« バーチャル RC レーシング | トップページ | BMWジャパン、設立25周年記念グッズ発売 »

2006/06/29

BMW ザウバー:アメリカGPプレビュー

2台そろってポイント獲得を目指す
モントリオールとインディアナポリスのコースには2つの共通点がある。
まず、所在地が北米であること。そして、ミディアムダウンフォースのセットアップが要求される点だ。アメリカGPでは、独特のセットアップが必要とされるが、BMWザウバーは同グランプリの開催を心待ちにしているようだ。 (ニュース元:F1-Live.com

ニック・ハイドフェルド

アメリカGPを楽しみにしているよ。インディアナポリスはアメリカのモータースポーツの聖地だからね。僕らF1ドライバーにとっては、バンクを走行できる機会があるから特別なんだ。でも、基本的にはアクセル全開で、簡単に走ればいいことなんだけどね。
僕らが使用するのはオーバルの一部と、2000年のF1初開催の際に設けられた、多くのコーナーを擁するインフィールドセクション。開催初年度の時は、そのインフィールドセクションを考慮して多くのダウンフォースをつけるべきか、もしくはストレートでのスピードを重視してリアウイングを小さくするべきかで悩むことになった。2006年も、この難題が再び問われることになりそうだよ。エンジンがV10から V8に変わったことで、パワーが200馬力ほど落ちているからね。

ジャック・ビルヌーブ

ストレートはとても長く、スピードは300kmを超えてくる。ウオールぎりぎりを走行しなければならず、その直後には厳しいブレーキングが待っている。これが他のサーキットとは異なっている部分だ。コースの終盤に差しかかると、オーバルとを結ぶ路面のねじれがあり、バンクのついた最終コーナーへと進入する。ここではスピードが280kmに達し、コーナーとは思えないくらいなんだ。ドライブが難しく、路面がバンピーなのも厄介だよ。
でも、ヨーロッパでの連戦を終えてインディーを訪れるのは、いつもうれしいし、パドックの外の雰囲気も最高なんだ。たくさんのカナダ人ファンが駆け付けてくれるし、アメリカのファンも僕のことをよく知っているから、ここでのレースはホームグランプリのように感じているよ。

昨年のアメリカGPはミシュランユーザー全チームが「ボイコット」するという、とんでもないグランプリでした。今年はどんなドラマが展開するのでしょうか。

|

« バーチャル RC レーシング | トップページ | BMWジャパン、設立25周年記念グッズ発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/10725202

この記事へのトラックバック一覧です: BMW ザウバー:アメリカGPプレビュー:

» BMWザウバー〜アメリカGPプレビュー [BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ]
BMWザウバー、アメリカGPに向けてのコメントです。 ニック・ハイドフェルド アメリカGPを楽しみにしているよ。インディアナポリスはアメリカのモータースポーツの聖地だからね。僕らF1ドライバーにとっては、バンクを走行できる機会があるから特別なんだ。でも、基本的にはアクセル全開で、簡単に走ればいいことなんだけどね。開催初年度の時は、そのインフィールドセクションを考慮して多くのダウンフォースをつけるべきか、もしくはストレートでのスピードを重視してリアウイングを小さくするべきかで悩むことに... [続きを読む]

受信: 2006/06/30 07:47

« バーチャル RC レーシング | トップページ | BMWジャパン、設立25周年記念グッズ発売 »