« 経年劣化の塊号 | トップページ | F1 カナダGP:金曜フリー走行 »

2007/06/07

ル・マン24-2007:事前情報

今年もル・マン24時間の季節が巡ってまいりました。
まずはwebCGの記事から引用。

伝統のルマン24時間耐久レースが、今年もフランスはルマンのサルト・サーキットで開催される。すでにテストデーは終了、決勝を2007年6月16、17日にひかえ、にわかに慌しくなってきたところで、今年の見所をお伝えする。 (ニュース元:webCG

■伝統の一戦、いよいよ開幕
2007年6月16日にスタートするルマン24時間レースは、言わずもがな、世界三大レースのひとつ(ほかは「F1モナコGP」と「IRLインディアナポリス500マイル」)。
今年で75回目を迎える伝統あるイベントだ。
2006年は、アウディがディーゼルエンジン搭載の「R10」をデビューさせ、過酷な戦いの末に大舞台での勝利をはたした。今年はどんなルマンになるのだろうか。

■アウディの牙城を崩せるか!?
昨年の覇者アウディに対し、真っ向勝負に出るのが、地元フランスのプジョー。
ルマン参戦プロジェクトがキックオフされた裏では、WRC(世界ラリー選手権)からの撤退という英断をも下している。それだけルマンにかける思いが強いと見て取れる。昨年のルマンで2007年参戦表明のプレスカンファレンスを実施。1年前に大きな花火を打ち上げてからは、まさに猪突猛進状態だ。

■有名レーサーも“ルーキー扱い”から
今年の参加リストに目をやると、あのジャック・ヴィルヌーブの名前が。言わずと知れた伝説のF1ドライバー、ジル・ヴィルヌーブの息子だ。そのジャックはアウディへの刺客のひとりとして(?)、 プジョーから参戦する。
全日本F3に参戦、のちにアメリカ・CARTシリーズやF1で王者となったかつてのトップドライバーは、36歳での初ルマン。ステディな走りが期待される。

|

« 経年劣化の塊号 | トップページ | F1 カナダGP:金曜フリー走行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/15352800

この記事へのトラックバック一覧です: ル・マン24-2007:事前情報:

« 経年劣化の塊号 | トップページ | F1 カナダGP:金曜フリー走行 »