« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/30

今年も半分終わりました

今年も上半期、つまり半分が終わってしまいました。。
3月に引越しし、生活環境なども変わりましたが、特に病気をすることも無く元気に過ごせましたので良しと致しましょう。

ブログの方は半年で11万件カウンターが進みました。一日約600件の訪問を受けた事になります。 ありがとうございます。

【カウンター 43万件突破】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/29

F1 フランスGP:金曜フリー走行

クビサは無事フランスGP参戦です。
一部ニュースで、前回のクラッシュにおいてクビサが思った以上に軽症だったのは「前ローマ法王の加護による奇跡である可能性」という報道がありました。

ポーランド人初のF1ドライバーである同選手は、母国出身の前法王の名前が書かれたヘルメットを愛用。時速230キロで走行中の事故で、マシンが大破したレースでも着用していた。このため、前法王による奇跡を証明する一環として、証言を求められる可能性があるという。

ただ金曜フリー走行ではBMW勢、あまりぱっとしませんでしたね。

フリー1回目の上位10台
1. K・ライコネン フェラーリ 1:15.382 - 22周
2. F・マッサ フェラーリ 1:15.447 - 22周
3. F・アロンソ マクラーレン 1:16.154 - 19周
4. N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:16.214 - 24周
5. D・クルサード レッドブル 1:16.268 - 24周
6. L・ハミルトン マクラーレン 1:16.277 - 20周
7. N・ハイドフェルド BMW 1:16.338 - 25周
8. A・ブルツ ウィリアムズ 1:16.407 - 23周
9. R・クビサ BMW 1:16.441 - 19周
10. J・トゥルーリ トヨタ 1:16.603 - 26周

フリー2回目の上位10台
1. F・マッサ フェラーリ 1:15.453 - 38周
2. K・ライコネン フェラーリ 1:15.488 - 28周
3. S・スピード トロロッソ 1:15.773 - 21周
4. L・ハミルトン マクラーレン 1:15.780 - 36周
5. V・リウッツィ トロロッソ 1:15.952 - 40周
6. D・クルサード レッドブル 1:15.958 - 36周
7. N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:16.003 - 39周
8. F・アロンソ マクラーレン 1:16.049 - 32周
9. A・デビッドソン スーパー アグリ 1:16.162 - 25周
10. R・シューマッハ トヨタ 1:16.184 - 41周

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/28

一ヶ月遅れで

「5月31日までに払ってね。」というお便りを無視して約一ヶ月、やっと自動車税を納付してきました。
BMW Z1は2.5Lエンジン+古い為の重課税で49,500円。
まだ一ヶ月なので延滞金は付きませんでした。。。
梅雨があけて、暑い夏が過ぎて、オープンカーに快適な秋風のシーズンに早く成らないかなぁ~~。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/27

花火大会が中止になったら

朝のニュースで「今年の隅田川花火大会は一発勝負!」 というのを聞きました。
選挙日程の関係で7/28(土)が天候不順だった場合、例年のように翌日に順延ではなく中止。なのでそうです。
んで、沸き上がって来る疑問を抑えられませんでした。

『中止になった場合、用意していた花火はどうなるのか? またスポンサーには幾ばくかの返金があるのだろうか?』 

教えて!gooの回答にこんなのを見付けましたので、一応納得。
他の花火大会に使います。
特殊なものは解体して別の花火の火薬に使います。

ただスポンサーについては判りませんでした。 ざんねん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/26

BMW 320+ロータリー

以前 BMW+日産エンジン、BMW Z3+ロータリー、BMW+ホンダ、BMW+トヨタなど
エンジンスワップのBMWをお届けしましたが、今回は海外からE30-320iにロータリー
エンジンを積んだクルマをご紹介。

0706261

0706262

RX7のツインターボエンジンを搭載し280馬力だそうです。

関連記事:BMW Z3+ロータリー

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007/06/25

無限プチプチ

自動車にはまったく関係ないですが、気になった新商品があったのでご紹介。

バンダイは、緩衝材として利用される「プチプチ」を模したキーチェーン型玩具「∞(むげん)プチプチ」を9月下旬に発売する。カラーはホワイト、ブルー、ピンク、オレンジ、ブラックの5色を用意し、価格はいずれも819円。(ニュース元:Yahoo!ニュース

0706251

強烈に欲しいという訳ではありませんが、ちょっと手にしてみたい商品ですね。対象年齢8才以上とありますが、それ以下の年齢にも受けそうです。
それにしても「プチプチ」が商標登録だとは知らなかった。 

商品の詳細はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/24

BMWザウバー:フランスGPプレビュー

北米の大都市の郊外での2戦を終え、シーズンも半ばに差しかかる中、F1は再び田舎へとやって来た。1週間後に再びシルバーストーンでレースをする前に、ドライバーは来月1日(日)、フランスのマニクールで戦う。
チームのフランスGPに対する目標は、今シーズンこれまで見せている競争力を維持することと、2台ともポイントを獲得することだ。レース前のメディカルチェックで、ロバート・クビサがマニクールで再びマシンを駆ることができるかどうか決定する。
(ニュース元:F1-Live.com

ニック・ハイドフェルド  

マニクールは要求の多いサーキットだ。2つのトリッキーなシケインがあるし、ハイスピードセクションやいくつか低速コーナーもある。すごく楽しみにしているよ。とても厳しいコースだけど、サーキット周辺の田舎が好きだし、フランスではたくさん食べるようになる。マニクールではいろんなことが進行しているわけじゃないから、結果的にかなりの批判を受けることになる。でも僕は時々少しの平和と静けさが好きになるんだ。最近の波乱に富んだ時間を過ごした後では、相対的な静寂がチームをいい状態にしてくれると思う。

ロバート・クビサ  

マニクールのコースにはかなり中立的だ。お気に入りのサーキットの1つというわけじゃないけど、同時に何の問題もない。マニクールは僕が他のカテゴリーでドライブしたもっと小さいクルマよりも、F1で走る方がずっと楽しいね。シケインでは特にF1マシンのポテンシャルが見られると思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/23

クビサ、フランスGP出場は?

ロベルト・クビサは、来週末のフランスGPに出場できると期待している。彼はマニクールでまた検査を受けることになっているが、彼は来週のフランスGPには出場できると考えている。(ニュース元:GPUpdate.net

ロバート・クビサ  

早くレースがしたくてたまらない。アメリカではレースをする許可が出なかったけど、マニクールでの検査は形式的なものだと思うよ。インディアナポリスではレースができなかったけど、僕はもう気分は良かったんだ。問題は、前回の事故からあまり時間が経っていないときにもう一度事故に巻き込まれたりすると危険だということだったんだ。だから、テストもできなかったんだよ。

さて、今週末のフランスではクビサの願いは届くのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/22

次期BMW 8シリーズ?

久々に海外のサイトから良さげな画像をを拾ってきました。
タイトルは「次期BMW 8シリーズ」と成っていましたが、4ドアのクーペです。

0706221

キドニーグリルが縦に長く、レトロっぽいのがIt is good 。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/21

停電?

パソコン使用中「プチッッ」という音とともに画面が真っ暗に・・・・
先日リカバリしたばかりなのに又かよ。 と一瞬思いましたが同時にテレビも消えてる。
次に疑うのはタコ足配線によるブレーカー落ち。 確認したら大丈夫!!
部屋に戻ると何事も無かったかのようにテレビがついてました。
どうやら短い時間での停電?だったらしい。

進行中だったプリントアウトはやり直し。
ADSLも電源切れで、自動再接続するまで5分待ち。 
パソコン立ち上げたらアイコンが2・3個おかしい。 こちらは外付けHDDを認識していなかった事と判明。HDDの電源オンオフで復旧。 何やかんやで20分ほど無駄な時間をすごしてしまいましたよ。
どこかで落雷被害でもあったのかなぁ~~~。。。

【追伸 6/22】今朝の地元新聞によると、停電の原因はカラスが隙間を突いた事による
         ショートだったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/20

ナンバープレート「・・24」のBMW Z4

白いBMW Z4が私の前を走っていました。 
んで、ナンバープレートを確認すると「・・24」ではないですか。
私のナンバーは「・・21」、数字の2をZと言い張るという方式だと思われます。
今までZ3の「・・23」は見た事あるけど、Z4の「・・24」は初めてだなぁ。

関連記事:「今日はBMW Z1の日」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/19

BMW Z1の燃費 その10

2ヶ月振りに今年5回目の給油。
384.2km走行し、消費したガソリンは48.02L。燃費は8.00km/L

一般道オンリーで8km/L台ですので、まぁまぁってとこですね。 今回の湯沢行き直前での燃費ですので、次回の燃費は若干向上するかも。 
でも梅雨⇒真夏とオープンカーに乗る機会が少なくなる筈なので、いつ給油する事になるのかな??

関連記事:BMW Z1の燃費 その9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/18

BMW ザウバー:決勝

ヴェッテルが初ポイントを獲得
BMWザウバーF1チームはアメリカGPで1ポイントを獲得したのみだった。ニック・ハイドフェルドはハイドロリック系のトラブルによりレースを終え、クビサの代役で出場したセバスチャン・ヴェッテルはF1デビューレースで8位となり1ポイントを獲得した。
(ニュース元:GPUpdate.net

0706183

ニック・ハイドフェルド リタイヤ  

いいスタートを切ってキミをオーバーテイクしたんだ。最初のスティントでは僕のスピードはよかったから、フェリペ・マッサが僕を引き離したのは最初だけだったよ。その後はターン1でブレーキをかけた時にリアホイールがロックされ、スピンしてしまった。再び戻ろうとしたらギアが入らなくて、それでヘイッキ・コヴァライネンが僕を抜いていったんだ。スピンのせいでタイヤにフラットスポットができてしまったから、最初のピットストップを早めに行ったんだ。次のラップはよかったから、キミとヘイッキをオーバーテイクしたんだよ。でも、キミがトップスピードに乗ると僕は前をキープできなかった。2回目のピットストップの後はマーク・ウェーバーの後ろで足止めされ、そしてハイドロリックのトラブルが起きてしまったんだ。

セバスチャン・ヴェッテル 8位入賞  

初めてのレースを完走できて良かったし、ポイントをとれたのは更に良かったね。クルマはよく走ってくれたよ。もう少し速く走れたはずだけど、かなり頻繁にトラフィックにはまっていたからオーバーテイクは非常に難しかったんだ。みんな寝ているわけじゃないし、守り方を知っているからね。最終的にチェッカーフラッグを見たときは本当に安心したよ。僕自身も嬉しかったし、素晴らしい仕事をしてくれたチームにとっても嬉しかったと思うよ。僕をサポートしてくれた全てのメカニックとエンジニアにはありがとうとしかを言えないよ。

ハイドフェルドは久々のリタイヤですね。ベッテルは初レースで8位入賞、おめでとうございます。
BMW を中心としたレースの動きはBMW Japanのサイトがお勧め ⇒サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1 アメリカGP:決勝

ノートパソコンの設定を行いながら、AM2時~4時までの生中継を見ました。
そのおかげで2度寝してしまい、ブログ記事を書くのが夕方となってしまいましたが。
さてレースはチームメイト同士の戦いが激烈に展開されました。でもレース終盤の映像はフェラーリ対フェラーリの3・4位争いばかり映って、トップ争いのマクラーレン対マクラーレンが殆ど映らなかったのはどういう訳だい??

1. L・ハミルトン マクラーレン 1:31:09.965
2. F・アロンソ マクラーレン +1.518
3. F・マッサ フェラーリ +12.842
4. K・ライコネン フェラーリ +14.422
5. H・コヴァライネン ルノー +41.402
6. J・トゥルーリ トヨタ +1:06.703
7. M・ウェーバー レッドブル +1:07.331
8. S・ヴェッテル BMW +1:07.783
9. G・フィジケラ ルノー +1laps
10. A・ブルツ ウィリアムズ +1laps
11. A・デビッドソン スーパー アグリ +1laps
12. J・バトン ホンダ +1laps
13. S・スピード トロロッソ +2laps
14. A・スーティル スパイカー +2laps
15. C・アルバース スパイカー +3laps
Ret. N・ロズベルグ ウィリアムズ +5laps
Ret. V・リウッツィ トロロッソ +5laps
Ret. N・ハイドフェルド BMW +17laps
Ret. 佐藤 琢磨 スーパー アグリ +60laps
Ret. R・バリチェロ ホンダ +72laps
Ret. D・クルサード レッドブル +72laps
Ret. R・シューマッハ トヨタ +73laps

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/17

CG CLUB 湯沢TTD

現地湯沢を15時にたち、17時半には帰宅したのですが、今日の朝ノートパソコンが突然落ちる&30分ほどうんともすんとも言わなくなる、という状態に陥ったていたのでCドライブのリカバリを何やかんやで5時間も掛かって再構築する事となりまして・・・・
とりあえず参加車両のうち、お気に入りのBMW M1の画像をのせときます。2005年1月の記事「BMWころがし」で紹介したM1ですが、オーナーが替わられたそうです。

0706181

0706182

追伸:リカバリ中&その後、ノートPCが突然死の状況には陥っていないので、何とか大丈夫みたい。でもIE7.0が頻繁に強制終了する、なんだこりゃ!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/16

F1 アメリカGP:金曜フリー走行

ストップ・ザ・マクラーレン、はフェラーリの仕事ではなくてBMWの仕事なのかもしれないと、ちょっと浮かれ気味のフリー1回目。
しかしフリー2回目ではマクラーレンの対抗馬は、やはりフェラーリなのだと思いました。

フリー1回目の上位10台
1. F・アロンソ マクラーレン 1:11.925 - 16周
2. N・ハイドフェルド BMW 1:12.391 - 24周
3. L・ハミルトン マクラーレン 1:12.628 - 21周
4. S・ヴェッテル BMW 1:12.869 - 33周
5. K・ライコネン フェラーリ 1:12.966 - 21周
6. N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:13.020 - 24周
7. F・マッサ フェラーリ 1:13.040 - 22周
8. D・クルサード レッドブル 1:13.159 - 22周
9. J・バトン ホンダ 1:13.597 - 23周
10. M・ウェーバー レッドブル 1:13.682 - 26周

フリー2回目の上位10台
1. F・アロンソ マクラーレン 1:12.156 - 35周
2. L・ハミルトン マクラーレン 1:12.309 - 34周
3. F・マッサ フェラーリ 1:12.435 - 36周
4. K・ライコネン フェラーリ 1:12.587 - 38周
5. N・ハイドフェルド BMW 1:13.026 - 43周
6. D・クルサード レッドブル 1:13.042 - 41周
7. N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:13.057 - 35周
8. H・コヴァライネン ルノー 1:13.110 - 48周
9. R・バリチェロ ホンダ 1:13.144 - 40周
10. J・バトン ホンダ 1:13.202 - 46周

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/15

BMWザウバー:アメリカGP情報

さすがにクビサはFIAの医師団から、ドクターストップが掛かりました。
レースデビューのヴェッテルがどんな走りをするのか注目(といってもテレビに映るかどうか)しましょう。

ロバート・クビサ  

間違いなくレースに出られる状態だったから、もちろん残念だね。でも、この決定は尊重しているよ。モントリオールの後ですぐにまた事故を起こしてしまう場合に備えて、僕がこのレースに出るには大きなリスクがあるからこの決定が下されたんだ。この後は家に帰るつもりなんだ。セバスチャンの幸運を祈っているよ。彼にとってはいいチャンスだし、彼がいい仕事をしてくれると確信しているんだ。

セバスチャン・ヴェッテル  

もちろん、初めてのF1レースを楽しみにしているよ。でも、もっと違った状況でこの日が来ればよかったのにね。チームメイトが事故のせいでドライブできないなんて、ちっともいいことじゃないもの。僕にとってインディアナポリスは未知の領域だけど、この状況に対して準備をしてきたし、明日は90分間のプラクティスセッションが2回あるんだ。テストでたくさん走ってきたから、クルマはよく知っているんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/14

ル・マン24-2007:日本チーム&日本人ドライバー

さて今年も日本チームと日本人ドライバーのマシン画像を、自分メモ的に整理しておきましょう。

0706142
No.9 CREATION AUTOSPORTIF LTD (GBR)  マシン:CREATION JUDD CA07 (LMP1)
  ドライバー 中野信治

0706141
No.29 T2M MOTORSPORT (JPN)  マシン:DOME MADER S101-5 (LMP2)
  ドライバー 山岸大 寺田陽次郎

No.33 BARAZI EPSILON (FRA)  マシン:ZYTEK 07S/2 (LMP2)
  ドライバー 黒澤治樹

No.53 JLOC ISAO NORITAKE (JPN)  マシン:LAMBORGHINI MURCIELAGO (LMGT1)
  ドライバー 山西康司 余郷敦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/13

CG CLUB

この度CG CLUB会員に成りました。

Placa

秋のミーティング「Autumn Meet」は、3回ほど見に行ってますが会員には成っていなかったのですよね。 
で、早速近場(といっても片道120kmありますが)で開催されるTTD(皆で集まってお茶を飲んでのんびりクルマのお話をする会)に参加予定です。
今週末の天候は今の所大丈夫のようですしね。

【カウンター 42万件突破】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/12

BMW ザウバー:決勝

衝撃と安堵と歓喜のレース
BMWザウバーチームはカナダGPで衝撃と安堵と歓喜とを一度に味わうことになった。衝撃は27周目に起きたロベルト・クビサの恐ろしい事故だ。そして、レース中盤にチームがメディカルセンターからクビサの怪我が深刻なものでないことを聞いたときに安堵が訪れた。
レースが終わると、クルーたちは2位を獲得したニック・ハイドフェルドの素晴らしい結果を祝福した。彼の2位はチームにとって今シーズン初の表彰台であり、チーム史上最高成績となった。チームはさらに嬉しい知らせを受け取った。モントリオールの病院に運ばれたクビサがメディカルチェックを通り、医師の話によると月曜には退院できるという。
(ニュース元:GPUpdate.net

0706121

ニック・ハイドフェルド 2位入賞  

ロベルトが無事だったことが何よりもうれしいよ。表彰台をとりたかったし、せめて3位にはなれるかと予想していたけれど、2位は予想外だったね。何よりも満足できたことは、こんなに多くのセーフティーカーが入らずフェルナンドもペナルティを受けずに普通のレースコンディションだったとしても、2位になれるチャンスがあったことさ。彼を突き放し、ピットストップの後で差を広げることができたのは予想外だったね。クルマを素晴らしく仕上げてくれたチームのみんなには本当に感謝しているよ。。

ロバート・クビサ リタイヤ  
レース直後のニュースでは「足を骨折」と伝えられましたが、実際には数カ所の打撲と足首ねんざという比較的軽症で月曜には病院を退院したそうです。

ご覧のとおり僕はとても元気だから、医師がドライブを許可してくれるのならインディアナポリスに行きたいね。
あんなに大きな事故だったのに僕はラッキーだったと考えると、気分がいいものだよ。
とアメリカGPへの参加意欲を表明したクビサですが、BMWチームとしては木曜日にドライバーを決定するそうです。

BMW を中心としたレースの動きはBMW Japanのサイトがお勧め ⇒サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/11

F1 カナダGP:決勝

セーフティーカーが4回もはいる荒れたレースでしたが、オーバーテイクも多く見る側にとってはとても楽しいレース(クビサのクラッシュを除く)でした。
レース終盤での佐藤琢磨のバトルシーンは、見ごたえありましたしね。

1. L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes B 1:44:11.292
2. N.ハイドフェルド GER BMW Sauber +4.3secs
3. A.ブルツ AUT Williams Toyota +5.3secs
4. H.コバライネン FIN Renault +6.7secs
5. K.ライコネン FIN Ferrari +13.0secs
6. 佐藤 琢磨 JPN Super Aguri Honda +16.6secs
7. F.アロンソ ESP McLaren Mercedes +21.9secs
8. R.シューマッハ GER Toyota +22.8secs
9. M.ウェバー AUS Red Bull Renault +22.9secs
10. N.ロズベルグ GER Williams Toyota +23.9secs
11. A.デビッドソン GBR Super Aguri Honda +24.3secs
12. R.バリチェッロ BRA Honda +30.4secs
Ret. J.トゥルーリ ITA Toyota +12Laps
Ret. V.リウッツィ ITA Toro Rosso Ferrari +16Laps
Ret. C.アルバース NED Spyker Ferrari +23Laps
Ret. D.クルサード GBR Red Bull Renault +34Laps
Ret. R.クビサ POL BMW Sauber Accident
Ret. A.スーティル GER Spyker Ferrari +49Laps
Ret. S.スピード USA Toro Rosso Ferrari +62Laps
Ret. J.バトン GBR Honda +70Laps
DSQ. F.マッサ BRA Ferrari Black flagged
DSQ. G.フィジケーラ ITA Renault Black flagged

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/10

F1 カナダGP:予選

0706091

カナダGPのフロントローはまたもやマクラーレンコンビ。
しかもハミルトンは初のポールポジションゲット。 それに続くのはBMWのハイドフェルド。フェラーリ勢のライコネン、マッサという並びとなりました。
日本時間26時(朝2時)のスタートが楽しみ、ビデオ任せですけどね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/09

とちぎナンバー

何気に国道を走っていると、前を走るワンボックスのナンバーが「とちぎ」でした。
ひらがなの地域名は「なにわ」だけかと思っていたらそうでもないのですね。

0706091

調べてみたら他には、福島県「いわき」、茨城県「つくば」(ご当地ナンバー)がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/08

F1 カナダGP:金曜フリー走行

金曜フリー走行とはいっても、時差のある日本では土曜日に成ってしまうのですよね。
さて今回の成績は相変わらずマクラーレンとフェラーリが好調のようです。元々パワー志向が強いこの2チームの事、高速サーキットでも力を発揮するのでしょう。
金曜とはいえ1回目も2回目もスーパーアグリが入っているのは、段々と地力を付けてきた証拠と言えるのでしょうか。

フリー1回目の上位10台
1. F・アロンソ マクラーレン 1:17.759 - 17周
2. L・ハミルトン マクラーレン 1:17.976 - 20周
3. K・ライコネン フェラーリ 1:18.136 - 21周
4. F・マッサ フェラーリ 1:18.167 - 21周
5. M・ウェーバー レッドブル 1:18.301 - 21周
6. G・フィジケラ ルノー 1:18.620 - 24周
7. N・ハイドフェルド BMW 1:18.634 - 20周
8. R・シューマッハ トヨタ 1:18.652 - 32周
9. D・クルサード レッドブル 1:18.717 - 24周
10. A・デビッドソン スーパー アグリ 1:18.896 - 16周

フリー2回目の上位10台
1. F・アロンソ マクラーレン 1:16.550 - 37周
2. F・マッサ フェラーリ 1:17.090 - 34周
3. L・ハミルトン マクラーレン 1:17.307 - 36周
4. K・ライコネン フェラーリ 1:17.515 - 37周
5. N・ハイドフェルド BMW 1:17.827 - 42周
6. N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:17.992 - 25周
7. R・バリチェロ ホンダ 1:18.108 - 38周
8. G・フィジケラ ルノー 1:18.130 - 40周
9. M・ウェーバー レッドブル 1:18.181 - 40周
10. 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:18.309 - 38周

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/07

ル・マン24-2007:事前情報

今年もル・マン24時間の季節が巡ってまいりました。
まずはwebCGの記事から引用。

伝統のルマン24時間耐久レースが、今年もフランスはルマンのサルト・サーキットで開催される。すでにテストデーは終了、決勝を2007年6月16、17日にひかえ、にわかに慌しくなってきたところで、今年の見所をお伝えする。 (ニュース元:webCG

■伝統の一戦、いよいよ開幕
2007年6月16日にスタートするルマン24時間レースは、言わずもがな、世界三大レースのひとつ(ほかは「F1モナコGP」と「IRLインディアナポリス500マイル」)。
今年で75回目を迎える伝統あるイベントだ。
2006年は、アウディがディーゼルエンジン搭載の「R10」をデビューさせ、過酷な戦いの末に大舞台での勝利をはたした。今年はどんなルマンになるのだろうか。

■アウディの牙城を崩せるか!?
昨年の覇者アウディに対し、真っ向勝負に出るのが、地元フランスのプジョー。
ルマン参戦プロジェクトがキックオフされた裏では、WRC(世界ラリー選手権)からの撤退という英断をも下している。それだけルマンにかける思いが強いと見て取れる。昨年のルマンで2007年参戦表明のプレスカンファレンスを実施。1年前に大きな花火を打ち上げてからは、まさに猪突猛進状態だ。

■有名レーサーも“ルーキー扱い”から
今年の参加リストに目をやると、あのジャック・ヴィルヌーブの名前が。言わずと知れた伝説のF1ドライバー、ジル・ヴィルヌーブの息子だ。そのジャックはアウディへの刺客のひとりとして(?)、 プジョーから参戦する。
全日本F3に参戦、のちにアメリカ・CARTシリーズやF1で王者となったかつてのトップドライバーは、36歳での初ルマン。ステディな走りが期待される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/06

経年劣化の塊号

BMW Z1とVWゴルフの呼び名を考えてみました。

BMW Z1=経年劣化の塊号  VWゴルフ=過走行の魂号

Z1はなるべく見ないようにしていますが、あちらこちら樹脂製部分や革内装の劣化が進んでいます。 ゴルフはもうすぐ15万キロ(初年度登録は1999年2月)を刻みます。
塊(かたまり)と魂(たましい)は字が似ているので、なんかいい感じ。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/05

WTCCでの一コマ

近頃はWTCCのニュースを追い掛けてはいないのですが、興味深い画像(ちょっと不謹慎かな)がありましたのでご紹介。 カーナンバー3号車が綺麗に一回転しています。

0706051

0706056

0706053

0706052

0706054

0706055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/04

新車発表会とタレント

近頃の新車発表会にはそのクルマをイメージしたタレントさんが同席する事が多いように思う。

0706041

先日も日産デュアリスの発表会には押切もえさん。
マツダ デミオの発表会には玉木宏さん、菊池凛子さん、富永愛さん。
CMが流れるときにもこの方々が登場するのかなぁーー。
デミオというとピンクの特別仕様車もあった伊東美咲さんを思い出す。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/03

オープンカーの季節も・・・

もうすぐ梅雨、その後には真夏の太陽サンサン。 
今年前半のオープンカーにベストな季節も終わりが近づいています。
そんな訳で本日2時間ほどオープンで流してきました。

まだ日焼け止めまで必要ないだろう。 とたかを括っていましたが今頃になって顔や露出していた腕がポカポカしています。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/02

BMWザウバー:勢いを持続させるカナダGP

6月10日(日)には、絵に描いたように美しいモントリオールのジル・ビルヌーブ・サーキットのグリッドにマシンが並ぶことになるだろう。その一週間後には、アメリカの世界的に有名なサーキット、インディアナポリス・モーター・スピードウェイでのレースが待ち構えているのだ。
ニック・ハイドフェルドとロバート・クビサはこの厳しい高速コースでさらにポイントを伸ばすことを狙い、チームはコンストラクターズチャンピオンシップ3位の座をより強固なものにしようと、自信たっぷりにカナダGPへと向かう。(ニュース元:F1-Live.com

ニック・ハイドフェルド  

他のみんなと同じように、僕もモントリオールへ行くのは本当に好きなんだ。サーキットはセント・ローレンス川に浮かぶ島の、ものすごく美しい場所にある。そのことが、独特な雰囲気を作り出しているんだ。そして、サーキット自体にスペシャルな特徴があるよね。高速トラックで、長いストレートがあり、だけどタイトなシケインと2つの低速コーナーもある。最初はいつもグリップがすごく低い。グリップが効くようになって、クルマが完全に機能し始めても、今度は2つ目のシケインの縁石のせいできつい走りをすることになる。ここのシケインは下り坂になっていて、コーナー出口ではウォールがものすごく近くに迫っているんだ。

ロバート・クビサ  

モントリオールはカレンダーの中でもお気に入りのサーキットの一つだから、とっても楽しみにしているよ。今シーズン初めて、低ダウンフォースで戦うことになるわけだ。去年の金曜日には、すごくいい走りができた。去年みたいなパフォーマンスを再現したいし、僕たちのマシンは競争力を見せられると思うよ。ダウンフォース配分がうまくいっているからね。僕はこのコースが大好きだよ。市街地コースだし、グリップはほとんどないところから始まって、週末を通してよくなっていくんだ。

モナコはオーバーテイクが見られない地味目(私的には)なグランプリでしたが、カナダ続くアメリカでは豪快なレースが見られるだろうと楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/01

電波の日

6月1日は色々な催し物や記念日が多い日のようだ。
衣替えや藤本美貴のモー娘脱退(矢口真里と同じパターン)のニュースなど、そんな中私の一番のヒットは「電波の日」ですかね。

        0706011
        平成19年度電波利用環境保護用ポスター(水野美紀)

何のことはない、ニュース画像にチラッと映った水野美紀さんのポスターが気になっただけの事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »