« BMW ザウバー:決勝 | トップページ | BMW ザウバー:日本GPプレビュー »

2006/10/03

BMW 335iクーペ:webCG

クーペボディのBMW3シリーズ「335i」が日本上陸。セダンとは全く異なる衣をまとい、
ツインターボで武装するこのクルマの実力はいかに? (ニュース元:webCG

0610031

定番クーペが遂に日本上陸
ボディサイズは、セダンに比べて全長で65mm長くなっているが、実物はその数字以上に大きく見える。また、巧みなデザインにより伝統のロングノーズを実現する。後方からの眺めも特徴的で、セダンとはまるで違うテールランプのおかげもあり、トランクリッドに付く「335i」のバッジがなければ別のシリーズと見紛うほどの変身ぶりだ。

注目は新開発の直噴ツインターボ
しかし、そのスタイリング以上に注目したいのが、新開発の直噴ツインターボエンジンだ。3リッターのストレート6は、最大200バールの噴射圧を誇るピエゾインジェクターを備えた直噴システムと、2基の小型ターボチャージャーが与えられた。306ps/5800rpmの最高出力をマークするが、驚くべきは1300rpmという低回転から5000rpmにいたる広い範囲で400Nm(40.8kgm)の最大トルクを絞り出すことである。それでいて燃費低減への要求にも応えたといい、「4リッターエンジンのパワーと3リッターエンジンの燃費を両立する」とBMWが謳う、自慢の新システムなのである。
アクセルペダルを床まで踏み込めば、新しいストレート6は即座に臨戦態勢に入り、それまでの豊かさをさらに上回る強大なトルクが堰を切ったように湧き出てくる。とくに4500rpm前後の吹け上がりの鋭さ、トルクの盛り上がりは圧倒的で、4リッターV8並みの実力というのは決して大げさな表現ではなかった。

紳士的に躾けられた足まわり
強大なパワーを受け止める足まわりはそれなりに締め上げられてはいるが、十分に快適さを確保しているのも335iクーペの特徴である。
つまりBMW335iクーペは、クーペというスタイルを採りながらも、快適さとオールマイティさを手に入れた大人のクーペということになる。もちろん、その気になれば圧倒的パワーのエンジンの実力を引き出して、スポーティなドライビングが可能。ドアの大きささえ苦にならなければ、毎日気負いなく乗れる駿足クーペなのだ。

|

« BMW ザウバー:決勝 | トップページ | BMW ザウバー:日本GPプレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/12135401

この記事へのトラックバック一覧です: BMW 335iクーペ:webCG:

» 新型BMW 3シリーズ兄弟集合写真! [BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ]
こうやって見比べると、クーペはスペシャルな感じがしますね〜。 E90とE92のツーショット。 E90とE91とE92のスリーショット。 E90とE91とE92のスリーショット。 [続きを読む]

受信: 2006/10/03 23:41

« BMW ザウバー:決勝 | トップページ | BMW ザウバー:日本GPプレビュー »