« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/31

2006年の「M小林の日々思うこと」を振り返る

さて2006年も今日で終わり。 去年の大晦日にならい「M小林の日々思うこと」を振り返る企画を実行いたしましょう。

2006年1月 記事数62件
ダカール2006特集
BMW 120dレーシング ドバイ24H
BMW Sauber F1:新型車発表

2006年2月 記事数45件
F1プレシーズンテスト大盛り
トリノオリンピック開会式にF1マシン
大阪オートメッセ2006特集

2006年3月 記事数59件
BMWクラシックカーの世界
F1グランプリ開幕
3月20日は、3月25日は、3月28日は・・・・

2006年4月 記事数49件
エイプリルフールネタ
BMW Roadster 勢ぞろい
カウンター 20万件突破記念

2006年5月 記事数45件
BMW ザウバー:ピットレーン・パーク
BMW コンセプトクーペ ミッレミリア2006
My BMW Z1 17才の誕生日

2006年6月 記事数45件
成田空港に巨大キドニーグリル
ル・マン24-2006特集
BMW Z1:一般整備終了

2006年7月 記事数52件
BMWで鈴鹿8耐に挑戦
BMW ザウバー:フロント垂直ウィング失敗
鳥人間コンテスト 観戦

2006年8月 記事数45件
ジャック・ビルヌーブ F1離脱
ロバート・クビサ 初レースは失格
BMW M を知る

2006年9月 記事数40件
イタリアGP:クビサ初表彰台
BMW水素自動車を量産『Hydrogen7』
BMW Z1:Wikipedia

2006年10月 記事数55件
秋のドライブ:伊勢街道
F1 日本GP:ラスト鈴鹿
F1 シーズン終了

2006年11月 記事数46件
Autumn Meet 2006特集
道の駅探訪記「前略、道の駅より」開始
カウンター 30万件を突破

2006年12月 記事数52件
前略、道の駅より:新潟編
BMW Z1:リレー交換修理
クリスマス・小ネタ集

2006年の総括
今年の記事投稿は595件、カウンターは約19万進みました。 
去年の記事が915件(カウンター約13万)だった事を考えると、記事件数はかなり減りましたが毎日休むことなく、私なりにぼちぼち頑張りましたよ。
まぁ来年も力尽きない程度に頑張ろうと思いますので、皆様宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/30

年末の大掃除

部屋の大掃除やクルマの洗車もしないまま12月30日。
せめてこれだけは、とノートパソコンの大掃除というかリカバリを実行。
ノートPC内のドライブCに空き容量が少なくなり、パーテーションを切り直したかったというのと、今回を機会にInternet ExplorerやMedia Player等も最新バージョンに更新したかったというのが理由。

んで、朝9時開始。 データのバックアップ等で30分、リカバリ&パーテーション変更は1時間で終了。 とここまでは簡単に終了。
そのあと元の使い易い状態に戻す作業やソフトのバージョンアップには7時間も費やしてしまいましたよ。まぁ大体予定通りといえば予定通りなのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/29

2007万円の純金カレンダー

高額福袋等で来年の「2007」にちなんだニュースを探して見ましたが、イマイチ良いものがヒットしませんでした。
福袋は諦めて「2007万円の純金カレンダー」をご紹介。 (RKBニュース

0612292

重さ6キロの純金で作られた来年用の特製カレンダーで、価格は2007万円です。
厚さ1ミリ程度の平らな紙状になるまで薄く延ばした純金にカレンダーを印刷したもので、この大きさまで均一の薄さで広げるには高度な技術が必要だとのことです。カレンダーの表面は保護用のアクリルカバーで覆われています。
また、裏には、江戸時代まで広く流通した金貨の甲州金を製造したと言われる武田信玄の肖像が印刷されています。

さすがに6kgを壁に掛けるには無理があるようで置き型です。(笑
名刺サイズの純金1グラムカレンダー(5500円)なら手が届くけど・・・・
買わない(買えない)よね。 ⇒GINZA TANAKA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMWザウバー:2007年新型車は予定通り

BMWザウバーチームのマリオ・タイセン代表は2007年新型車について、「予定通りに製作は進捗している」と、独『ユーロスポーツ』に語っている。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

0612291
            この画像は「F1.06」の開発風景

マリオ・タイセン(チーム代表)

新型車の開発はすべて予定通りに進んでいるよ。ウィンド・トンネルでの計測数値もたいへん満足のいくものが示されている。
旧ザウバー・チームから引き継いだあと、ヒンヴィルのファクトリーは現在約430人ものレベルまで拡大され、順調に仕事をこなしている。『F1.07』(仮称)のお披露目は、予定通り1月半ばに行えることだろう。

ニューカーは1月16日にスペインのバレンシア・サーキットでお披露目予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/28

風力発電で自動車が動く!?

風力発電オンリーではなく太陽電池でも充電でも動かす事が可能な電気自動車。
この電気自動車を発表したのは以前「45万ユーロの電気自動車」でもお伝えしたフランスのVenturi。 電気自動車業界では有名メーカー?? ⇒リンク

0612281

電源コードで充電するか、屋根の2.5平方mのソーラーパネルから電力を作るか、あるいは「force wheel」を使った風力で電力を作るという仕組みだそうです。1回の充電で時速80kmの速さで160kmを走れるとのこと。価格は30,000ドル。2007年6月発売予定。
でも、この小さめの風車で充電するのには一体何時間掛かるのだろう??

関連記事:45万ユーロの電気自動車

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/27

「初日の出暴走」の警戒体制

警察庁交通指導課は、関東管区警察局と各都道府県警察による「初日の出暴走」取締り強化を発表した。期間は、2006年12月30日午後8時から2007年1月3日まで。
関東管区警察局(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、新潟、山梨、長野、静岡10県を管轄する)と初日の出暴走が予想される都道府県警察では、初日の出暴走取締本部を設置する。特に山梨県河口湖周辺を目指す「初日の出暴走」に対しては、警視庁と関東管区内の各警察に、警察官延べ3100人が連携する一斉取締りを実施する。また、国土交通省運輸支局や自動車検査独立行政法人の検査官も、合同で不正改造車両の取締りを行う。 (ニュース元:Response

0612273
      昔拾ってきた「BMW+竹やり画像」 使う時は今だ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

MINI BIOMOKE

0612271
0612272
            コンセプトカー「MINI BIOMOKE」

凄いワイドボディというか、オープンホイール仕様となったBMW MINI。
検索したところエコを強く意識したモデルで、ボディには生物分解性の素材が使われており、車両の寿命がくる(5年を想定)とボディが肥料となり木の成長を促進、空気をきれいにするのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/26

BMW ALPINA RLE 29/66

ALPINA RLE(アルピナ ロードスター リミテッドエディション、BMW Z1ベース)の売り物件第三弾。 ビッターズで赤いRLEが出品されていました。 ⇒リンク

0612265

0612266

0612267

入札開始価格:3,500,000円
1990年登録ワンオーナー ニコル物 走行約29000km シリアルナンバー29/66
この個体どこかで見た事あるような・・・・ 確か福岡の物件の筈。
もしかしてずっと売り出し中なのかな??

関連記事:BMW ALPINA RLE 13/66
関連記事:BMW ALPINA RLE 58/66

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMW+ホンダ、BMW+トヨタ

以前記事にした「BMW+日産エンジン」、「BMW Z3+ロータリー」に続く第三弾
今回のエンジンスワップはホンダのF20C(搭載モデル:S2000)、トヨタ1JZツインターボ(搭載モデル:スープラ等)と一気に2車種。
  (有)インパクト ⇒サイト

0612261
0612262
        BMW E36改F20C換装モデル 250馬力

0612263
0612264
        BMW E36改1JZ換装モデル 400馬力

ヤフオクには
F20C搭載6速is 開始価格:198万円、希望落札価格:218万円
400PS!!史上最強E36 開始価格:298万円  として掲載されていました。 
ベース車両は共にM3ではなく普通のE36 318isとの事ですが、シャシー的には大丈夫なんでしょうかねぇーー。
これでBMWボディへのエンジンスワップは、日産、マツダ、ホンダ、トヨタと続けましたので、後は三菱エンジンとスバルエンジンを探すだけ? ですね。。
ランエボのエンジンとかインプレッサのエンジンなんかどうだ!?

関連記事:BMW Z3+ロータリー
関連記事:BMW+日産エンジン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/25

メリークリスマス:BMWのジオラマ

ちょっと気が早いかも知れませんが、クリスマスの先行記事を書いておきます。
1/87モデルを使ったBMWのジオラマ「クリスマスバージョン」のご紹介。

0612251
  BMW 2001 BMW5シリーズ ヤフオクで発見。

0612252
  BMW 2002 BMW Z3(黒) こちらもヤフオク、赤もあります。

0612253
  BMW 2003 Z3(赤) こちらはeBayで発見、黒もあります。

0612254
  BMW 2004 BMW Z8 こちらもeBay、オープンに雪ダルマが定番?

0612255
  BMW6シリーズカブリオレ ヘルパのサイトで発見。

「BMW+西暦」のジオラマは国内外のディーラーで、ノベルティグッズとして配られたモノだと思われます。 
最後の6シリーズカブリオレはヘルパのカタログモデルになります。 ⇒リンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/24

ミニなサンタクロース

先の「キュートなサンタクロース」と違ってミニスカなサンタさんではありません。

0612241

装飾をほどこしてBMW MINI 本体をサンタさんに。
それにしてもよく作ったなぁ~~、これ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイドフェルド、あと10年は走り続けたい

BMW ザウバーのニック・ハイドフェルド、現在29歳ですが「あと10年は走り続けたい」と、意欲を燃やしているそうです。 (ニュース元:FMotorsports.nifty

チームメイトが若くて速いドライバーであることには何も怖れはない。むしろ、遅いドライバーと一緒のほうが弊害ばかりでナンバーワンのメリットもないからね、このほうがいいんだよ。
いまのこのチームの状況、そして僕が置かれたポジション、それらを考えるとこの年令にふさわしい最高の状態にあると僕は思うんだ。だから僕はあと10年はこのフォーミュラワンで走り続けたいと思っているよ。

あと10年という事は39歳。 ミハエル・シューマッハは今年37歳で引退、現役最年長のデビッド・クルサードは35歳、39歳までというのは中々難しいのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/23

ダカール2007:出場者など

クルマ部門でのBMW車両による参加者はすべてX-raidチーム ⇒HP
BMW X3CC での参戦は3組
 307. J.クラインシュミット
 309. N-S.アルアティヤ
 312. G.チチェリ
BMW X5CC での参戦は2組
 314. J-L.モンテルド
 322. P.ノバー

0612231

クルマ部門の日本人プライベーターは
 342. 篠塚建次郎 NISSAN パスファインダー ⇒HP
 352. 片山右京 TOYOTA ランドクルーザー ⇒HP

バイク部門から参戦する日本人ライダーは3人
 151. 桐島ローランド YAMAHA WR450F ⇒ブログ
 195. 亀田真靖 YAMAHA WR450F ⇒ブログ
 219. 大橋輝之 YAMAHA WR450F ⇒ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/22

キュートなサンタクロース

0612221

0612222

僕んちにもこんなキュートなサンタさんが来ないかなぁ~~。
ハマーH2は無くてもよいです、サンタさんだけでも・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬至

3年ほど前の私は京都の東寺(トウジ)近くの酒蔵で杜氏(トウジ)をしていました。
しかし重労働の為腰を痛め、温泉に湯治(トウジ)に行く羽目に。
お湯にずっと浸かっている訳ではないので、合間はもっぱらテレビ三昧。

当時(トウジ)好きだった番組は「元カレ
堂本剛演じる柏葉東次(トウジ)と、「元カノ」広末涼子演じる真琴、「今カノ」内山理名演じる菜央、の三角関係を描いた恋愛作品。
あんな風にモテモテになりたいなぁ~~。 そんなモテない私の小さな自慢は、地元岡山の東児(トウジ)中学の卒業式で答辞(トウジ)を述べた事です。 (すべてフィクション)

そう言えば今日、12月22日は冬至(トウジ)でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/21

気になるスクーター:PIAGGIO MP3

普段スクーターなど気に成らない私ですが、ちょっと気になるモデルに出会いました。
イタリアのスクーターメーカー、ピアッジオの新型 PIAGGIO MP3

0612211
0612212

画像でも判るように前輪2輪、後輪1輪の3輪スクーターなのですよ。
トライクと一緒の扱いのようで「自動車の普通運転免許が必要」と書いてありますから、こちらもヘルメットが不要なのかも?(未確認です)

ちなみに日本では250㏄モデルで80万円~。 
価格的に私が所有する事は適わないと思いますが、どのような挙動なのか乗ってみたいモデルですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/20

BMWクルーズバイクにデザイン賞

BMW AGは、『クルーズ・バイク』がドイツ連邦共和国デザイン賞の「自動車と二輪車」部門で賞を授与されたと発表した。
BMWクルーズ・バイクは、2007デザイン賞にノミネートされた900の申込のうちの、25の受賞者の一つとなった。選考委員は「BMWの自転車の特徴的な輪郭が情熱と運転する歓びにおいて最も決定的なトレンドの典型である」と評価した。
 (ニュース元:Response

0612201

日本でいうグッドデザイン賞みたいなものなのかな? ⇒リンク
ちなみに2006年のグッドデザイン大賞は三菱自動車の「i(アイ)」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/19

紅白歌合戦:曲目発表

紅白歌合戦の曲目が発表されました。

0612191

わたくし期待の徳永英明さんの曲名は「壊れかけのRadio」に決定。
この曲が聴きたかったので大満足の結果です。

昨日ネットを徘徊していてパソコンテレビGyaOで徳永さんのビデオクリップを視聴したばかりだったのでした。 結構良いですよ、これ。 ⇒リンク

それにしても、北島三郎御大は「まつり」を、細川たかし「浪花節だよ人生は」、森進一「おふくろさん」と紅白というより「懐かしのメロディ」みたいね。。

関連記事:紅白歌合戦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/18

DIYドレスアップ:BMWフロントグリル編

今回紹介するのは、BMWグリルの取り付け加工。普段DIYをしている人なら、割と簡単に出来る加工。しかしながら、フロントフェイスに効果的にインパクトを与えることが出来る。別のクルマのグリル加工にも応用がきくので、ぜひともマスターしておきたいDIY (ニュース元:オートギャラリーネット

0612181

難易度は ★★★ と中ぐらい。 ベース車両はダイハツ・ムーブかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/17

BMW Z1:リレー交換修理

11月18日に故障したウィンカー、ショップにてリレーの交換作業を行ってきました。
それにしても昨日までヴィッツに乗っていたせいか、駐車場から出る時Z1のステアリングの重さといったら、、角を曲がり損ねるところでしたよ。 アクセルもブレーキもZ1はしっかりと重さが有るんですよね。正にクラシカルフィーリング。
ヴィッツは乗用車として良いクルマでしたが、どこ踏んでるか判らない軽いアクセル(CVTのせいもあるのかな?)には最後まで慣れませんでしたので。

ハザードリレー PartNumber-61311379040 4,236円
修理が終わった割りには余り感動なし。 新品のリレーが外から見える訳でなし、仮復旧の状態から変わった訳でなし・・・
まぁ、ウィンカーは普通に使えて当たり前の感が強いですから。 ちなみに新品のリレーを組み込んだBMW Z1のウィンカー点滅回数を計ってみたところ90回/分。
「毎分60回以上120回以下の一定の周期で点滅するものであること。」
という方向指示器の基準にちゃんと適合しています。

関連記事:BMW Z1:ウィンカートラブル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/16

ヘレステスト4日目

ヘレステスト4日目は14台が参加して行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes 1'19.497 100周 MP4-21
2. H.コバライネン FIN Renault 1'19.577 92周 R26
3. F.アロンソ ESP McLaren Mercedes 1'19.747 94周 MP4-21
4. G.フィジケーラ ITA Renault 1'19.795 110周 R26
5. J.ロシター GBR Honda 1'19.831 117周 RA106
6. R.クビサ POL BMW 1'19.889 126周 F1.06
7. L.バドエル ITA Ferrari 1'19.894 39周 248F1
8. M.アンドレッティ USA Honda 1'19.904 71周 RA106
9. S.ベッテル GER BMW 1'20.069 117周 F1.06
10. V.リウッツィ ITA Toro Rosso Cosworth 1'20.187 76周 STR1
11. 佐藤 琢磨 JPN SuperAguri Honda 1'20.467 116周 SA06改
12. M.ヘネ ESP Ferrari 1'21.011 99周 248F1
13. S.ボーデ FRA Toro Rosso Cosworth 1'21.266 101周 STR1
14. A.ブルツ AUT Williams Toyota 1'21.371 65周 FW28改

アロンソには今年中ルノー拘束の話があったと思いましたが、マクラーレンから出走しています。 大丈夫に成ったというかご褒美的な扱いみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BMW Z1 VS ヴィッツ

今回の新潟行きは、雨漏れの心配や室内の曇り(エアコンなし)、休憩時リクライニングが最小、親と荷物を乗せて病院まで行く、などを考慮しBMW Z1は大阪に打ち捨てて近所のトヨタレンタリースでヴィッツ(1.0LのCVT)を借りました。

0612166
             新潟ふるさと村駐車場にて

今時のレンタカーは一番安いクラスと言えどもDVDナビ(オーディオ一体型)+ETC付き、エアコンは快適だしドアも4枚あるし。 と、機能的にはヴィッツの勝ち。

次に経済的な比較も書いておきましょう。
【ヴィッツ:実績】
レンタカー料金 14,700円(2日間、保険含む)
ガソリン代:7,894円(新潟125円/L、大阪122円/L) 1,240km÷63.84L=燃費19.4km/L
  合計 22,594円

【BMW Z1:試算】
レンタカー料金は勿論発生しませんが、ヴィッツがレギュラーガソリンなのに対してこちらはハイオク。しかも、高速道路上で入れる可能性が高いのでその料金(147円/L)、燃費は8.0km/Lで試算。
ガソリン代:1,240km÷8.0km/L=155.0L 155L×147円/L=22,785円
  合計 22,785円

こうしてみると経済的にはいい勝負。Z1の燃費が伸びると負担は少なくなりますね。
とりあえず30時間で新潟往復1240km走破。 クルマも人もお疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

懐かしの新潟の味:おもだかや

こちらも新潟訪問のついで記事。
会社に入って間もなくの仕事場が、このお店のすぐ近くだったので、すっかり懐かしの味となりましたおもだかや女池店の支那そば。
魚介あっさり目のスープという分類になるらしいです。

0612164
            お店は20年前と変わらぬ佇まい

  0612165
      ご注文はわかめそば(600円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前略、道の駅より:新潟ふるさと村(5)

自宅より「新潟ふるさと村」までの距離は約600km。
夜10時に出発し近畿道、名神、北陸道と高速を北上。 結構雨ばっかりの・・・・・
こんな風にいつもの書き出しで始めると、わざわざ道の駅を訪ねる旅をしたような感じに成りますが、今回の新潟行きの本筋は親族の入院見舞い。ついでの道の駅訪問です。

今回の施設は先に「新潟ふささと村」という施設が完成し、後から「道の駅」になったのかも? 何しろ「道の駅の看板」が信号の道路標識以外みつからない。

0612161
      アピール館、バザール館など大きな建物があります。

0612162
   我がふるさと白根大凧合戦の大凧が展示、凧は24畳の大きさ。

0612163
   こちらの大凧の絵柄は上杉謙信、前のは役者(石川五右衛門)。

お土産は笹団子。 新潟駅や空港では買う場所に困らないのですが、今回は笹団子専門店があると踏んでの新潟ふささと村訪問でもありました。

国土交通省道路局 ⇒新潟ふるさと村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/15

ヘレステスト3日目

ヘレステスト3日目は19台参加と盛況です。 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. P.デ・ラ・ロサ ESP McLaren Mercedes 1'19.109 75周 MP4-21
2. J.トゥルーリ ITA Toyota 1'19.480 92周 TF106B
3. J.ロシター GBR Honda 1'19.549 117周 RA106
4. L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes 1'19.589 78周 MP4-21
5. C.クリエン AUT Honda 1'19.705 112周 RA106
6. F.マッサ BRA Ferrari 1'19.730 80周 248F1
7. L.バドエル ITA Ferrari 1'19.780 76周 248F1
8. H.コバライネン FIN Renault 1'19.824 110周 R26
9. N.ハイドフェルド GER BMW Sauber 1'19.933 121周 F1.06
10. G.フィジケーラ ITA Renault 1'20.073 68周 R26
11. R.クビサ POL BMW 1'20.194 100周 F1.06
12. O.パニス FRA Toyota 1'20.418 27周 TF106B
13. 中嶋 一貴 JPN Williams Toyota 1'20.440 95周 FW28改
14. 佐藤 琢磨 JPN SuperAguri Honda 1'20.726 114周 SA06改
15. M.アメミュラー GER RedBull Ferrari 1'20.737 61周 RB2
16. V.リウッツィ ITA Toro Rosso Cosworth 1'21.508 41周 STR1
17. S.ボーデ FRA Toro Rosso Cosworth 1'21.539 78周 STR1
18. 平手 晃平 JPN Toyota 1'22.028 34周 TF106B
19. S.スピード USA Toro Rosso Cosworth 1'22.435 61周 STR01

ウィリアムズ、スーパーアグリ、トヨタ、とチームの違う日本人3選手が一緒に走ったってのは初めてかな? 日本人F1ドライバーの未来は明るい??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1のステアリングって

0612151

F1ステアリングの解説がBMW ザウバーチームのサイトにありました。 ⇒リンク

0612152

各ボタンやダイヤルの機能
1 ピットレーンのスピード・リミッター
2 ディファレンシャル(プラス)
3 エンジン(オーバーテイク)
4 ギヤシフト(アップ)
5 トラクション・コントロール(プラス)
6 エンジン・セッティング・スイッチ
7 クラッチ
8 トラクション・コントロール
9 チーム・インフォメーション
10 バーンアウト(最大燃費)
11 マルチファンクション・スイッチ
12 燃費調整
13 エンジン・システムのチェック
14 ウイング角度インフォメーション
15 クラッチ
16 ディファレンシャル選択スイッチ
17 チーム無線
18 トラクション・コントロール(マイナス)
19 ギヤシフト(ダウン)
20 エンジン停止
21 ディファレンシャル(マイナス)
22 ニュートラル
23 表示ページの変更

もう、何が何だか!? マイカーのBMW Z1にはホーンしか無いってば。
Z1の前に載っていたE46のステアリングにはオーディオコントロールとオートクルーズのスイッチが付いていましたが、それだけで手一杯な私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/14

ダカール2007:片山右京さん情報

先の記事「片山右京:てんぷら油でパリダカに挑む」で片山さんが大阪産業大学とタッグを組んで、バイオディーゼル燃料での挑戦を行うというのを紹介しましたが、レスポンスに新しい記事が出ていましたので紹介します。 (ニュース元:Response

0612141

片山氏コメント

バイオ燃料はすでに一般車のレベルでは軽油と何ら遜色ないクォリティに達しているとのこと。ただし、300馬力ものラリー用エンジンで順位を競うとなると、さすがにカロリーがまだ不足気味で、熱量が少ない。
また、てんぷら油だけでは足りなかったようで企業の廃油なども利用しているとのこと。関係者の方々お疲れ様です。

関連記事:片山右京:てんぷら油でパリダカに挑む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘレステスト2日目

初日はトヨタ2台だけだったのでスルーしましたが、ヘレステスト2日目は17台が参加して行われました。 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. H.コバライネン FIN Renault 1'19.467 112周 R26
2. L.バドエル ITA Ferrari 1'19.901 78周 248F1
3. C.クリエン AUT Honda 1'20.005 122周 RA106
4. J.ロシター GBR Honda 1'20.016 97周 RA106
5. G.フィジケーラ ITA Renault 1'20.104 100周 R26
6. P.デ・ラ・ロサ ESP McLaren Mercedes 1'20.125 110周 MP4-21
7. F.マッサ BRA Ferrari 1'20.160 74周 248F1
8. N.ハイドフェルド GER BMW Sauber 1'20.209 83周 F1.06
9. J.トゥルーリ ITA Toyota 1'20.244 93周 TF106B
10. F.モンタニー FRA Toyota 1'20.493 55周 TF106B
11. G.パフェット GBR McLaren Mercedes 1'20.541 88周 MP4-21
12. S.ベッテル GER BMW 1'20.575 94周 F1.06
13. 中嶋 一貴 JPN Williams Toyota 1'20.859 95周 FW28改
14. 佐藤 琢磨 JPN SuperAguri Honda 1'20.977 121周 SA06改
15. M.アメミュラー GER RedBull Ferrari 1'21.371 91周 RB2
16. V.リウッツィ ITA Toro Rosso Cosworth 1'21.843 65周 STR1
17. S.ボーデ FRA Toro Rosso Cosworth 1'22.521 80周 STR1

佐藤琢磨は今オフ初めてのテストですね。 でも、中嶋一貴に負けてどうする。
BMW ザウバーはセットアップ作業を中心に、アエロダイナミックやトラクションコントロールのテストを行いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/13

ACシュニッツアーなBMW Z1

毎度お馴染みのebayで見付けたBMW Z1ネタ。 今回はACシュニッツアーなZ1

0612131
0612132
  走行距離89,000km、価格は21.900ユーロ~(340万円~)

普通Z1のエンブレムがある場所に有名なチューナー「AC Schnitzer」のバッジが付いています。 しかーし、ホイールはACシュニッツアーでなく車高も低い訳でない。
もしかしてエンブレムだけ??

こちらがBMW Z1が現役当時にシュニッツアーが出したチューニングカー ⇒リンク

0612133
0612134

うーん、本家はたたずまいもエンブレムの位置も全然違うねぇ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006 F1総集編

いよいよ「年末!」を感じさせるテレビ情報誌の『お正月特大号』を買ってきました。
フジテレビでは12月17日の深夜に放送される「2006 F1総集編」、関西テレビでは12月23日深夜25:45~28:15(正確には24日の朝)の放送です。
テレビ誌の記事によると
完全ハイライト&密着映像 皇帝引退の真実がここに
スーパーアグリの挑戦、ホンダ39年振りの優勝、ラスト鈴鹿、史上最大の大混戦「アロンソ×シューマッハ」、シューマッハ引退・・・・・。
1年間に及ぶ壮大なドラマは完全保存版だ。

さてさて、BMW ザウバーチームの出番はあるのでしょうか? 特に第12戦ドイツまでの参戦だったジャック・ビルヌーブの出番は??
ちなみにBMW ザウバーチームの F1総集編2006はこちら ⇒リンク

【カウンター 31万件突破】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/12

今日は「漢字の日」

12月12日と語呂がよい本日は「漢字の日」

12月12日の「1212」が「いい字一字」とよめるという語呂合わせにちなんで、日本漢字能力検定協会が1995年に制定。 同協会は毎年その年の世相を象徴する「今年を表現する漢字」を全国から募集し、この日に京都市の清水寺で発表している。

0612121
            今年の漢字は「命」 

秋篠宮妃紀子さまが悠仁(ひさひと)さまを出産された一方、いじめによる子どもの自殺が社会問題化、飲酒運転による死亡事故が相次ぐなど、生まれた命、絶たれた命、奪われた命、そして、命の不安への膨らみが理由という。
TIM(レッド吉田&ゴルゴ松本)は関係ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/11

BMW Z1:ウィンカー用リレー到着

11月18日にトラブルが発生し、修理の為に注文したウィンカー用リレーがドイツ本国よりショップに到着したそうです。 納期は3週間、珍しく短い期間での入荷となりました。
何しろ今まで修理に係わる純正部品は、ディーラーで3ヶ月(ドア関係)。ショップでも
3ヶ月(ホイールカバー)掛かっていましたからね。

     0612111
実物が無いのでイラストを載せておきましょう。

関連記事:BMW Z1:ウィンカートラブル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/10

白雪を巻き上げる BMW 130i

白煙を上げる BMW Z1に続いて、こちらは白雪を巻き上げるBMW 130i。
BMW ウィンタートレーニング in オーストリアでの一コマ。

0612103

それにしても後輪の巻き上げた雪が綺麗な広がりを見せていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白煙を上げる BMW Z1

路面が濡れているので水煙なのか、それともタイヤスモークなのか!?
とにかくこのBMW Z1やらかしちゃってくれてます。

0612101

0612102

画像元の記述によるとエンジンは200馬力にチューニング済み。 ただの200馬力ではこのド派手なパフォーマンスは無理のような? ラインロック装備済みか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/09

最速のオープンカー 2006冬

以前記事にしたオープンカーの最高速を塗り替えるモデルではありませんが、気に成ったニュースを見たので書いておきましょう。

0612092
            ムルシエラゴ ロードスター LP640

ロサンゼルスオートショーに登場した、ランボルギーニの最新モデル。
出力は名前の通り640馬力で最高速は330km/h。
ここまでは普通の『最速のオープンカー』記事 次の記載が私の気になった部分。

ロードスターとしてのキャラクターを殺さないため、ルーフには敢えてキャンバストップを採用した。にわか雨など一時的な使用が意図されており、キャンバストップを閉じた時の最高速度は160km/h に設定されている。
クローズでの速度制限が160km/hという事は、330km/hはオープン状態でという話になりますよね。今まで紹介した『最速のオープンカー』たちの最高速がオープンでは?? というのも有りましたので、あえて記事にしてみました。

関連記事:最速のオープンカー 最新情報
関連記事:最速のオープンカー:無差別級

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルセロナテスト3日目

バルセロナテスト3日目は17台が参加して行われました。 
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. R.バリチェッロ BRA Honda 1'20.008 65周 RA106
2. J.ロシター GBR Honda 1'20.171 108周 RA106
3. L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes 1'20.325 79周 MP4-21
4. R.シューマッハ GER Toyota 1'20.339 61周 TF106B
5. P.デ・ラ・ロサ ESP McLaren Mercedes 1'20.342 84周 MP4-21
6. H.コバライネン FIN Renault 1'20.372 70周 R26
7. G.フィジケーラ ITA Renault 1'20.390 89周 R26
8. N.ハイドフェルド GER BMW Sauber 1'20.436 110周 F1.06
9. A.デビッドソン GBR SuperAguri Honda 1'20.542 87周 SA06改
10. T.グロック GER BMW Sauber 1'20.785 105周 F1.06
11. 小林 可夢偉 JPN Toyota 1'20.978 70周 TF106B
12. M.ウェバー AUS RedBull Ferrari 1'20.985 79周 RB2
13. F.マッサ BRA Ferrari 1'21.143 46周 248F1
14. D.クルサード GBR RedBull Ferrari 1'21.325 63周 RB2
15. L.バドエル ITA Ferrari 1'21.327 43周 248F1
16. S.スピード USA Toro Rosso Cosworth 1'21.327 51周 STR01
17. 中嶋 一貴 JPN Williams Toyota 1'23.600 16周 FW28改

0612091

ウエット路面の為、全体的にタイムは伸びていません。
BMW ザウバーはグロッグが先回に続き2度目のドライブ。 チームのテスト内容はウェットタイヤのデータ取り、マシン・セットアップ等だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/08

ちょっと変な BMW M3 カブリオレ

エッセンモーターショーでちょと変なBMWを発見。   Essen Motor Show

0612081

0612082

0612083

車名は「DOTZ E46 BMW M3 Cabriolet」と有りますが、やたらルーフの長いハードトップ? またALPINEが関与したと思われる内装も前衛的!!
検索したら「DOTZ」はドイツのホイールメーカーのようです。 ⇒リンク
しかしサイトを覗いても、結局このM3の詳細は判らずじまい。 う~~ん、謎だ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルセロナテスト2日目

バルセロナテスト2日目は17台が参加して行われました。 
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes 1'18.684 80周 MP4-21
2. G.フィジケーラ ITA Renault 1'19.685 63周 R26
3. R.バリチェッロ BRA Honda 1'19.759 105周 RA106
4. N.ロズベルグ GER Williams Toyota 1'19.957 107周 FW28改
5. F.マッサ BRA Ferrari 1'20.013 61周 248F1
6. R.シューマッハ GER Toyota 1'20.024 70周 TF106B
7. C.クリエン AUT Honda 1'20.026 99周 RA106
8. P.デ・ラ・ロサ ESP McLaren Mercedes 1'20.134 65周 MP4-21
9. N.ハイドフェルド GER BMW Sauber 1'20.171 99周 F1.06
10. H.コバライネン FIN Renault 1'20.204 78周 R26
11. R.クビサ POL BMW 1'20.477 89周 F1.06
12. L.バドエル ITA Ferrari 1'20.553 107周 248F1
13. M.ウェバー AUS RedBull Ferrari 1'20.586 92周 RB2
14. A.デビッドソン GBR SuperAguri Honda 1'20.680 112周 SA06改
15. S.スピード USA Toro Rosso Cosworth 1'21.125 65周 STR01
16. D.クルサード GBR RedBull Ferrari 1'21.275 81周 RB2
17. 小林 可夢偉 JPN Toyota 1'21.292 53周 TF106B

BMW ザウバーはハイドフェルドが9番手タイム、クビサが11番手タイム、と相変わらず低空飛行。 まぁ、タイムだけがテストじゃ無いのは判ってますが、上位にいた方が気分は良いものです。。
テストとは無関係ですが、クビサは22歳のバースデー。22歳であの広いおでこは将来に別の不安を感じさせますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/07

バルセロナテスト1日目

F1オフシーズンの合同テスト2回目も前回と同じバルセロナ。
初日は17台が参加して行われました。 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. F.マッサ BRA Ferrari 1'19.046 54周 248F1
2. L.バドエル ITA Ferrari 1'19.708 77周 248F1
3. L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes 1'20.245 79周 MP4-21
4. C.クリエン AUT Honda 1'20.394 89周 RA106
5. F.モンタニー FRA Toyota 1'20.398 96周 TF106B
6. A.デビッドソン GBR SuperAguri Honda 1'20.437 52周 SA06改
7. P.デ・ラ・ロサ ESP McLaren Mercedes 1'20.442 65周 MP4-21
8. J.ロシター GBR Honda 1'20.725 103周 RA106
9. H.コバライネン FIN Renault 1'20.784 67周 R26
10. M.ウェバー AUS RedBull Ferrari 1'21.053 81周 RB2
11. R.クビサ POL BMW 1'21.079 72周 F1.06
12. M.アメミュラー GER RedBull Ferrari 1'21.143 74周 RB2
13. N.ロズベルグ GER Williams Toyota 1'21.182 75周 FW28改
14. G.フィジケーラ ITA Renault 1'21.183 49周 R26
15. 平手 晃平 JPN Toyota 1'21.424 75周 TF106B
16. V.リウッツィ ITA Toro Rosso Cosworth 1'21.472 96周 STR1
17. S.ベッテル GER BMW Sauber 1'22.067 77周 F1.06

ブリヂストンタイヤとの付き合いが長いフェラーリがワンツー。 何気にスーパーアグリが6番タイムって凄いじゃない。。
BMW ザウバーチームはクビサがが11番手、ベッテルが17番手。 まだまだブリヂストンへの適応がこれからの課題でしょう。 なお、クビサのマシンは新しいSSG gearboxのテストを行ったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ふざけるな!! ココログ

53時間メンテが終わって、さてどうなったかと接続してみたらエラー出るし・・・

◇影響内容
管理画面にアクセスしようとすると 1/2 程度の確率でエラーになる。
◇発生日時
2006年12月7日(木)15:00 ~
  障害に関しては復旧作業中です。

更に別のお知らせを見てみると

本メンテナンスは「データベース分散化」及び「ココログベーシック/プラス/プロバージョンアップ」を目的として作業を行っておりました。
昨夜の負荷テストにて、負荷が高まりレスポンスが悪化するという現象が発生いたしました。当初は改善できる項目であると判断し、修正/検証作業を行いましたが、本日になっても原因の特定ができず、問題の解決には更に長時間を要すことが予想されたため、一旦メンテナンス前の状態に戻させていただき、12月7日(木)15時にサービスを再開いたします。

なにぃーー、、53時間も投稿出来ない状態にした割に、何の改善もないまま元の状態に戻しただけ。 しかもその直後からエラー出まくりって。
ふざけてるのか!! ココログのスタッフ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランボルギーニのSUV

記事まとめ書き:12月7日分
シャコタン、ハイリフト、と来てまとめ書きの最後は異色のSUVをお届け。
 ⇒SPY PHOTOS: Lamborghini SUV

0612071

ポルシェ・カイエンに刺激されたのかランボルギーニも大型SUVを計画しているとか。
ランボルギーニはその昔、LM002というV12を積んだ4WDを造っているので今回のSUVも有りかも。 今のランボは4WDが得意なアウディ傘下ですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/06

BMWのハイリフト

記事まとめ書き:12月6日分
シャコタンの次は車高の高い車をお届け。

0612061
          BMW 318i (E21)のハイリフト仕様

以前の記事ではBMW7シリーズのハイリフト仕様をお届けしましたが、今回はチョイ古の3シリーズを上屋にしたハイリフトを発見。 でも何か頼りない感じねん。。

関連記事:BMWで荒れた道を!?
関連記事:このBMWで丘を登る??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/12/05

超シャコタン

記事まとめ書き:12月5日分
エッセンモーターショーでの一コマ。   Essen Motor Show
ドイツ語 ⇒英語 ⇒日本語で翻訳した結果以下のような説明文を得ました。
『駐車場所問題は、最終的にFlat Outによる歴史です。たとえば、全てで最も平らな車は、スペースをとらないトラックの下に駐車されることができます。』

0612051

FLATOUTとボンネットにあるこの超シャコタン車。
タイヤの外径が600ミリとすると車高は700ミリ程度? エンジンを積んでいるとしたらフロントは無理っぽいんでリアなのでしょうね。
車高700ミリならば説明文のようにトラックの下の駐車も可能かと思われますが、駐車した後ドライバーは出てこれるのでしょうか??
検索したら「FlatOut engineering」という古いアメ車のサスを製作する所があったので、その関連の出品かもしれません。

【追記12月10日:別角度からの画像を発見】

0612052

乗り降りはキャンバストップからのようで・・・ でも、やはり大変そう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

F1 2007年暫定エントリーリスト

2007年暫定F1エントリーリスト(12/02)
No. Driver Nat. Team
1 フェルナンド・アロンソ ESP Vodafone McLaren Mercedes
2 ルイス・ハミルトン GBR Vodafone McLaren Mercedes
3 ジャンカルロ・フィジケーラ ITA ING Renault F1 Team
4 ヘイキ・コバライネン FIN ING Renault F1 Team
5 フェリッペ・マッサ BRA Scuderia Ferrari Marlboro
6 キミ・ライコネン FIN Scuderia Ferrari Marlboro
7 ジェンソン・バトン GBR Honda Racing F1 Team
8 ルーベンス・バリチェッロ BRA Honda Racing F1 Team
9 ニック・ハイドフェルド GER BMW Sauber F1 Team
10 ロバート・クビサ POL BMW Sauber F1 Team
11 ラルフ・シューマッハ GER Panasonic Toyota Racing
12 ヤルノ・トゥルーリ ITA Panasonic Toyota Racing
14 デビッド・クルサード GBR Red Bull Racing
15 マーク・ウェバー AUS Red Bull Racing
16 ニコ・ロズベルグ GER AT&T Williams
17 アレクサンドル・ブルツ AUT AT&T Williams
18 TBA TBA Scuderia Toro Rosso
19 TBA TBA Scuderia Toro Rosso
20 クリスチャン・アルバース HOL Spyker F1 Team
20 TBA TBA Spyker F1 Team
22 佐藤 琢磨 JPN TBA Super Aguri F1 Team
23 アンソニー・デビッドソン GBR TBA Super Aguri F1 Team

アロンソが1番を持ったままマクラーレンで走る。 ルノーは残念な事でしょう。
今のところ、トロ・ロッソの2つ、スパイカーF1の1つのシートが未定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/04

BMW Z1のラジコン その3

毎度お馴染み、ネットオークションでBMW Z1の商品探し。
見付けたのはBMW Z1のラジコン その3、スケールは1/24です。 
今回は前回、前々回に比べてオーソドックスなデザイン、ただ残念なのはオープン仕様で無いところですね。

0612041
            ただいま17.99ドルで出品中

関連記事:BMW Z1のラジコン その2
関連記事:BMW Z1のラジコン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ココログ:大型メンテナンス

7月の48時間メンテナンスに続き12月5日(火)10:00~7日(木)15:00に掛けて53時間のメンテナンスが実施予定である。わたし的には同じ53時間でも「真夜中or日中の4時間×2週間でメンテ実施」が理想的なのだが、そんな不連続な時間では思うようなメンテが実施できないのだろう。
ココログのお知らせには「メンテナンス中でもブログの閲覧は可能」とあるが、ブログユーザーには死活問題の投稿等は全く出来ない。
『メンテナンス中でもブログの閲覧のみ可能』と言いなおして欲しいくらいだ。
  ⇒ココログ、メンテナンスのお知らせ

まぁそんな事いっても仕方ないので、今回も記事をまとめ書きする事にしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/03

BMW ザウバー:スイスで打上げ

BMWザウバーF1チームが、本拠地とも言えるスイスで2006年打上げパーティを行った。
場所はチューリヒの南東約150キロにある「フリムス・ラークス」で、この標高3千メートルを超える高地にあるスキー・リゾート地には、世界中から500人ものゲストを迎えて盛大に行われた。
元F1ドライバーでもあるハンス・ストゥックが司会を務めたパーティには、F1チームのニック・ハイドフェルド、ロバート・クビサ、セバスチャン・ベッテルらはもちろん、アンディ・プリオール始めツーリングカー・レースのドライバーらも勢揃いして行われたという。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

0612032

別のニュースサイトや画像を見ても、当初F1に参戦していたジャック・ビルヌーブは居ません。ライバルチームに移籍した訳でもないので呼んであげたら良かったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最後の一葉

ちょっと山の方に行ったら、紅葉を楽しむ間も無く落ち葉が道を覆っています。
そんな時に見付けたこの木。 写真では見難いかもしれませんが枝には葉が一枚しか
残っていません。

0612031

何となくオー・ヘンリーの短編小説「最後の一葉」を思い出させますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/02

前略、道の駅より:能勢(くりの郷)(4)

今回の目的地は大阪府最後の道の駅「能勢(くりの郷)」距離は約48km。
朝9時過ぎに自宅を出発。行きは一般道で大阪市内中央部を北上、この頃は青空も見えて12月に入ったというものの、とても暖かい気候。
ただ慣れない道ばかりで工事渋滞やら何やらで目的地まで2時間掛かりました。

0612022

0612023
            名産品が栗なので「くりの郷」

0612024
          道の駅近く、一庫湖(ひとくらこ)の眺め

帰り道、この写真を撮っている頃にはだいぶモヤってきた感じがしましたが・・・
阪神高速「池田木部」に乗ってすぐ雨が降ってきました。 環状線合流までの約15分間、ワイパーをLOWで動かす雨の中でのオープン走行。 そんなBMW Z1は周囲のドライバーの目にはどんな風に写ったのでしょう。
前を走っていた銀色の VM180 ザガートは幌を閉めてました。 当たり前か(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハイドフェルド、イメチェン??

バルセロナテストも一段落しましたので振り返り記事など。
1日目4番手タイム、2日目2番手タイムと好調だったBMWザウバーのニック・ハイドフェルド。 イメージチェンジなのか、オフテストだからなのかヒゲを伸ばしてました。
その表情というかヒゲ面になにか見覚えが・・・

0612021

現在放送中のTBSドラマ「嫌われ松子の一生」で、要潤演じる龍洋一の現代の姿に重なるのでした。 そんな事思ったのは私だけ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/01

クレーン車タイヤ破裂で幼児重傷

堺市西区の交差点でクレーン車のタイヤが破裂し、その風圧で隣の車に乗っていた男の子が大けがをしました。
事故があったのは堺市西区の交差点で、信号待ちのクレーン車の左前輪のタイヤが突然破裂し、破裂による風圧で、左に止まっていたの村田さん運転の乗用車の後部ドアが大きくへこみ、窓ガラスが粉々に砕けました。この事故で、村田さんの車の後部座席に乗っていた男児(4)が、頭の骨を折るなどの大けが。(読売新聞ニュース

0612011

相手のクレーンは50tラフタークレーン。総重量38tでタイヤ1本には約10tの加重が掛かっていたとニュースは伝えていました。 それにしてもドアのひしゃげ具合はこれが「空気圧」とは俄かに信じがたい光景です。 
まるでバイクが側面からまともに衝突した感じですもの・・・・。
50tクレーンは結構走っているのを見ますし、クレーンに限らず大型ダンプなどのタイヤも危ないとか。 街中には避けようの無い危険が潜んでいますねぇーー。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

バルセロナテスト3日目

F1 バルセロナテスト3日目は、18台が参加して行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. L.バドエル ITA Ferrari 1'16.317 88周 248F1
2. H.コバライネン FIN Renault 1'16.609 119周 R26
3. R.クビサ POL BMW 1'16.729 65周 F1.06
4. L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes 1'17.077 87周 MP4-21
5. R.バリチェッロ BRA Honda 1'17.190 115周 RA106
6. M.ヘネ ESP Ferrari 1'17.340 83周 248F1
7. R.シューマッハ GER Toyota 1'17.359 92周 TF106B
8. N.アンジェロ・ピケ BRA Renault 1'17.428 95周 R26
9. T.グロック GER BMWザウバー 1'17.632 100周 F1.06
10. C.クリエン AUT Honda 1'17.774 105周 RA106
11. D.クルサード GBR RedBull Ferrari 1'17.876 83周 RB2
12. J.トゥルーリ ITA Toyota 1'18.019 72周 TF106B
13. A.デビッドソン GBR SuperAguri Honda 1'18.045 111周 SA06改
14. N.カーティケヤン IND Williams Cosworth 1'18.087 78周 FW28改
15. S.スピード USA Toro Rosso Cosworth 1'18.528 95周 STR01
16. M.アメミュラー GER RedBull Ferrari 1'18.741 71周 RB2
17. V.リウッツィ ITA Toro Rosso Cosworth 1'18.798 99周 STR1
18. M.ハッキネン FIN McLaren Mercedes 1'19.340 79周 MP4-21

テスト3日目の注目はミカ・ハッキネン。 マクラーレンで久々の現場復帰です。
「パワーはV10-3.0リッター時代のほうが強烈だった。
僕のタイムに不満の人がいるかも知れないけれど、今日の目的は誰かを感心させることじゃない。チームのために、僕の経験を活かしてアドバイスを与えるのが目的なんだからね。」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »