドからスタートできれば、僕のチャンスは大きく広がっていただろうね。トップの2チームは追いつけないほど遠かったわけじゃないし、僕たちはまたルノーを上回っている。今日はこれ以上の結果は望めなかったよ。

ロバート・クビサ 4位入賞  

とても嬉しいよ。僕はフェリペ・マッサの前を走っているのに気付いたんだ。でも、レースはマニクールのときのように簡単ではなく、最後の13周の間、ずっと彼を後ろに抑えていなければならなかったよ。このコースでは、後ろにつくのは大変なことで、フェリペは1人でコースを走っているときは速かったけど、僕の後ろでは多くのダウンフォースを失っていた。彼は僕よりも大変だったはずだよ。

フランスに続いてのダブル入賞おめでとうございます。 あとはタナボタ待ちですね。
BMW を中心としたレースの動きはBMW Japanのサイトがお勧め ⇒サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1 イギリスGP:決勝

レースに勝つ為にはドライバー・マシンの速さだけではなく、チーム戦略(ピット作戦)も大切なのだな。 と改めて感じさせたイギリスGP決勝でした。

1. K・ライコネン フェラーリ 1:21:43.074
2. F・アロンソ マクラーレン +2.400
3. L・ハミルトン マクラーレン +39.300
4. R・クビサ BMW +53.300
5. F・マッサ フェラーリ +54.000
6. N・ハイドフェルド BMW +56.300
7. H・コヴァライネン ルノー +1laps
8. G・フィジケラ ルノー +1laps
9. R・バリチェロ ホンダ +1laps
10. J・バトン ホンダ +1laps
11. D・クルサード レッドブル +1laps
12. N・ロズベルグ ウィリアムズ +1laps
13. A・ブルツ ウィリアムズ +1laps
14. 佐藤 琢磨 スーパー アグリ +2laps
15. C・アルバース スパイカー +2laps
Ret. V・リウッツィ トロロッソ +6laps
Ret. J・トゥルーリ トヨタ +16laps
Ret. A・デビッドソン スーパー アグリ +24laps
Ret. S・スピード トロロッソ +30laps
Ret. R・シューマッハ トヨタ +37laps
Ret. A・スーティル スパイカー +43laps
Ret. M・ウェーバー レッドブル +51laps

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/08

F1 イギリスGP:予選

金曜日の集客にも大きく影響したというイギリス人ドライバー、ハミルトンがライコネンをかわして今期3度目のポールポジションを獲得しました。
今回BMWは上位2チームとの戦いよりルノー、トヨタとの戦いになりそうな感じです。

1. L・ハミルトン マクラーレン 1:19.997
2. K・ライコネン フェラーリ 1:20.099
3. F・アロンソ マクラーレン 1:20.147
4. F・マッサ フェラーリ 1:20.265
5. R・クビサ BMW 1:20.401
6. R・シューマッハ トヨタ 1:20.516
7. H・コヴァライネン ルノー 1:20.721
8. G・フィジケラ ルノー 1:20.775
9. N・ハイドフェルド BMW 1:20.894
10. J・トゥルーリ トヨタ 1:21.240
11. M・ウェーバー レッドブル 1:20.235
12. D・クルサード レッドブル 1:20.329
13. A・ブルツ ウィリアムズ 1:20.350
14. R・バリチェロ ホンダ 1:20.364
15. S・スピード トロロッソ 1:20.515
16. V・リウッツィ トロロッソ 1:20.823
17. N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:21.219
18. J・バトン ホンダ 1:21.335
19. A・デビッドソン スーパー アグリ 1:21.448
20. A・スーティル スパイカー 1:22.019
21. 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:22.045
22. C・アルバース スパイカー 1:22.589

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/07

F1 イギリスGP:金曜フリー走行

フランスから連戦でのイギリスGPです。
イギリスってドライバー個人でもチームでも母国グランプリというのが多いように思いますが、期待通りの活躍が出来ているのでしょうか。。

フリー1回目の上位10台
1. L・ハミルトン マクラーレン 1:21.100 - 24周
2. K・ライコネン フェラーリ 1:21.211 - 26周
3. F・マッサ フェラーリ 1:21.285 - 26周
4. F・アロンソ マクラーレン 1:21.675 - 21周
5. N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:22.006 - 24周
6. R・クビサ BMW 1:22.107 - 25周
7. N・ハイドフェルド BMW 1:22.176 - 13周
8. A・ブルツ ウィリアムズ 1:22.216 - 23周
9. R・シューマッハ トヨタ 1:22.878 - 21周
10. R・バリチェロ ホンダ 1:22.956 - 27周

フリー2回目の上位10台
1. K・ライコネン フェラーリ 1:20.639 - 35周
2. F・マッサ フェラーリ 1:21.138 - 30周
3. R・シューマッハ トヨタ 1:21.381 - 34周
4. L・ハミルトン マクラーレン 1:21.381 - 39周
5. J・トゥルーリ トヨタ 1:21.467 - 35周
6. F・アロンソ マクラーレン 1:21.616 - 35周
7. N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:21.619 - 40周
8. A・ブルツ ウィリアムズ 1:21.650 - 37周
9. M・ウェーバー レッドブル 1:22.137 - 31周
10. A・デビッドソン スーパー アグリ 1:22.143 - 40周

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/06

マジックバイオレット

昨日紹介した動画に登場したBMW Z1の色の名前は「マジックバイオレット」
今まで私はこの色の実車を見た事がありません。
そんな珍しい紫色のZ1がヤフオクに出品されていました。

0707061

記述によれば、1991年、走行距離 11,000km、ワンオーナー、そしてなんと『5人乗り』
だそうです。。
データや見た感じでは結構上物のこの個体、果たして入札はあるのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/07/05

ようこそ YouTube Japan へ

動画投稿配信サイトのYouTube、この度日本語にも対応した影響なのか日本からBMW Z1の動画が4本ほどアップされていました。
その中でお気に入りの一本をお届け。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/04

BMW Z1なblog

ブログ人口は増えている筈なのですが、それでもBMW Z1にお乗りでブログにその話が出てくると言うと、僕んちのところを入れても4件しか知りません。
その中でハードでクールな路線を走る「BMW Z1なblog」さんが約1年振りに更新されました。

0707041

お題は「アンダーパネル加工」と「3連メーターとドアスイッチ」、相変わらずハード路線を行かれているようです。 ちなみに僕んちのブラックZ1にはアンダーパネルがありません。 どこかの道端に落として来てしまったのでしょうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/03

雲形のナンバープレート

ニュースで流れてましたが、愛媛県松山市で雲の形をしたナンバープレートが発行されるそうです。(松山市のホームページ

0707031

うーん、ユニークだね。 個人的には黄色いのが好きです。
それにしても、ナンバープレートの形に自由度があるとは知りませんでした。 今後他の地域でも「変り種ナンバープレート」が出てくるのかなぁ~~。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/02

BMW ザウバー:決勝

見事な結果と見事な復帰
BMWザウバーF1チームは、ロベルト・クビサの4位とニック・ハイドフェルドの5位により1レースにおけるチーム史上最高のポイント数を獲得してフランスGPを後にした。この合計9ポイントはチームのコンストラクターズ3位を確かなものとし、ハイドフェルドはこれまでで最もよかった2005年シーズンを上回る30ポイントを獲得した。
(ニュース元:GPUpdate.net

0707021

ニック・ハイドフェルド 5位入賞  

この結果には非常に満足しているよ。僕たちにとっては素晴らしいレースであり、貴重なポイントを獲得したんだ。スタートではルノーの2台がトラックの真ん中へ行ったから、僕はジャンカルロ・フィジケラを右側からオーバーテイクしようとしたんだ。でも彼が動いてしまい、あれはよくなかったよ。フェルナンド・アロンソとのバトルは本当に楽しかったし、僕の結果に優位になったんだ。懸命に守らないといけなかったけれど、両方の立場からするとフェアプレイだったと思うよ。彼を後ろに従えさせることは楽じゃないよ。特に真ん中のスティントでは彼は燃料が軽かったから非常に速かったからね。

ロバート・クビサ 4位入賞  

4位と5位でフィニッシュし、チームと僕たちにとって素晴らしいレースだったよ。それに、非常に素晴らしい週末だったね。とても静かなレースだったよ。いいスタートを切ったけれど、僕たちはルイス・ハミルトンとともに汚れている側にいたからオーバーテイクのチャンスがなかったんだ。その後は、彼がピットから出てきた時に一度だけ近付くことができ、彼と短いバトルをしたけれど、彼は新しいタイヤを履いていたからヘアピンでブレーキを遅らせて僕を再び抜いていったんだ。残りの20周は、チームのためにいい結果とともにクルマをホームに持ち帰るようにしたんだ。

クビサ復帰&ダブル入賞、おめでとうございます。 あとはマクラーレンとフェラーリが潰しあいした時の、タナボタ的優勝がある事を期待しております。

BMW を中心としたレースの動きはBMW Japanのサイトがお勧め ⇒サイト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/07/01

F1 フランスGP:予選

2戦連続ウィナーのハミルトンを抑えて、フェラーリのマッサがトップタイム。
ここフランスではフェラーリの逆襲が見られるのでしょうか。
また「クラッシュより奇跡的な生還」を果たしたBMWのクビサは予選4番手、本戦にも期待しましょう。

1. F・マッサ フェラーリ 1:15.034
2. L・ハミルトン マクラーレン 1:15.104
3. K・ライコネン フェラーリ 1:15.257
4. R・クビサ BMW 1:15.493
5. G・フィジケラ ルノー 1:15.674
6. H・コヴァライネン ルノー 1:15.826
7. N・ハイドフェルド BMW 1:15.900
8. J・トゥルーリ トヨタ 1:15.935
9. N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:16.328
10. F・アロンソ マクラーレン no time
11. R・シューマッハ トヨタ 1:15.534
12. J・バトン ホンダ 1:15.584
13. R・バリチェロ ホンダ 1:15.761
14. M・ウェーバー レッドブル 1:15.806
15. S・スピード トロロッソ 1:16.049
16. D・クルサード レッドブル no time
17. V・リウッツィ トロロッソ 1:16.142
18. A・ブルツ ウィリアムズ 1:16.241
19. 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:16.244
20. A・デビッドソン スーパー アグリ 1:16.366
21. C・アルバース スパイカー 1:17.826
22. A・スーティル スパイカー 1:17.915

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »