« 最速のBMWとは | トップページ | 死語の世界:スペシャリティカー »

2006/11/19

最速のBMWとは:番外編

先の記事「最速のBMWとは」が長くなったのでもう少し書きたかった事を『番外編』としてお届けしまっす。 
それはエンジンだけがBMW製、20世紀最高のスポーツカー マクラーレンF1。
ミッドに搭載されたBMW製 6L-V12エンジンは627馬力。 カタログデータで371km/h、
ロードテストでは最高速386.4km/hを記録。
生産台数は僅か100台(F1が64台、F1-LMが5台、F1-GTが3台、F1-GTRが28台)と
台数は少ないですが、印象に深く残るクルマの一台です。
  マクラーレン ⇒CARS

0611194
            手前がF1、中がF1-LM、後方がF1-GT

関連記事:Autumn Meet 2005:マクラーレンF1

|

« 最速のBMWとは | トップページ | 死語の世界:スペシャリティカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/12742670

この記事へのトラックバック一覧です: 最速のBMWとは:番外編:

« 最速のBMWとは | トップページ | 死語の世界:スペシャリティカー »