« BMWなウインチ | トップページ | 箱根ターンパイク:名称変更 »

2007/02/20

バレンシアテスト1日目

日本人ドライバー中嶋一貴がトップタイム。とは言っても2チーム5台での結果です。
(ニュース元:FMotorsports.nifty

1. A.ブルツ AUT Williams Toyota 1'11.600 113周 FW29 *
1. 中嶋 一貴 JPN Williams Toyota 1'12.953 22周 FW29 *
2. 中嶋 一貴 JPN Williams Toyota 1'12.953 54周 FW29 *
2. A.ブルツ AUT Williams Toyota 1'13.039 33周 FW29 *
3. G-V.デル・ガルデ HOL Spyker Ferrari 1'14.639 81周 F8-VII *
4. A.スーティル GER Spyker Ferrari 1'15.380 34周 F8-VII *
5. A.バレス ESP Spyker Ferrari 1'15.637 49周 F8-VII *

チーム、台数も少ないのでWilliamsが速いのか、Spykerが遅いのかよく判りません。

【追記:2/21】
ウィリアムズ・チームより昨日のテストタイムの訂正が報告されました。
『中嶋一貴の周回数22ラップは実は54ラップでベストタイム1'12.953は同じ。アレクサンドル・ブルツの周回数33ラップは実際には113ラップで、ベストタイム1'13.039は1'11.600だったと訂正。』 
これにより「中嶋一貴がトップタイム」は幻に終わってしまいました。。

|

« BMWなウインチ | トップページ | 箱根ターンパイク:名称変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/13981331

この記事へのトラックバック一覧です: バレンシアテスト1日目:

» F1バレンシアテスト初日で中嶋がトップタイム [Motohiroの本音トーク]
月曜日にスペインのバレンシアで行われたテストで、ウィリアムズのテストドライバー、中嶋一貴が最速タイムをマークしました。 といってもこのテストに参加しているチームは、ウィリアムズとスパイカーの2チームのみ、他のチームは木曜日からバーレーンで3日間のテストを行う予定とのことですが、同じチームのブルツを抑えてのトップタイムは評価できると思います。 一方スパイカーでは、話題の渦中のギード・ファン・デル・ガルデが81周走行し、スパイカー最速タイムをマークしました。なお明日からは中嶋一貴に代わりニコ・ロ... [続きを読む]

受信: 2007/02/20 08:36

» ヴァレンシアテスト初日 [スポーツ三昧]
ウィリアムズのテストドライバー、中嶋一貴が最速タイムを記録した。この日本人のテストドライバーは、ウィリアムズのアレクサンダー・ブルツをわずかに上回った。月曜日は、ヴァレンシアで行われているF1の3日間のテストの初日となった。このテストにはウィリアムズとスパイカーだけが参加しており、他のチームは木曜日からバーレーンで3日間のテストを行う予定である。... [続きを読む]

受信: 2007/02/20 08:37

« BMWなウインチ | トップページ | 箱根ターンパイク:名称変更 »