« カウンター 30万件突破記念 | トップページ | ダカール2007:桐島ローランド、パリダカ参戦 »

2006/11/24

ダカール2007:大会の概要発表

ダカール・ラリーの主催団体ASOは、2006年11月16日、パリ市内で2007年大会の概要とルートを発表した。
2007年1月6日、前回同様にポルトガルのリスボンをスタート。スペイン、モロッコ、モーリタニア、マリを通過し、1月21日セネガルの首都ダカールにゴールする。14カ所の競技区間、SS(=スペシャルステージ)5010kmを含む総走行距離は8696kmに及ぶ。  
(ニュース元:webCG

0611241

正式大会名「ユーロミルホー・リスボン・ダカール2007」の概要が発表されました。
(ユーロミルホーとはメインスポンサー名:ポルトガルのロトくじ運営組織)
第29回を迎える大会には、世界42カ国からバイク250台、クルマ187台、トラック88台の計525台がエントリー。昨年の大会参加がバイク232台、クルマ174台、トラック69台だった事を考えると微増ですのね。
なお発表会会場には、パリダカ引退宣言を撤回した篠塚建次郎の姿もあり
「前大会は、上位争い、勝負するパリダカ参戦として最後だったんだ。走ることから引退したわけじゃない。これからはマシンやタイヤの開発を手がけていくよ。」とやや言い訳ぎみたコメントを残しております。

|

« カウンター 30万件突破記念 | トップページ | ダカール2007:桐島ローランド、パリダカ参戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/12794632

この記事へのトラックバック一覧です: ダカール2007:大会の概要発表:

« カウンター 30万件突破記念 | トップページ | ダカール2007:桐島ローランド、パリダカ参戦 »