« バレンシアテスト2日目 | トップページ | バレンシアテスト3日目 »

2007/02/21

BMW、ディーゼルエンジン開発体制を強化

BMWグループは、オーストリア北部にあるグループ最大となるエンジン生産拠点シュタイヤー工場にある研究開発拠点に、2007年春から2008年12月にかけて、総額1400万ユーロを投資すると発表した。
工場ではBMWのディーゼルエンジンの研究開発も行っており、400人以上のエンジニアおよび技術者が勤務する。シュタイヤーの開発センターでは2001年、大規模な設備増設を行ったがさらに投資を拡大して研究開発能力の向上を図る。
(ニュース元:Response

工場の場所をグーグルアースで探したけど見付けられず。 
暇な時に再度チャレンジしてみますね。

|

« バレンシアテスト2日目 | トップページ | バレンシアテスト3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/13998263

この記事へのトラックバック一覧です: BMW、ディーゼルエンジン開発体制を強化:

» BMWグループ、シュタイヤー工場のディーゼル開発センターを強化 [BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ]
BMWがオーストリアにあるシュタイヤー工場/ディーゼルエンジンの研究開発部門に1400万ユーロを設備投資したそうです。 これよりによりますますディーゼルエンジン技術の発展に力を注いでいくそうです。 詳しくは以下のリリースをご覧ください。 ... [続きを読む]

受信: 2007/02/22 00:24

« バレンシアテスト2日目 | トップページ | バレンシアテスト3日目 »