« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/31

25万ドルのガンブラ

普通ガンダムのプラスチックモデルで「ガンプラ」、しかし今回のピカピカなモデルはガンダムのプラチナモデルで『ガンプラ』なのだそうな。。。

0703312

(株)バンダイはGINZA TANAKAと共同で「純プラチナ製 機動戦士ガンダム〔GUNDAM(ガンダム) FIX(フィックス) PLATINUM(プラチナム)〕」を製作しました。
この取り組みはGINZA TANAKAのプラチナの新しい価値を創造したいという思いと、ガンダムというキャラクターを世界に向けて発信したいというバンダイの思いが合致し製作されたものです。時代を超えた人気を誇るキャラクターを、純粋性、希少性、永続性の象徴とされている純プラチナ(Pt1000)を素材として使用し、永遠に白く輝き続けるプラチナで再現することにより、ガンダムの持つ魅力と輝きを永遠に保つことに成功しました
(ニュース元:バンダイ

ちなみにこの『ガンプラ』市販の予定は無いそうですが、参考価格は25万ドル。
素材は純プラチナ(Pt1000)で、重さは1,400gだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マレーシアテスト延長戦

マレーシアテストは本来3日間の予定だったのですが、3日目の天候が悪かったので4日目が実施されたのだそうです。(ニュース元:FMotorsports.nifty

1. H.コバライネン FIN Renault 1'35.767 55周 R27
2. F.マッサ BRA Ferrari 1'35.807 72周 F2007
3. A.デビッドソン GBR SuperAguri Honda 1'36.787 68周 SA07
4. N.ロズベルグ GER Williams Toyota 1'37.002 104周 FW29
5. F.モンタニー FRA Toyota 1'37.206 78周 TF107
6. N.ハイドフェルド GER BMW Sauber 1'37.318 70周 F1.07
7. J.バトン GBR Honda 1'37.326 37周 RA107
8. L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes 1'37.448 43周 MP4-22
9. M.ウェバー AUS Williams Cosworth 1'37.338 42周 FW29
10. V.リウッツィ ITA Toro Rosso Ferrari 1'38.542 56周 STR2
11. C.クリエン AUT Honda 1'39.176 25周 RA107
12. P.デ・ラ・ロサ ESP McLaren Mercedes 1'39.303 24周 MP4-22

あと1週間でマレーシアGPですね。
かの地でも速いのはやはりルノー、フェラーリなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ポケベルが鳴らなくて

一時期移動通信機器の最先端だった「ポケベル」、今日でNTTドコモが撤退する事により殆ど無くなってしまうのだそうです。(東京と沖縄では残る)

私も地下鉄通勤のサラリーマンだった時代、会社から持たされた事がありましたね。 ポケベル本体は薄く、画面には漢字でニュースも流れてましたから、結構ポケベル時代終わりごろの事だったのかな。

          0703311

ちなみにこの話題を聞いた時に私の頭の中で「ポケベルが鳴らなくて」というドラマ主題歌が流れました。 きっと同世代の方々も同じだった筈ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/30

マレーシアテスト3日目

マレーシアテスト3日目は10チームが参加。
(ニュース元:FMotorsports.nifty

1. L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes 1'35.918 57周 MP4-22
2. M.ウェバー AUS Williams Cosworth 1'36.138 62周 FW28
3. R.シューマッハ GER Toyota 1'36.700 69周 TF107
4. V.リウッツィ ITA Toro Rosso Ferrari 1'36.712 56周 STR2
5. F.マッサ BRA Ferrari 1'36.947 64周 F2007
6. N.ロズベルグ GER Williams Toyota 1'37.070 71周 FW29
7. J.バトン GBR Honda 1'37.472 92周 RA107
8. A.デビッドソン GBR SuperAguri Honda 1'37.606 44周 SA07
9. N.ハイドフェルド GER BMW Sauber 1'38.551 35周 F1.07
10. H.コバライネン FIN Renault 1'39.654 20周 R27

BMWザウバーのハイドフェルドは失速気味。 なにかトラブったのだろうか?

0703301

他のニュースソースによると「オイル漏れが発生」とあるけど、エンジンなのかギアボックスなのかよく判りません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/29

マレーシアテスト2日目

マレーシアテスト2日目は10チーム、12人が参加。
(ニュース元:FMotorsports.nifty

1. K.ライコネン FIN Ferrari 1'35.268 61周 F2007
2. A.ブルツ AUT Williams Toyota 1'35.705 114周 FW29
3. D.クルサード GBR RedBull Renault 1'35.712 87周 RB3
4. R.シューマッハ GER Toyota 1'35.751 81周 TF107
5. R.クビサ POL BMW Sauber 1'35.887 111周 F1.07
6. L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes 1'36.115 69周 MP4-22
7. 佐藤 琢磨 JPN SuperAguri Honda 1'36.306 63周 SA07
8. R.バリチェッロ BRA Honda 1'36.563 36周 RA107
9. H.コバライネン FIN Renault 1'36.578 86周 R27
10. J.バトン GBR Honda 1'36.617 24周 RA107
11. A.デビッドソン GBR SuperAguri Honda 1'37.876 39周 SA07
12. S.スピード USA Toro Rosso Ferrari 1'37.910 36周 STR2

昨日も書いたようにマシンは各チーム1台と限定されています。しかし12番手までタイムが出ているということは1台のマシンを交代で使っているチームがあるんです。
ワークシェアリング『労働者に優しいチーム』はHonda、SuperAguriの日本系!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/03/28

マレーシアテスト初日

マレーシアテスト初日はスパイカーF1を除く全10チーム10台でした。
(ニュース元:FMotorsports.nifty

1. R.クビサ POL BMW Sauber 1'36.187 92周 F1.07
2. K.ライコネン FIN Ferrari 1'36.302 54周 F2007
3. A.ブルツ AUT Williams Toyota 1'36.334 89周 FW29
4. R.バリチェッロ BRA Honda 1'36.826 82周 RA107
5. P.デ・ラ・ロサ ESP McLaren Mercedes 1'37.106 60周 MP4-22
6. F.モンタニー FRA Toyota 1'37.267 73周 TF107
7. 佐藤 琢磨 JPN SuperAguri Honda 1'37.389 72周 SA07
8. D.クルサード GBR RedBull Renault 1'37.609 82周 RB3
9. N.アンジェロ・ピケ BRA Renault 1'38.199 32周 R27
10. S.スピード USA Toro Rosso Ferrari 1'38.503 69周 STR2

「綺麗に1チーム1台だなー。」と思ったら、今年のシーズン中テストはそういう決まりに成ってたのですね。 全然知りませんでしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/27

ハイドフェルドはチャンピオンになれる?

BMWのモータースポーツディレクターのマリオ・タイセンは、オーストラリアGPで4位フィニッシュし、ドイツ人ドライバーの中で最高位を獲得したニック・ハイドフェルドがドライバーズタイトルを取れるだけの力を持っていると信じている。
(ニュース元:GPUpdate.net

マリオ・タイセン

ニックは世界チャンピオンになれるドライバーだよ。
彼はタイトルを勝ち取るために必要なものを明らかに持っているんだ。
2007年の終わりには、人員の目標を達成し、ヒンウィルのファクトリーの拡張も完了しているはずだ。2008年にはレースで勝てるようになり、2009年には世界選手権のタイトルを争えるくらいの競争力をつけていたいね。

中長期計画での話のようですが、ハイドフェルドの契約は今年一杯だったような?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/26

BMW M3 Concept のV8エンジン

0703261
        存在感のある時期M3用のV8エンジン

0703262
        赤く焼けたEXマニホールドも絵になりますね

関連記事:BMW M3 Concept

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/25

BMWに腰掛ける美女!?

東京ビッグサイトで22日開幕した「フォト イメージング エキスポ2007」
そんななかで、真っ黄色なオートバイ、BMW『GGデュエット』を展示しているブースがある。ニコンのブースがそれだ。しかも、そのシートに美女がまたがっている。
そのため、カメラを持った来場者がその写真を撮ろうと殺到し、オートバイの前には黒山のような人だかり。ただ、来場者は希少価値のあるオートバイよりも美女のほうが気になっていたようだ。 (ニュース元:カービュー

0703251

どこぞのモーターショーではないのだから、そんなに人だかりが出来るという事は他のブースには「コンパニオン」が少なかったのかな。
それにしても全然BMWには見えないバイクですね。 
このGGデュエット「FUKUDA Blog」さんによると、K1100ベースだそうです。

GGと言えば以前「これは何だべ?? その3」で紹介した「GG-Quad」と同じ製造元なのでしょうね。 GG社って面白いものだらけの会社なのか??

さらに調べてみました。 「GG社のサイト」によると『1994年に30台生産され世界に発信された、GG社製最高品質のサイドカー付きオートバイ』だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/24

BMW Z1の燃費 その8

先の長距離走行で燃料が減っていた為、短い間隔で今年3回目の給油となりました。
536km走行し、消費したガソリンは47.8L。燃費は11.21km/L

0703241

おぉ、久しぶりの低燃費『11km/L台』ですねん。
高速を余り飛ばさずにダラダラと走った甲斐があったなぁ~~。。

関連記事:BMW Z1の燃費 その7

【カウンター 37万件突破】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/23

スカイライン、1000km無給油走行を達成

日産自動車は、昨年11月に発売した新型『スカイライン』で1000km無給油走行に同社の有志メンバーが挑戦し、無事完走を果たしたと発表した。
実際の走行は同社の車両実験部に所属する8人のテストドライバーが交代で担当し、最終的な走行距離は1024.4kmだった。燃料警告ランプは最後まで点灯せず、平均燃費は16.3km/リットルだった。(ニュース元:カービュー

あれだけ大柄なクルマで平均燃費は16.3km/Lですか。記事では今回の車輌が2.5Lモデルか3.5Lモデルかハッキリしないのですが、どちらにしても凄いね。 
僕んちのBMW Z1は一般道で6~7km/L、高速でも10km/Lがやっとですので。
ちなみに今のスカイラインの燃料タンクは80Lだそうです。 昔のモデルでは100Lタンクがあった(オプション?)と記憶していますが(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/22

H2Rのアートカーはどうなった?

自分のブログを見ていて、ふと気になった事があり追跡調査してみました。

【昨年8月のニュース】
BMW AGは、9つのワールドレコードを樹立したBMW H2Rをアートカーのベースにすると発表した。手がけるのは、ドイツ・ベルリンを拠点に活動を展開する空間芸術家のオラファー・エリアソン。年内の完成に向けて制作は進められ・・・・

0703221
         これはごく普通のBMW H2R

【昨年10月のニュース】
BMWは、16番目の「アートカー」のアーティストとして、オラフュー・エリアソン氏を指名した。
エリアソン氏がキャンバスとして選んだのは、水素を燃料として走る『H2R』。デザインの完成は2007年春を予定しており・・・・・

0703222
         これはエリアソン氏のアート作品

もう春なんですけどねぇ。アートカーは出来上がったのでしょうか??

関連記事:16台目のBMW アートカー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/21

3月20日は・・・・ 2007

昨年の3月20日は「320のエンブレム」だけでしたが、今年は車輌も紹介します。
E30-M3から派生したBMW 320is

0703211

0703212

このクルマはM3の2.3Lエンジンを2.0Lに排気量ダウン(イタリアの税制に合わせる為)しかし馬力は2.3Lと遜色ない192馬力。 S14エンジンなのにMの称号を与えられなかった異色のモデルでもあります。
2ドアが2540台、4ドアが1206台生産されたそうです。

関連記事:3月20日は・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/20

BMW Z1:ただいま冬眠中

 0703201

長い旅を終え、今更ながらBMW Z1は冬眠に入りました。
目覚めるのは4月に成ってからだと思われまあす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/19

BMW ザウバー:決勝

ハイドフェルド、4位に満足
オーストラリアGP決勝、BMWザウバーはニック・ハイドフェルドの4位という結果で今シーズンの幕を明けた。しかし、ギアボックスのトラブルにより、2人のドライバーがともにポイント獲得するには至らず、ロバート・クビサは36周目、4番手を走行中にリタイアを喫している。 (ニュース元:F1-Live.com

0703191

ニック・ハイドフェルド 4位入賞  

とてもいいスタートが切れたよ。キミ(ライコネン)よりも良くて、何とかフェルナンド(アロンソ/マクラーレン)をパスすることができたんだ。もちろんフェルナンドの前をずっと走りたかったけど、現実にはマクラーレンの方が僕たちよりも速いことが分かっていた。
僕たちのペースは本当に良くて、4位に入ったことはシーズンをスタートするにはすごくいいと思う。ロバート(クビサ)がリタイアしてしまって、チームにとってはとても残念だった。彼もすごく強かったからね。。

ロバート・クビカ リタイア  

僕のペースは良かったけど、残念なことにギアボックスのトラブルが起こってしまった。5速で固まってしまって、それでレースは終わりさ。唯一いいことと言えば、僕たちが問題を理解できたことと、今度はそれを解決しなければいけないことが分かったことだね。レースでは、ニック(ハイドフェルド)よりも多く燃料を積んでいたけど、彼のスピードについていくことができたんだ。僕の戦略はレースの最後まで攻めることだった。最後のスティントはすごく短いものになるはずだったから、もっといいパフォーマンスができていただろうね。そこまで持っていけなかったのは残念だよ。

個人的な話ですが、、先週金曜の昼から3日間ブロードバンド環境が無く、日曜日もテレビを見ないままで、そのあいだにF1開幕戦は終わってしまいました。

BMW を中心としたレースの動きはBMW Japanのサイトがお勧め ⇒サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/18

F1 オーストラリアGP:決勝

フェラーリに移籍初レースのキミ・ライコネンがポールTOウィンを決めました。
またルノーから移籍のアロンソが2位に入りました。
BMW勢はハイドフェルドが4位入賞、クビカは一時良い所を走っていたのですがギアのトラブルでリタイアとなってしまいました。 残念です。。

1. K.ライコネン (FIN) Ferrari 1:25:28.770
2. F.アロンソ (ESP) McLaren Mercedes +7.242
3. L.ハミルトン (GBR) McLaren Mercedes +18.589
4. N.ハイドフェルド (GER) BMW +38.763
5. G.フィジケーラ (ITA) Renault +1:06.469
6. F.マッサ (BRA) Ferrari +1:06.805
7. N.ロズベルグ (GER) Williams Toyota +1L
8. R.シューマッハ (GER) Toyota +1L
9. J.トゥルーリ (ITA) Toyota +1L
10. H.コバライネン (FIN) Renault +1L
11. R.バリチェッロ (BRA) Honda +1L
12. 佐藤 琢磨 (JPN) Super Aguri Honda +1L
13. M.ウェバー (AUS) Red Bull Renault +1L
14. V.リウッツィ (ITA) Toro Rosso Ferrari +1L
15. J.バトン (GBR) Honda +1L
16. A.デビッドソン (GBR) Super Aguri Honda +2L
17. A.スーティル (GER) Spyker Ferrari +2L
Ret. A.ブルツ (AUT) Williams Toyota +10L アクシデント
Ret. D.クルサード (GBR) Red Bull Renault +10L アクシデント
Ret. R.クビサ (POL) BMW +22L ギヤボックス
Ret. S.スピード (USA) Toro Rosso Ferrari +30L ホイール
Ret. C.アルバース (NED) Spyker Ferrari +48L アクシデント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/17

BMW Z1の燃費 その7

2007年2回目の給油(先回は1月26日) 
2ヶ月弱で286km走行し、消費したガソリンは40.8L。燃費は7.02km/L
うーーん、余り遠出もしなかったからこんなもんかな。

ただ今日は給油後も突っ走りトリップメーターは500km超え(ガスメーターは殆どEですが)でしたので、次回の燃費は結構よい筈です。
それにしても年間1200~1400km程度の月一ドライバーとしては、一日で約半年分走った事になるのですね。 心なしかフェンダーのクラックも大きくなったような・・・ (泣

関連記事:BMW Z1の燃費 その6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/16

F1 オーストラリアGP:金曜フリー走行

現地では朝10時からのフリー走行1回目、日本との時差が-2時間ありますので日本では朝8時から、とネットでライブを見るのもちょっと辛い時間帯ですね。
さてトップタイムのアロンソ、2番手のマッサは順当な気がしますが、3番手はBMWザウバーのベッテル、サードドライバーとしては頑張っているねぇーー。 サードドライバーと言えばウィリアムズの中嶋一貴も6番手と健闘しています。

フリー1回目の上位10台
1. F.アロンソ (ESP) McLaren Mercedes 1:29.214 - 23周
2. F.マッサ (BRA) Ferrari 1:30.707 +1.493 - 7周
3. S.ベッテル (GER) BMW Sauber 1:30.857 +1.643 - 22周
4. L.ハミルトン (GBR) McLaren Mercedes 1:30.878 +1.664 - 14周
5. J.バトン (GBR) Honda 1:31.162 +1.948 - 15周
6. 中嶋 一貴 (JPN) Williams Toyota 1:31.401 +2.187 - 21周
7. D.クルサード (GBR) Red Bull Renault 1:31.528 +2.314 - 9周
8. H.コバライネン (FIN) Renault 1:31.571 +2.357 - 20周
9. M.ウェバー (AUS) Red Bull Renault 1:31.661 +2.447 - 16周
10. R.バリチェッロ (BRA) Honda 1:31.737 +2.523 - 12周

フリー2回目はフェラーリがマッサ、ライコンネンの順番でワンツー。
BMWザウバーのハイドフェルドは5番手、クビサは9番手とまあまあのタイムでした。

フリー2回目の上位10台
1. F.マッサ (BRA) Ferrari B 1:27.353 - 32周
2. K.ライコネン (FIN) Ferrari B 1:27.750 +0.397 - 33周
3. L.ハミルトン (GBR) McLaren Mercedes B 1:27.829 +0.476 - 29周
4. G.フィジケーラ (ITA) Renault B 1:27.941 +0.588 - 33周
5. N.ハイドフェルド (GER) BMW Sauber B 1:27.970 +0.617 - 27周
6. A.ブルツ (AUT) Williams Toyota B 1:27.981 +0.628 - 31周
7. F.アロンソ (ESP) McLaren Mercedes B 1:28.040 +0.687 - 25周
8. N.ロズベルグ (GER) Williams Toyota B 1:28.055 +0.702 - 29周
9. R.クビサ (POL) BMW Sauber B 1:28.281 +0.928 - 26周
10. D.クルサード (GBR) Red Bull Renault B 1:28.495 +1.142 - 23周

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007/03/15

ハイドフェルド、華麗なる舞

0703151

グランプリ突入直前のオーストラリアでのひとコマ
他チームのF1ドライバーも参加したチャリティテニスでの勇姿でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/14

ETC利用率、全国で66.6%に

国土交通省では、3月2日から8日まで週平均でのETCの利用率を発表した。 それによると、全国でのこの期間のETC利用は約504万台/日になり、利用率は66.6%と増加した。もっとも利用率が高かったのは首都高速道路で73.9%。2番目は中日本高速の69.3%、3番目は阪神高速の68.0%となった。 (ニュース元:カービュー

この前の週末に北陸道を利用しましたが、ETCレーン以外にも結構クルマが突っ込んでいた印象があるけどねぇ。
ちなみに私が上記の印象を受けた米原JCは「中日本高速道路」が管轄。富山~新潟部分は東日本高速道路の管轄となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/13

自動車とデザインが共通の自転車

珍しく自動車ニュースに自転車の記事が載っていました。

今回ご紹介するBMWブランドの自転車は、クルマ同様BMW正規ディーラーで、純正アクセサリーのひとつとして販売されているものです。しかも、BMWのブランドロゴがフレームにくっついているだけではなく、BMW製のクルマやモーターサイクルと共通のデザインテイストやメカニズムを採用しているのが特徴となっています。
   0703131
例えばこちらのBMWクルーズ・バイクを見ると、そのフレームにはZ4などと共通のフレイムデザイン(炎が揺らめくような面構成)が見受けられます。これは、従来は自転車の製造に使用されていなかったハイドロフォーミング技術によって可能になったものです。他メーカーの自転車とは視覚的に大きく異なっており、BMWオーナーであればぜひとも所有したくなるデザインといえるのではないでしょうか。 (ニュース元:DrivingFuture

色々あって思考力が低下している分、引用文が長くなったような・・・
今日は早く寝るように致しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/12

BMW Z1:久々のヤフオク出物

久々にBMW Z1の実物がヤフオクに出品されています。
グリーンM+白革内装。 1991年式で走行距離38,000km。

0703121

0703122

開始価格220万円、希望落札価格278万円。 個人売買的にはちょっとお高め?
しばらく落札されず、繰り返し出品されそうな予感がしますね。 取り敢えず「ウォッチリストに追加」ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/11

堺市ヒストリックカー:見てきました

以前お話した「堺市ヒストリックカーコレクション見学会」行ってきました。
やぁ、昔給食センターだったという建物に約50台ものコレクションがぎっしりというかごっちゃり。。 展示間隔も狭く、見学者も多かったので(100名の筈)写真撮影にはちょっと不向きでした。やはり常設展示場が望まれるところですね。

0703111
      2002ターボ、本国仕様(奥)と日本仕様(手前)

関連記事:堺市ヒストリックカーコレクション見学会

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/03/10

BMWのお宝本を探せ!!

日曜朝の柔らかい経済番組を見てから、ブックオフにてお宝探しに挑んでいます。 
まぁヤフオクで探した「BMWのお宝本」なんか直ぐある訳はないですけどね。

    0703101
       立風ベストムック
       BMWアルピナストーリーズ1982~2002

2002年10月発行のムック本(定価: 1,980円)ですが、出版社にも在庫なし。 
ヤフオクでは現在8,000円超で出品されています。 本屋に並んでいた時にはまだZ1を持っていなかったので興味のある車種がなく買わなかったんですよね。 
あぁ~~、、あの時この本を購入しておけばなぁ~~~。。。
もしご自宅にこの本をお持ちでしたら、今が売り時?ですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/09

BMWザウバー:最高のシーズンにしたい

BMWザウバーのプレシーズンテストはかなりうまくいったようで、信頼性の面でトラブルが発生したにもかかわらず、いいペースで走っていた。
開幕戦オーストラリアGPを前に、F1での最高のシーズンにすることを目標とするBMWザウバーのニック・ハイドフェルドの一方で、チームはチャンピオンシップで4位に入ることを狙っている。 (ニュース元:F1-Live.com

ニック・ハイドフェルド
もし僕たちが何とかポイントを取れて、5位に入れるようだったら、それもそんなに悪くないと思う。個人的には過去最高のシーズンにしたいと願っている。これまでは8位が最高だった。もし達成できたら、うれしいね。
ロバート・クビサ
(ブリヂストンが提供する新スペックのタイヤに慣れるのに)ドライビングスタイルに順応させないといけないんだ。でも、もう解決できたと思っている。ステアリングの角度も少なくて、スムーズにドライブできるようになったから大丈夫だ。

今シーズンはエンジン規制により、ライバルとの差は少ないでしょうから、その他の部分(エアロとか信頼性とか)で努力すれば上記の願いも無理じゃないと思います。
頑張れ、とにかく頑張れ。。

【カウンター 36万件突破】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/08

BMWとジウジアーロのコラボ

イタルデザイン・ジウジアーロとBMWとのコラボレーションで開発された未来の2シーター・コンセプト『VAD.HO』は、場内の注目の的であった。
エンジンはBMW『7シリーズ』にも設定されている12気筒・水素エンジンを搭載。VAD.HOの意味は、VADO(イタリア語で「私は行く」) on H(水素で)という意味だ。
 (ニュース元:Response

0703081

1988年に発表された同氏デザインのAZTEC(アズテック)に何となく似ています。
まぁアズテックは20年経っても色褪せないデザインではありますが。。
ちなみにアズテックはアウディ製5気筒turbo(200ps)エンジン搭載。

0703082

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/07

BMW M3 Concept

いよいよBMW社から正式に出てきました。 名前の最後に「Concept」が付いていますが、ほぼこのまま市販化されるものと思われます。「BMW Z4 Coupe Concept」や「BMW M3 CSL Concept」も、そのままの形で市販の流れと成りましたから。

0703071
        それにしてもボンネットの盛り上がりがエグイなぁ~~。

0703072
             リアフェンダーはブリスター形状?

0703073
             ルーフはM6ゆずりのカーボン製です。

ニュース内容によると、エンジンはV8-4.0Lエンジン、最高出力は313kw(425ps)、
0-100km/h 加速は4.9秒、最高速は250km/h(自主規制)。
参考:E46-M3    L6-3.2Lエンジン、出力343ps、加速5.2秒
    E46-M3 CSL L6-3.2Lエンジン、出力360ps、加速4.9秒

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/06

ハイドフェルド、既にオーストラリア入り

一連のオフテストで好調な走りをみせ、多くのライバルチームからマークされつつあるBMWザウバーのニック・ハイドフェルド(29歳:ドイツ)が、その意気込みを示すように開幕戦の地オーストラリア大陸に一番乗りを果たしている。
チームによれば、先週バーレーン・サーキットでの合同テストを終えたハイドフェルドは、パトリシア夫人、そして愛娘のジュニちゃんと共に中東から直接オーストラリアのシドニーへと飛来。 これは家族と束の間のバカンスを楽しむと共に、ヨーロッパとは大きな時差に早く身体を慣らすのが目的という。(ニュース元:FMotorsports.nifty

オーストラリアに一番乗りして、家族サービスや体調管理もいいけど、ヨーロッパでのスポンサー周りとかないのですかね? その部分はクビサにお任せなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/05

BMWのドラッグマシン

0703051

明らかにBMWのエンジンではないですね。
そのにしてもドラッグレースで、BMW E30のボディを使う理由はあるのでしょうか。
 1.とにかくBMWが好き
 2.人と違うのでちょっと目立つ
 3.E30が解体屋さんで安かった

1はともかく2とか3の理由はありかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/04

キラキラなBMW

今年の大阪オートメッセにも登場した全身がキラキラのメルセデスベンツ。

0703042

ボディ一面がスワロフスキー(クリスタルガラス)で覆われ、その数はなんと30万個。金額にして3000万円。 (ニュース元:Response) 
流行に疎い私はこのクルマで「スワロフスキー」という物を知りましたよ。
んで、それには及ばないまでも手頃な価格でキラキラなBMWをご紹介

     0703041
            キラキラなBMWエンブレム

「スワロフスキー BMW」で検索すると色々なパターンがあり、2~3万円で販売しています。 カーボンエンブレムは何回か実車を見た事もあり格好良いと思いますが、このキラキラエンブレムは実物を見たこと無いです。 
ゴージャスなBMWでないと(ってどんなBMW?)似合わないかも知れないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/03

遥か彼方から・・・

     0703031

海外での「BMW Motorrad ライダートレーニング」のひとコマ。
HP2 Enduroを使ったトレーニングで、どの位の傾斜かは判りませんが、遥か彼方から道なき道をくだってます。

日本でも規模は違いますが、オンロード、オフロード、ツーリングトレーニング等
BMW Motorrad Japan主催で行われています。 ⇒リンク

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/02

BMW 740i ジーンズ仕様

BMW 740i(E32) のボンネットにジーンズ模様を描いた「芸術作品」でっす。

    0703022
         V8エンジンまでリアルに描き込んであります
           プロペラマークの使い方が秀逸!!

0703023
    おねーさ~~ん、車に合わせてファスナー開けてくれなきゃ

【追記:d-powerさんのコメントを受けて】

    0703024
       1999年F1に参戦した「BAR-Supertec」のマシン
ドライバーはJ・ビルヌーブとR・ゾンタ(途中M・サロ)でした。BARチーム自体が初年度だった為、リタイアがとても多くポイントは0でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

BMWザウバー:ウィングは盗作?

朝の更新をサボり、お昼時は中々忙しくネタを探す時間もないので、
ネタを探すのが面倒なので、続いてもF1のニュースです。
今オフテストで好調なタイムを記録、ライバ・チームからマークされつつあるBMWザウバーの『F1.07』だが、その最新仕様のセンターウィングが盗作ではないか、との指摘を受けている。
これを報じているのはドイツの『ビルド・ツァイトゥング』紙で、それによればこのエアロダイナミックスは元々マクラーレン・メルセデスが考案して投入したもので、バーレーン合同テストに現れたBMWザウバーのそれはまったくのコピーであると指弾している。
(ニュース元:FMotorsports.nifty

0703021

見た目が同じでは「コピー」と言われてもしょうがないですよね。 
でも特許や意匠登録がある訳でもないでしょうから「見たままコピー」はルール的には問題にならないのでしょうね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

バーレーンテスト3日目

バーレーンテスト3日目は9チーム16台でした。
(ニュース元:FMotorsports.nifty

1. F.マッサ BRA Ferrari 1'29.989 45周 F2007 *
2. H.コバライネン FIN Renault 1'30.384 61周 R27 *
3. G.フィジケーラ ITA Renault 1'30.498 107周 R27 *
4. K.ライコネン FIN Ferrari 1'30.534 77周 F2007 *
5. F.アロンソ ESP McLaren Mercedes 1'30.564 113周 MP4-22 *
6. R.バリチェッロ BRA Honda 1'31.067 118周 RA107 *
7. P.デ・ラ・ロサ ESP McLaren Mercedes 1'31.354 90周 MP4-22 *
8. S.スピード USA Toro Rosso Ferrari 1'31.500 124周 STR2 *
9. D.クルサード GBR RedBull Renault 1'31.589 66周 RB3 *
10. N.ハイドフェルド GER BMW Sauber 1'31.720 83周 F1.07 *
11. M.ウェバー AUS RedBull Renault 1'31.742 92周 RB3 *
12. R.クビサ POL BMW Sauber 1'31.751 98周 F1.07 *
13. R.シューマッハ GER Toyota 1'31.791 81周 TF107 *
14. J.バトン GBR Honda 1'31.837 97周 RA107 *
15. F.モンタニー FRA Toyota 1'32.264 119周 TF107 *
16. 佐藤 琢磨 JPN SuperAguri Honda 1'33.357 53周 Interim Car

最終日もフェラーリ、マッサがトップタイムでした。 それに続くのはルノーのマシン。 
今年もこの2チームが中心となってグランプリは進むのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007/03/01

バーレーンテスト2日目

バーレーンテスト2日目は9チーム16台でした。
(ニュース元:FMotorsports.nifty

1. F.マッサ BRA Ferrari 1'30.640 99周 F2007 *
2. L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes 1'31.178 55周 MP4-22 *
3. K.ライコネン FIN Ferrari 1'31.490 93周 F2007 *
4. G.フィジケーラ ITA Renault 1'31.967 107周 R27 *
5. P.デ・ラ・ロサ ESP McLaren Mercedes 1'31.971 52周 MP4-22 *
6. H.コバライネン FIN Renault 1'32.068 29周 R27 *
7. N.ハイドフェルド GER BMW Sauber 1'32.254 71周 F1.07 *
8. J.バトン GBR Honda 1'32.293 70周 RA107 *
9. V.リウッツィ ITA Toro Rosso Ferrari 1'32.359 47周 STR2 *
10. R.クビサ POL BMW Sauber 1'32.648 52周 F1.07 *
11. R.バリチェッロ BRA Honda 1'32.650 59周 RA107 *
12. 佐藤 琢磨 JPN SuperAguri Honda 1'32.837 99周 Interim Car
13. R.シューマッハ GER Toyota 1'33.054 84周 TF107 *
14. D.クルサード GBR RedBull Renault 1'33.146 51周 RB3 *
15. M.ウェバー AUS RedBull Renault 1'33.238 52周 RB3 *
16. J.トゥルーリ ITA Toyota 1'33.384 33周 TF107 *

マッサがトップタイム、相変わらずファラーリは速いですね。
ホンダの「アースカラー」が登場するのかと思ったら、まだカラスなんですね。 サーキット登場はいつになるのでしょ?
また9チームが参加のこのテスト。残りの2チーム(WilliamsとSpyker)はバルセロナでテストを行っています。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »