« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/31

衣替え

今年も『あっ』という間に5月まで終わってしまいました。 (ジャネーの法則
学生時代(大昔)はこの時期、衣替えでしたが今は制服もないのでそれもなし。

0605311
 
そうそう、3月25日に注文したBMW Z1の純正部品(補修用)が揃ったそうで、やっぱり2ヶ月掛かったのねーー。 取付けはこれからショップと相談ですが、今度の日曜日で行けると簡単で嬉しいのですが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/30

ザナルディ、BMW・ザウバーF1をテストへ

元F1ドライバーで、その後インディカーによる大アクシデントで両足切断という悲運に見舞われたアレックス・ザナルディ(41歳:イタリア)が、今シーズン終了後、『BMWザウバーF1』のマシンをテストすることがわかった。(ニュース元:FMotor.nifty.com

0605304

昨年フランク・ウィリアムズ繋がりで、BMW ウィリアムズのF1マシンを手のみで操作できるようにし、アメリカGPでデモ走行を行うという話がありましたが、実際には行われなかった(ザナルディの連絡忘れとか?)という経緯があります。
今度はWTCC繋がり(マリオ・タイセン繋がり?)でBMW ザウバーのマシンですか??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

My BMW Z1 17才の誕生日

前の記事で車体番号「00470」のMy BMW Z1の誕生日は1989年5月30日としました。
そうすると今日が17才の誕生日ですね。 17才つながりでこんな記事をお届け。

0605301
     南沙織 17才 1971年

0605302
     河合奈保子 17才 1981年

  0605303
  森高千里 17才 1989年

森高さんが南沙織のカバー曲「17才」をシングルで出したのが1989年5月25日。
私のBMW Z1はこの「17才」が巷に流れている時に生まれて来たのですね~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/29

BMW ザウバー:決勝

ハイドフェルド、7位入賞で2ポイント獲得
BMWザウバーF1チームのニック・ハイドフェルドは7位フィニッシュを果たし、2ポイントを獲得。一方、ドライブスルーペナルティを受けたジャック・ビルヌーブは、14位でレースを終えている。 (ニュース元:F1-Live.com

0605291

ニック・ハイドフェルド 決勝7位  

スタートでポジションを4つ上げたが、その後はクルマがダメージを受けたと思ってペースを落としたんだ。結局、タイヤ、特にリアをハードに使いすぎて、予定よりも早くピットに入った。セーフティカー導入後は、リアタイヤばかりを気にしていたよ。ポイントを獲得できるとは思っていなかったけど、モナコで最も重要なことは、ミスをしないこと。そうすれば、クルマをフィニッシュさせることができるんだ。

ジャック・ビルヌーブ 決勝14位  

クラッチが滑っていて、あまりいいスタートではなかった。第1コーナーはうまくいってジェンソン・バトンを捕らえたんだ。その後は、ブレーキを少しセーブしようとした。
レースが半分過ぎて、リーダーたちに道を空け、デビッド・クルサードにオーバーテイクされたんだ。タイヤに汚れが付着していて、ピットストップを早めに行ったんだけど、うまくいかなかったよ。その後すぐに、セーフティカーが導入されたからね。僕にとって、ドライブスルーペナルティを受けた今日は、あまりいい1日ではなかったよ。

ニックのポイント獲得はスタートで4つポジションを上げた事が大きな要因でしょうね。前を走っていたマシンのリタイアも大きかったでしょうがそれはそれとして。

BMW を中心としたレースの動きはBMW Japanのサイトがお勧め ⇒サイト

【カウンター 22万件突破】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

F1 モナコGP:決勝

予選終了時にはM.シューマッハとアロンソとの対決が見られると思っていたのですが、ミハエルの予選結果剥奪によりアロンソがポールスタート。 追いかける立場のウェバーやライコネンがエンジンブローでリタイアするなどし、アロンソがポール・トゥー・ウィンでモナコ初優勝を飾りました。

1. F・アロンソ ルノー 1:43:43.116
2. J・P・モントーヤ マクラーレン + 14.567
3. D・クルサード レッドブル + 52.298
4. R・バリチェロ ホンダ + 53.337
5. M・シューマッハ フェラーリ + 53.830
6. G・フィジケラ ルノー + 1:02.072
7. N・ハイドフェルド BMW + 1Laps
8. R・シューマッハ トヨタ + 1Laps
9. F・マッサ フェラーリ + 1Laps
10. V・リウッツィ スクーデリア トロ ロッソ + 1Laps
11. J・バトン ホンダ + 1Laps
12. C・アルバース ミッドランドF1 + 1Laps
13. S・スピード スクーデリア トロ ロッソ + 1Laps
14. J・ヴィルヌーヴ BMW + 1Laps
15. T・モンテイロ ミッドランドF1 + 2Laps
16. F・モンタニー スーパー アグリ + 3Laps
Ret. J・トゥルーリ トヨタ + 5Laps
Ret. C・クリエン レッドブル + 21Laps
Ret. N・ロズベルグ ウィリアムズ + 26Laps
Ret. K・ライコネン マクラーレン + 28Laps
Ret. M・ウェーバー ウィリアムズ + 30Laps
Ret. 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 32Laps

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/05/28

冷え冷えクーラー

クーラーと言ってもお部屋用やクルマ用ではなく、パソコン用のクーラーを購入してみました。 以前にも書きましたが、ノートパソコンの電源が突然落ちるという症状が多発(HDのリカバリのより今の所安定)、電源が落ちた時にはパソコン底のメモリー部分がとても高温に成っていた(リカバリ後はそれほどでもないです)ので、はやりそれが電源落ちの主因だったのでしょうね。副因としてはメモリをとても消費するような変な回路(ソフト?)が出来ていたのでしょうが。
んで、4月末にHDDレコーダーを購入した時に貰ったAmazonのギフト券の有効活用を図る為、冷え冷えクーラーの購入と成ったわけです。

0605282

さすがAmazonは仕事が早い。 金曜日の夜注文入れたのに日曜日の朝届きました。
ってそこまでは良かったのですが・・・
今このブログ記事を書こうと再びAmazonのサイトを開いてみると・・・・・
あれっっ、、、 金曜に注文した時の金額と違う。。。
   3,380円 ⇒ 3,097円に成ってる!!
その差額はたったの283円ですがちょっと損した気分。 まぁ今回の買い物はその殆どがギフト分(0円)ですので・・・・・問題なしとしましょう。
ついでに「MobileMeter」というソフトを入れて、CPUの温度とHDDの温度を観察中。
ちなみにCPUは50℃、HDDは40℃が平熱(PCで何も作業しない状態)のようです。
 ⇒ソフト入手はこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMW Z1のミニカー その2

ネタがないと時々登場させるBMW Z1オークションネタ。
今回もebay.comでちょっと変なZ1ミニカーを発見したのでご紹介。

0605281

黄色い時点で怪しさ満点のこの個体。 タイヤも大き過ぎてアンバランスですし
Z1のシールが無いとそれに見えませんね。。
現在US $9.99 で出品中

関連記事:BMW Z1のミニカー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/27

F1 モナコGP:予選

予選最終順位はM.シューマッハ、アロンソ、M.ウェバー、ライコネンの並び。
M.シューマッハとアロンソとの直接対決がまた見られそうですね。

0605271

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/26

BMWの切手

本当は「BMWの切手」ではなくて、今年もBMW320siで活躍するWTCCドライバー「アンディ・プリオールの記念切手」というのが正しいようです。

0605261
  上段左:1995年 イギリス・ヒルクライム・チャンピオンシップ
  上段右:1999年 ルノースピダーカップ
  中段左:2001年 イギリス・フォーミュラ3
  中段右:2004年 ETCC・チャンピオンシップ
  下段左:2005年 ニュルブルクリンク24hレース
  下段右:2005年 WTCC・チャンピオンシップ

WTCC公式サイト ⇒ニュース
色々なパターンで販売中 ⇒切手ショップのサイト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BMW ザウバー:木曜フリー走行

クビカ、電気系のトラブルでクラッシュ
モナコGP初日、BMWザウバーF1チームはF1.06のバランス満足していたものの、フリー走行で予定していたプログラムを終えることはできなかった。
テストドライバーのロバート・クビカが、フリー走行1回目、2回目ともに電気系の問題でクラッシュを喫したことをうけ、チームがその原因を追及しようとクルマを車庫に戻したのだ。 (ニュース元:F1-Live.com

ニック・ハイドフェルド

クルマのバランスに満足していたよ。でも、残念なのは10周しか走れなかったこと。フリー走行では、できる限り多くの周回数を重ねることが重要だから、本当に惜しいことなんだ。ポジティブことは、いくつかのデータを集めたことや何度かスタート練習ができたことかな。

ジャック・ビルヌーブ

クルマはかなりコンペティティブだよ。でも、ロバートのクルマに問題が発生して早くストップするはめになったんだ。だから僕らの本当のレベルはまだ誰も知らない。やるべきことは、本当にたくさんあるよ。

クビカのマシントラブルで、課題の多く残った木曜日だったようですね。
モナコGPは金曜休みという変則的なスケジュールですので、時間がある分少しでも問題改善される事を願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/25

F1 モナコGP:木曜フリー走行

モナコGPは日程が変則的だというのをすっかり忘れていました。
普通のグランプリは金曜にフリー1回目・2回目があるのですが、モナコはそれが木曜に開催なのですねぇ。。

フリー1回目の上位10台
1. F.アロンソ (ESP) Renault M 1'16.712 - 12周
2. A.デビッドソン (GBR) Honda M 1'16.872 +0.160 - 30周
3. G.フィジケーラ (ITA) Renault M 1'16.888 +0.176 - 11周
4. M.シューマッハ (GER) Ferrari B 1'16.973 +0.261 - 8周
5. J.モントーヤ (COL) McLaren Mercedes M 1'17.458 +0.746 - 6周
6. R.クビカ (POL) Sauber BMW M 1'17.869 +1.157 - 19周
7. A.ブルツ (AUT) Williams Cosworth B 1'17.949 +1.237 - 27周
8. J.バトン (GBR) Honda M 1'18.329 +1.617 - 11周
9. R.ドーンボス (NED) Red Bull Ferrari M 1'18.394 +1.682 - 21周
10. R.バリチェッロ (BRA) Honda M 1'18.406 +1.694 - 11周

フリー2回目の上位10台
1. A.ブルツ (AUT) Williams Cosworth B 1'15.907 - 27周
2. A.デビッドソン (GBR) Honda M 1'16.075 +0.168 - 15周
3. J.モントーヤ (COL) McLaren Mercedes M 1'16.138 +0.231 - 24周
4. F.アロンソ (ESP) Renault M 1'16.221 +0.314 - 18周
5. R.ドーンボス (NED) Red Bull Ferrari M 1'16.292 +0.385 - 36周
6. K.ライコネン (FIN) McLaren Mercedes M 1'16.707 +0.800 - 18周
7. G.フィジケーラ (ITA) Renault M 1'16.721 +0.814 - 23周
8. D.クルサード (GBR) Red Bull Ferrari M 1'16.870 +0.963 - 19周
9. J.バトン (GBR) Honda M 1'16.903 +0.996 - 20周
10. F.マッサ (BRA) Ferrari B 1'17.251 +1.344 - 25周

相変わらずLive Timing頼りですが、さすがに難コースのモナコ。 早くもホンダのデビッドソン、BMW ザウバーのクビカはクラッシュの洗礼を受けたようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/24

パソコンのリカバリ

パソコンの調子が悪い(突然電源が落ちる)、購入より2年近く経っている事もありハードディスクのリカバリを行っています。(昨日の夕方から現在も進行中)
工場出荷状態まで戻すのは簡単でしたが、その後の以前使っていた状態に戻す方に時間が掛かっています。 必要と思われる個人データや自分で入れたオンラインソフト等は外付けHDに避難させておいての作業ですがとにかく時間が掛かる。。 プレインストールされているソフトも2年前のモノなのでアレもコレもバージョンアップしなくては使っていた状態にはならないしい。。。
まぁ、お陰さまで昨日から長時間パソコンを稼動させていますが、電源が落ちる事象は再現されないので良しとしましょう。

そんなこんなでブログネタをネットで探す時間もないくなってしまったので、この日常を報告してブログ記事とします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/23

究極の盗難防止装置?

海外のクルマニュースで見付けた一枚。
BMW MINIを守る究極の盗難防止装置かと思いましたが
「PLEASE DO NOT FEED,TEASE,OR ANNOY THE MINI」
食べないでください、じらしてください、悩ましいミニ(直訳で)

0605231

という事で、これ自体が広告媒体に成っているようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMW ザウバー:モナコGPプレビュー

BMW ザウバー:モナコGPプレビュー

モンテカルロでポイント獲得を目指す
ニック・ハイドフェルドとジャック・ビルヌーブは、現在、それぞれ6ポイントを獲得しており、さらなるポイントを目指してモナコへと向かう。チームはコンストラクターズランキングでウィリアムズを抑え5位につけており、このポジションを何とかキープしたいところ。
モナコ公国の公道でのオーバーテイクは非常に難しいが、それでも、ここでのレースはいつもファンを楽しませてくれる。スリルを味わわせてくれる理由の1つとして、道幅が狭く、曲がりくねったコースの特性が上げられ、ミスが大きな代償として直接ドライバーに降りかかってくるのも、見ている者にとってはスリル満点だ。
 (ニュース元:F1-Live.com

ニック・ハイドフェルド

モナコGPは間違いなく、シーズンのハイライトの1つ。アパートやビルの間を縫うようにドライブするのは格別だね。去年はここで2位に入ることができたけど、もし、このような成績を残せなかったとしても、存分にレースを楽しめたんじゃないかな。今回の予選では、同時に多くのマシンがコース上に出るから、これまで以上に混乱すると思う。

ジャック・ビルヌーブ

モナコをドライブするのはとてもエキサイティングだし、おそらく、ザウバーが昨シーズンで1番力を発揮したコースなんじゃないかな。タイヤに関しては、かなりソフトなものを使用することになるから、厳しいだろうけど、僕らのクルマはタイヤに対して優しいから問題ない。それに、モナコGPは何が起こるか分からないレースだ。最後尾からのスタートだって、ポディウムを狙えるし、実際、4台しか完走できなかった年だってあったんだから。モナコはいつも本当に興奮するし、僕らはうまくやれると信じている。

モナコは道が狭い上に変化が多い難コースですね。
追越しも難しいのでスタート順位が重要になりますが、BMW ザウバーはどこら辺のポジションに成るのだろうか。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/22

シートクーラー

今日は暑かったっすね。 大阪市で最高気温28.2度だったとか。
我がBMW Z1は購入時にはエアコンが稼動していたのですが夏前に故障(ウンともスンとも言わなくなりました) BMWディーラーで修理の見積もりをしたら古いフロンガスは使えないのでコンプレッサーやら配管やらを全て新品にして40万円。。 という金額を提示頂いた3年前からそのままエアコン無しの状態でございます。

薄着でドライブしてもシートの背もたれには汗染みが出来たりするので、去年も考えたのですが換気扇の付いたシートカバーを購入してみようかなーー。 去年は検討している内に秋になってしまい購入機会を失ってしまいましたが、、、、

0605221
  シートクーラー:こんな感じの商品で価格は7,000~8,000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/21

もうすぐMy BMW Z1の誕生日

車体番号「00470」のMy BMW Z1、データによると1989年5月の生産です。
  【1989年5月 AL00304~00476 173台】
割り算すると5月30日か31日がロールアウトの日ですね。
ちなみに私の手元に来たのが(なにわナンバー登録)2003年5月30日。
という事で5月30日をMy BMW Z1の誕生日に勝手に決定!!

0605211

忘れてなければ月末に3年間を振り返る記事を書きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/20

レッドブル 翼をさずける。

セブンイレブンのCMでやっと日本でも認知され始めた「レッドブル」 残念ながらセブンイレブンが私の活動範囲内に無いので、まだ飲んでいない・・・・。

さてさて、ブログを検索していて見つけた記事。大阪でもレッドブルの宣伝カー(BMW MINI)が走っていたそうです。
Y's通信「BMWミニのオープンに、数百リッター入りのレッドブル缶が・・・・。
うーん、一度実車を見てみたいものですね。

0605201
  RED BULL宣伝カー(BMW MINI)
ちなみに画像から推定すると宣伝カーに積んでいる缶の大きさは縦150㎝、直径60㎝。
容量はなんと424L!!(市販品250ml缶の1700本分)の容量という事になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/19

F1 ポールリカール合同テスト3日目

F1 ポールリカール3日目は、昨日とはコースの距離を変えて行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. J.ビルニューブ CAN BMW 1'25.379 125周 F1.06 ML
2. H.コバライネン FIN Renault 1'25.736 121周 R26 ML
3. P.デ・ラ・ロサ ESP McLaren Mercedes 1'25.834 120周 MP4-21 ML
4. R.クビカ POL BMW 1'25.931 97周 F1.06 ML
5. F.アロンソ ESP Renault 1'26.033 63周 R26 ML
6. D.クルサード GBR RedBull Ferrari 1'26.172 91周 RB2 ML
7. R.ゾンタ BRA Toyota 1'26.261 101周 TF106 BS
8. G.パフェット GBR McLaren Mercedes 1'26.443 99周 MP4-21 ML
9. R.ドーンボス HOL RedBull Cosworth 1'26.498 44周 RB2 ML
10. N.ジャニ SWI Toro Rosso Cosworth 1'26.668 103周 STR01 ML
11. O.パニス FRA Toyota 1'27.037 82周 TF106 BS
12. F.マッサ BRA Ferrari -------- 3周 248F1 BS

とても珍しい感じもありますが、BMW ザウバーのビルヌーブがトップタイム。
来週のモナコGPに期待しておきましょう。
【追記】
今日のテストは、ビルヌーブの母国であるカナダGPに向けたエアロパッケージとタイヤ選択が中心だったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/18

F1 ポールリカール合同テスト2日目

F1 ポールリカール合同テスト2日目は、7チーム12台が参加して行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. F.アロンソ ESP Renault 1'05.363 122周 R26 ML
2. H.コバライネン FIN Renault 1'05.546 111周 R26 ML
3. J.ビルニューブ CAN BMW 1'05.563 148周 F1.06 ML
4. C.クリエン AUT RedBull Ferrari 1'05.577 50周 RB2 ML
5. J.トゥルーリ ITA Toyota 1'05.624 143周 TF106 BS
6. F.マッサ BRA Ferrari 1'05.686 120周 248F1 BS
7. J.モントーヤ COL McLaren Mercedes 1'06.080 121周 MP4-21 ML
8. D.クルサード GBR RedBull Ferrari 1'06.083 47周 RB2 ML
9. K.ライコネン FIN McLaren Mercedes 1'06.266 56周 MP4-21 ML
10. R.シューマッハ GER Toyota 1'06.333 112周 TF106B? BS
11. V.リウッツィ ITA Toro Rosso Cosworth 1'06.369 169周 STR1 ML
12. N.ハイドフェルド GER BMW 1'06.629 93周 F1.06 ML

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/17

F1 ポールリカール合同テスト1日目

F1 ポールリカール合同テスト1日目は、7チーム12台が参加して行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. F.アロンソ ESP Renault 1'05.686 143周 R26 ML
2. F.マッサ BRA Ferrari 1'05.707 143周 248F1 BS
3. J.トゥルーリ ITA Toyota 1'05.752 117周 TF106 BS
4. H.コバライネン FIN Renault 1'05.889 174周 R26 ML
5. K.ライコネン FIN McLaren Mercedes 1'05.996 68周 MP4-21 ML
6. J.モントーヤ COL McLaren Mercedes 1'06.177 103周 MP4-21 ML
7. N.ハイドフェルド GER BMW 1'06.466 100周 F1.06 ML
8. R.クビカ POL BMW 1'06.586 123周 F1.06 ML
9. S.スピード USA Toro Rosso Cosworth 1'06.725 150周 STR01 ML
10. R.シューマッハ GER Toyota 1'07.090 104周 TF106B? BS
11. C.クリエン AUT RedBull Ferrari 1'07.016 65周 RB2 ML
12. R.ドーンボス HOL RedBull Ferrari 1'07.016 83周 RB2 ML

合同テストは結構久々ですねーー。各チームとも周回数を重ねていたようです。
BMWザウバーのテスト内容
ハイドフェルドとクビカは共にモナコGP向けのエアロパッケージ、ミシュランタイヤの評価を行いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/16

ハイドフェルド、新型ステアリングをテスト!?

スペインGPから一夜明けたハイドフェルド、サーキットから場所を移して新型ステアリングのテストでしょうか。 新型ステアリングはかなり大径でアナログな感じ。。

0605161

って画像を見ればすぐに判りますが、先日の記事でお伝えしたBMW オラクル・レーシングのクルーとしてヨットに乗船した時の1コマでした。

関連記事:ハイドフェルド、アメリカズカップに挑戦

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/15

BMW ザウバー:決勝

ハイドフェルド、ポイント獲得に満足
スペインGP決勝、BMWザウバーF1チームのニック・ハイドフェルドはマーク・ウェバー(ウィリアムズ)を抑えて8位入賞を果たし、見事、ポイントを獲得。エンジン交換によるペナルティで最後尾スタートだったジャック・ビルヌーブは、ワンストップ戦略を採り、12位でレースを終えている。 (ニュース元:F1-Live.com

0605151_1

ニック・ハイドフェルド 決勝8位  

とても嬉しいよ。僕らの目標は予選で10番以内に入ること、そしてレースでポイントを獲得すること。両方とも達成できたんだ。
スタートは良くなかったけど、何とか10番手の位置を守ったんだ。クルマのバランスは、ずっと良かったね。ルーベンス・バリチェロをオーバーテイクするのは、とても重要だったよ。その時点では、彼のクルマが重くて僕のクルマは軽かったからね。彼が僕を退けていたら、僕はポイントを獲得していなかったと思うよ。でも、1コーナーで外側からオーバーテイクできたから、すごく楽しかったよ。

ジャック・ビルヌーブ 決勝12位  

スタートは良かったけど、好発進したSUPER AGURIの2台が前に立ちはだかって、どうすることもできなかったよ。問題はブレーキが遅かったこと。デビッド・クルサード(レッドブル)の隣を走っていたら、彼が僕をワイドにプッシュしてきたんだ。まあ、しょうがないけどね。それで最初の2、3周で6秒もタイムロスしたんだけど、今日は大して頑張れなかったね。スタートに問題がなくても、良くて10位フィニッシュだったと思うよ。レースペースは良かったし、モナコに向けてエンジンのマイレージがたっぷりあるから、モナコではたくさん走ることができるし、速いはずだ。

うーん、最初のタイトルは「F1-Live.com」のものなのですが、ポイント1で満足してちゃいかんでしょう。

BMW を中心としたレースの動きはBMW Japanのサイトがお勧め ⇒サイト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

F1 スペインGP:決勝

アロンソが母国GPでポールトゥーウィン。
青(ルノー)と赤(フェラーリ)の速さが目立ったスペインGPでした。

1. F・アロンソ ルノー 1:26:21.759
2. M・シューマッハ フェラーリ + 18.502
3. G・フィジケラ ルノー + 23.951
4. F・マッサ フェラーリ + 29.859
5. K・ライコネン マクラーレン + 56.875
6. J・バトン ホンダ + 58.347
7. R・バリチェロ ホンダ + 1Laps
8. N・ハイドフェルド BMW + 1Laps
9. M・ウェーバー ウィリアムズ + 1Laps
10. J・トゥルーリ トヨタ + 1Laps
11. N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1Laps
12. J・ヴィルヌーヴ BMW + 1Laps
13. C・クリエン レッドブル + 1Laps
14. D・クルサード レッドブル + 1Laps
15. V・リウッツィ スクーデリア トロ ロッソ + 1Laps
16. T・モンテイロ ミッドランドF1 + 3Laps
17. 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 4Laps
Ret. C・アルバース ミッドランドF1 + 17Laps
Ret. S・スピード スクーデリア トロ ロッソ + 19Laps
Ret. R・シューマッハ トヨタ + 35Laps
Ret. J・P・モントーヤ マクラーレン + 48Laps
Ret. F・モンタニー スーパー アグリ + 55Laps

フェルナンド・アロンソ  

今日は僕にとって一生忘れることのできない感動的な1日になった。そもそも、午前にファン・カルロス国王を乗せてコースを1周したことが大きな出来事だった。
スタートはフィジケーラのほうが良かったけど、レースではスタートしてすぐに十分コンペティティブであることがわかったので、必ず勝てると信じて走っていたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/05/14

ハイドフェルド、アメリカズカップに挑戦

スペインGPで10番グリッドからスタートするハイドフェルド、本戦が終わったら休む間もなくアメリカズカップに挑戦だそうです。 とは言ってもただ単にゲスト扱いでヨットに乗り込むだけのようですけどね。

BMW ザウバーF1チームのドライバーであるニック・ハイドフェルドが15日、ヨットのF1と呼ばれるアメリカズカップのプレレガッタ(前哨戦シリーズ)に、BMW オラクル・レーシング18人目のクルーとして乗船する。
クルーの定員は17人だが、ヨットの操作・指揮に関与しない限りウェイト代わりに18人目が乗船できる。スペインGP翌日にヨットレースに参加するハイドフェルドは「アメリカズカップは今までテレビで見たことがあるが、これを船上で体験するチャンスを本当に心待ちにしている」と述べている。 (ニュース元:Response

0605151

釣り船に乗って船酔した経験のある私としては、ヨットなんてとても乗る気に成りません。 ニックは船酔いに強いのかな~~。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/13

F1 スペインGP:予選

予選最終順位はアロンソ、フィジケラ(ルノー)、M.シューマッハ、マッサ(フェラーリ)の並びと成りました。

0605141

それにしても上位はポンポンと1分14秒台を出していますが、これって去年のトップタイムと殆ど変わらないですねぇーー。 エンジンがV10-3.0LからV8-2.4Lに変わりエンジンパワーは確実に落ちているのに、、、F1マシンって凄いのね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BMW ザウバー:金曜フリー走行

ビルヌーブ、レース用のセッティングに専念
スペインGPの初日、BMWザウバーの3人のドライバーはトラブルフリーでプログラムを完了した。ハイドフェルドは1分17秒844で12番手、クビカは1分17秒622で13番手、1分18秒007を記録したビルヌーブは16番手につけた。予定外のエンジン交換を強いられることとなったビルヌーブは、10グリッドの降格が決まっているため、決勝に向けてのセットアップに専念している。 (ニュース元:F1-Live.com

ニック・ハイドフェルド

今日、僕はタイヤを比較したけど、トラブルフリーで全てスムーズに進んでよかった。

ジャック・ビルヌーブ

風が強かったし、気温が高かったから、コースコンディションはいつものテスト状況とはかなり違ったね。決勝は後方からのスタートになるから、今日はレースを見据えて重い燃料で走ることに集中したよ。ここはオーバーテイクが難しいサーキットだから、順位を上げていくのは厳しくなるだろうけどね。

0605133

ビルヌーブがエンジン交換(=予選グリッド10番降格)する原因は、輸送中にエンジンを落としたのでは? というニュースも出ていました。 そんなBMW ザウバーにはこのステッカーをプレゼントしましょう。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BMW コンセプトクーペ ミッレミリア2006

独BMWが、新しいコンセプトカー「コンセプトクーペ ミッレミリア2006」を発表した。BMW史に名を残した偉大なレーシングカーの1台「BMW 328クーペ」と、現代の「Z4クーペ」にヒントを得て製作したというこのモデルは、いままさにイタリアで開催中のクラシックカーレース「ミッレミリア」の会場でお披露目され、レース前に参加者から大いに注目を集めたという。 (ニュース元:DrivingFuture

0605131
0605132

記事の画像ではCGのようにも見えてしまいますが、ちゃんと実車です。
エンジン等中身があったかは判りませんけどね。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/12

F1 スペインGP:金曜フリー走行

金曜フリー走行、ウエット路面からのスタートでした。
佐藤琢磨がトップ10入り!! とは言っても1回目にタイムを出したのは9台しか居なかったのですが・・・・

フリー1回目の上位10台
1. F.マッサ (BRA) Ferrari B 1'15.796 - 4周
2. M.シューマッハ (GER) Ferrari B 1'16.099 +0.303 - 4周
3. A.ブルツ (AUT) Williams Cosworth B 1'16.125 +0.329 - 21周
4. R.クビカ (POL) Sauber BMW M 1'16.628 +0.832 - 21周
5. A.デビッドソン (GBR) Honda M 1'16.961 +1.165 - 24周
6. R.ドーンボス (NED) Red Bull Ferrari M 1'17.424 +1.628 - 20周
7. N.ジャニ (SUI) Toro Rosso Cosworth M 1'19.720 +3.924 - 20周
8. G.モンディーニ (ITA) Midland Toyota B 1'20.708 +4.912 - 21周
9. 佐藤 琢磨 (JPN) Super Aguri Honda B 1'20.744 +4.948 - 9周

フリー2回目の上位10台
1. A.デビッドソン (GBR) Honda M 1'16.533 - 38周
2. R.ドーンボス (NED) Red Bull Ferrari M 1'16.824 +0.291 - 29周
3. F.アロンソ (ESP) Renault M 1'16.860 +0.327 - 16周
4. A.ブルツ (AUT) Williams Cosworth B 1'17.075 +0.542 - 30周
5. C.クリエン (AUT) Red Bull Ferrari M 1'17.086 +0.553 - 10周
6. M.シューマッハ (GER) Ferrari B 1'17.100 +0.567 - 21周
7. G.フィジケーラ (ITA) Renault M 1'17.291 +0.758 - 17周
8. J.バトン (GBR) Honda M 1'17.414 +0.881 - 12周
9. R.バリチェッロ (BRA) Honda M 1'17.417 +0.884 - 16周
10. R.シューマッハ (GER) Toyota B 1'17.506 +0.973 - 25周

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/11

エンジン・オブ・ザ・イヤー2006

昨年も同じ話題「エンジン・オブ・ザ・イヤー・アワード」を取り上げましたが、今年も発表があったので記事にしておきましょう。
エンジンオブザイヤーの公式サイト

インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー 2005
BMW 5.0L V10(BMW M5,BMW M6)

ベスト・ニューエンジン
Toyota 1.5-litre Hybrid Synergy Drive (Prius)

ベスト・エコノミー
Toyota 1.5L Hybrid(プリウス)

ベスト・パフォーマンスエンジン
BMW 5.0L V10(BMW M5,BMW M6)

ベスト・エンジン1.0L以下
Honda 1-litre IMA (Insight)

ベスト・エンジン1.0L~1.4L
Volkswagen 1.4-litre TSI Twincharger (Golf)

ベスト・エンジン1.4L~1.8L
Toyota 1.5-litre Hybrid Synergy Drive (Prius)

ベスト・エンジン1.8L~2.0L
Volkswagen 2-litre Turbo (Golf, Audi A3, A6, SEAT Leon, Skoda Octavia)

ベスト・エンジン2.0L~2.5L
Subaru 2.5-litre Turbo (Impreza, Forester, Saab 9-2X)

ベスト・エンジン2.5L~3L
BMW 3.0L twin-turbo straight-six diesel(BMW 535d)

ベスト・エンジン3L~4L
BMW 3.2L straight-six(BMW M3,Z4M)

ベスト・エンジン4L以上
BMW 5.0L V10(BMW M5,BMW M6)

BMWの受賞は嬉しいのですけど、去年と顔ぶれが殆ど変わらないのは何故??
関連記事:BMW エンジンオブザイヤーで賞を独占?

【カウンター 21万件突破】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/10

まっすぐなバナナ?

JCBが最高速にチャレンジ。 と言っても私が毎日のように使っているカード会社の事ではありまえん。 イギリスのパワーショベルなど車両を製造する会社のJCB。
そのJCBが、ディーゼル・エンジンを積んだスーパーカー『JCB Diesel Max』を開発し、スピードの世界記録に挑戦する。(ニュース元:Response

0605101
           まるでまっすぐなバナナですねん!!

全長8.9mのJCB Diesel Maxには、同社のパワーショベルに使用されている750bhpのディーゼル・エンジン「JCB444」が2機搭載されている。最高速度は300マイル/h(483km/h)を目標としており、これは1973年に記録されたディーゼルエンジン車の世界記録235.756マイル/hを上回る。 のだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/09

BMW ザウバー:スペインGPプレビュー

ビルヌーブ、バルセロナに期待
先週に引き続き、F1GPは今週末もカタロニア・サーキットでグリッドにマシンを並べる。このタイトなスケジュールのため、チームは記録的な速さで荷物の梱包(こんぽう)と荷解きを済まさねばならない。チームのトラックとモーターホームは、ドイツのアイフェルからバルセロナまで、優に1,300kmの距離を移動することになる。もちろんスタッフは皆、一息入れる暇もなく、テストを行う余裕などない。 (ニュース元:F1-Live.com

ニック・ハイドフェルド

バルセロナでは多くのテストが行われるので、ドライバーにとっては、なじみのサーキットだ。カタロニア・サーキットは空力面で非常にチャレンジングなコースなんだ。一言で言うと、全体的に速く、高速コーナーでは空力がとても重要になる。あとは、フェルナンド・アロンソの出現によって、観客の熱がすごく高まった。最後に行ったテストのときに、新しいスタンドが作られているのを見たし、チケットは売り切れだと聞いた。スペインGPはとてもいいレースになりそうだよ。

ジャック・ビルヌーブ

カタロニアはいいサーキットで、僕はこれまで3勝を挙げている。何度もテストを行っている走り慣れたコースだ。エキサイティングな高速コーナーがいくつかあるけど、オーバーテイクポイントはそれほど多くない。アンダーステアとの戦いだ。コースはともかく、バルセロナは最高の町だよ! 人々は付き合いが良く、雰囲気も素晴らしくて、いいところなんだ。僕はあの町のライフスタイルがとても好きなんだよ。カタロニア語は時々分かりにくいけど、片言のスペイン語でなんとかなるものさ。

近頃普通のネタが無く、F1の記事ばかりでごめんなさい。
さて今週末は連戦でスペインGP。 早々とチームコメントが出ています。

【追記:5/12】
ビルヌーブ、8位入賞したヨーロッパGP決勝レース後にエンジンの異常が発見され、今週のスペインではエンジン交換(=予選グリッド10番降格)だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/08

BMW ザウバー:決勝

ビルヌーブ、念願のポイント獲得!
ヨーロッパGP決勝、BMWザウバーF1チームのジャック・ビルヌーブは力強い走りを見せたが、惜しくも2度目のピットストップでフィジケラに追い越され、8位フィニッシュ。ニック・ハイドフェルドは10位でレースを終えた。
素晴らしいスタートを切り、序盤、可能性ある走りを見せたが、終盤になるとF1.06のペースは衰えていったようだ。 (ニュース元:F1-Live.com

0605081

ニック・ハイドフェルド 決勝10位  

ロケットスタートを切ったよ。1コーナーで4つもポジションを上げたんだ。それから僕は懸命にプッシュしたけれど、クルマのバランスに苦しんでいて、僕の前にいたドライバーのペースに追いついていけなかった。これはイモラからずっと悩んでいることだけど、まだ解決されていないんだ。最重要課題としてこれを分析しなければいけないね。

ジャック・ビルヌーブ 決勝8位  

全体的にいい結果だよ。フィジケラとの接戦はすごいバトルだったね。彼のクルマなら僕をオーバーテイクできると思っていたけど、2度目のピットストップまでは、僕の後ろにいたままだった。その点は良かったよ。ピットから出る時は、燃料を積んでいるからプッシュするのが難しいんだけど、一旦、タイヤが慣れてくるとクルマの調子が上がってリズムも良くなったよ。

2台ともスタートダッシュは決めたものの、最終的にはぼちぼちの結果でした。
相変わらずフジの地上波では殆ど写りませんでしたけど。(笑

BMW を中心としたレースの動きはBMW Japanのサイトがお勧め ⇒サイト

| | コメント (0) | トラックバック (2)

F1 ヨーロッパGP:決勝

今GPもサンマリノGPに引き続きM.シューマッハとアロンソの一騎打ち。
シューマッハの勝因はピットタイミング等のチーム戦略でしたね。
BMW ザウバーの成績はあまり伸びずにハイドフェルド10位、ビルヌーブ8位。相変わらずフジの地上波では殆ど姿を見る事は有りません。(笑

1. M・シューマッハ フェラーリ 1:35:58.785
2. F・アロンソ ルノー + 3.700
3. F・マッサ フェラーリ + 4.400
4. K・ライコネン マクラーレン + 4.800
5. R・バリチェロ ホンダ + 1:12.500
6. G・フィジケラ ルノー + 1:14.100
7. N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1:14.500
8. J・ヴィルヌーヴ BMW + 1:29.300
9. J・トゥルーリ トヨタ + 1 laps
10. N・ハイドフェルド BMW + 1 laps
11. S・スピード スクーデリア トロ ロッソ + 1 laps
12. T・モンテイロ ミッドランドF1 + 1 laps
13. C・アルバース ミッドランドF1 + 1 laps
Ret. R・シューマッハ トヨタ + 7Laps
Ret. J・P・モントーヤ マクラーレン + 7Laps
Ret. 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 15Laps
Ret. F・モンタニー スーパー アグリ + 30Laps
Ret. C・クリエン レッドブル + 31Laps
Ret. J・バトン ホンダ + 31 laps
Ret. M・ウェーバー ウィリアムズ + 48Laps
Ret. D・クルサード レッドブル + 60Laps
Ret. V・リウッツィ スクーデリア トロ ロッソ + 60Laps

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006/05/07

BMW ザウバー:新スポンサーにDELL

デルがBMWザウバーF1チームのオフィシャルパートナーとなり、今日の土曜日のプラクティスで、デルのロゴがBMWザウバーF1.06のサイドポッドの前面とドライバーのヘルメットを飾るだろう。さらに、オーバーオールや、チームの上着などがデルブランドのディスプレイとなるだろう。  
BMWザウバーF1チームのオフィシャルパートナーとなる新たな協力関係は、デル社製品がレーストラック上、また、ミュンヘンとヒンウィルにあるF1施設において用いられることを意味している。BMWザウバーF1チームの新たなピットレーンパークもデル社によって支援される。 (ニュース元:F1-Racing.NET

0605071
  早速マシンとヘルメットにはDELLのロゴが入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/06

F1 ヨーロッパGP:予選

フェラーリのM.シューマッハとルノーのアロンソ。予選の1st、2nd、3rd共トップ争いを展開し、最終的にはアロンソに軍配が上がりました。
それにしてもたまにはライブタイミングだけでなく、テレビ放送見てみたいなーー。
頼むよKTV。。

0605061

| | コメント (0) | トラックバック (6)

F1 ヨーロッパGP:土曜フリー走行

金曜のフリー走行は32秒止まりでしたが、フリー3回目ではフェラーリ、M.シューマッハが30秒台に入れてきました。その後はフェラーリのマッサ、トヨタのR.シューマッハ、BMWのビルヌーブ、ルノーのフィジケラが1秒以内で続いています。
1~3位のクルマはブリヂストンタイヤを履いていますので、ここに来てBSも戦闘力が上がってきたのでしょうね。

フリー3回目の上位10台
1. M.シューマッハ (GER) Ferrari B 1'30.788 - 12周
2. F.マッサ (BRA) Ferrari B 1'31.093 +0.305 - 10周
3. R.シューマッハ (GER) Toyota B 1'31.395 +0.607 - 21周
4. J.ビルニューブ (CAN) Sauber BMW M 1'31.531 +0.743 - 13周
5. G.フィジケーラ (ITA) Renault M 1'31.584 +0.796 - 12周
6. F.アロンソ (ESP) Renault M 1'31.807 +1.019 - 14周
7. J.バトン (GBR) Honda M 1'32.104 +1.316 - 16周
8. C.クリエン (AUT) Red Bull Ferrari M 1'32.197 +1.409 - 13周
9. V.リウッツィ (ITA) Toro Rosso Cosworth M 1'32.290 +1.502 - 17周
10. K.ライコネン (FIN) McLaren Mercedes M 1'32.320 +1.532 - 11周

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMW ザウバー:金曜フリー走行

バランスに課題を残すも、クビカが好タイム
BMWザウバーは初日に行われた2回のセッションをそつなくこなしたものの、ドライバーはクルマのバランスに苦しんでいた様子。
テストドライバーのロバート・クビカは1回目のセッションで2番手、2回目のセッションでは4番手タイムをマーク。ニック・ハイドフェルドとジャック・ビルヌーブの両ドライバーは、1回目のセッションには参加せず、2回目のセッションでそれぞれ20番手と24番手。 
(ニュース元:F1-Live.com

ニック・ハイドフェルド  

技術的なトラブルはなかったけど、クルマのバランスは満足していない。クルマのリアがすごくナーバスなんだ。でも、今日のセッションで、多くのデータを集めることができたから、予選に備えてクルマを仕上げていくよ。

ジャック・ビルヌーブ

最後の走行で渋滞に引っかかったということもあり、ちゃんとした計測ラップを走れなかったから、何が問題なのかは、はっきりとしないんだ。クルマはかなり滑るし、セットアップ作業を入念に行う必要があると思う。実際、それほどクルマは悪くなく、心配するほどではないけど、現時点でのクルマの仕上がりを見ると、競争力はないかもしれないね。

クルマのバランスが悪いようでレースドライバーの二人は苦労したみたいです。
反面サードのクビカは結構良いタイムで周回を重ねていたので、そのデータを基にセットアップをうまく行いポイント圏外での戦いは避けて欲しいなぁーー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/05

F1 ヨーロッパGP:金曜フリー走行

直前に発表のあったスーパーアグリの井出有治、レースドライバーからの降格。 
更に金曜フリー走行にも出られないようでは、このままF1の世界からフェードアウトの可能性もあるのかな??
さてその金曜フリー走行、1回目は相変わらず走らないレースドライバーが多いです。
フリー2回目はさすがにレースドライバーも走り出しましたね。
タイム的には両方ともトップを出したのはウィリアムズのブルツ。 先のサンマリノGPで久々優勝したM.シューマッハも引き続き好調のようです。

フリー1回目の上位10台
1. A.ブルツ (AUT) Williams Cosworth B 1'32.079 - 20周
2. A.デビッドソン (GBR) Honda M 1'32.399 +0.320 - 29周
3. R.クビカ (POL) Sauber BMW M 1'32.852 +0.773 - 22周
4. M.シューマッハ (GER) Ferrari B 1'32.858 +0.779 - 4周
5. R.ドーンボス (NED) Red Bull Ferrari M 1'32.944 +0.865 - 19周
6. J.バトン (GBR) Honda M 1'33.635 +1.556 - 7周
7. R.バリチェッロ (BRA) Honda M 1'34.213 +2.134 - 6周
8. K.ライコネン (FIN) McLaren Mercedes M 1'34.402 +2.323 - 5周
9. R.シューマッハ (GER) Toyota B 1'34.995 +2.916 - 6周
10. A. スティール (GER) Midland Toyota B 1'35.332 +3.253 - 21周

フリー2回目の上位10台
1. A.ブルツ (AUT) Williams Cosworth B 1'32.675 - 27周
2. F.アロンソ (ESP) Renault M 1'33.579 +0.904 - 14周
3. M.シューマッハ (GER) Ferrari B 1'33.619 +0.944 - 14周
4. R.ドーンボス (NED) Red Bull Ferrari M 1'33.799 +1.124 - 25周
5. A.デビッドソン (GBR) Honda M 1'33.870 +1.195 - 29周
6. R.シューマッハ (GER) Toyota B 1'33.883 +1.208 - 19周
7. J.バトン (GBR) Honda M 1'33.920 +1.245 - 12周
8. R.クビカ (POL) Sauber BMW M 1'33.991 +1.316 - 30周
9. G.フィジケーラ (ITA) Renault M 1'34.030 +1.355 - 19周
10. A.スティール (GER) Midland Toyota B 1'34.179 +1.504 - 23周

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMW ザウバー:ピットレーン・パーク催し物

昨日はピットレーン・パークの建物だけを紹介しましたが、今日は催し物もご紹介。

0605051
0605052
  N.ハイドフェルド、地元GPだけに張り切っています。

0605053
  BMW製P86エンジンやステアリング等も展示。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006/05/04

BMW ザウバー:ピットレーン・パーク完成

ヨーロッパGP開催に向けてBMWが計画していた「ピットレーン・パーク」が完成。
まだ形が出来ただけで実際のファンサービスはこれからのようですが、BMW Sauber F1
のホームページに出ていた画像を貼り付けておきましょう。

0605042

関連記事:BMW ザウバー:ファンサービスに意欲的アイデア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民の休日 ⇒ みどりの日

今年は4/29が「みどりの日」、来年からは同じ4/29が「昭和の日」。
となる事はなんとなく判っていましたが、、、、、、
今日5/4が「国民の休日」から「みどりの日」になるのは知りませんでした。
「みどりの日」はお引越しだったのです。 何ともややこしいぃぃ。。

上記話題と殆ど関係ないですが「みどり市」なる新しい市が市町村合併により群馬県に誕生してました。
0605041


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

個性的なカラーのBMW Z1

ゴールデンウィーク、余暇を利用してネットで検索三昧でぇーす。
さてドイツのBMW Z1クラブで見付けた個性的なカラーの個体をご紹介。

0605031
 シルバーにブルーのグラディエーション。 アルピナホイールもgood。

関連記事:個性的な顔のBMW Z1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

BMW 350i ??

本国ではBMW 3シリーズクーペが発表され、3.0Lツインターボエンジンを積んだトップモデルBMW 335iが話題となっていますが、、、、、、

0605021

そんな中「BMW 350i」を海外のサイトで発見!!
ってどう見ても5シリーズですので530iの間違いですよね~~。 (笑
BMW 350iを名乗るならこの位派手じゃなくちゃ・・・・

0605022
3のボディにM5の5Lエンジンを乗っけちゃいました。HARTGE H50 V10

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/01

WTCC:第2戦マニクール

Race1ではD.ミューラー、J.ミューラーのBMW 320siがワンツー。続くRace2でもA.プリオール、J.ミューラーがワンツー。
マニファクチャーズポイントでもセアト、アルファを逆転しBMWがトップに立ちました。

06005011

| | コメント (0) | トラックバック (2)

BMW ザウバー:ヨーロッパGPプレビュー

ホームレースに改良エンジン投入
BMWザウバーF1チームにとって、ニュルブルクリンクで行われるヨーロッパGPはホームグランプリ。チームは大きな期待を寄せているようだ。
2006年F1第5戦開幕を前に、サーキットでは数々のイベントが催される。そのひとつがBMWザウバーF1チーム公認のピットレーンパーク。さらに、F1ファンにとっては、同チームのドライバーがハンドルを握ったマシンでのサーキット同乗走行も楽しみのひとつ。
 (ニュース元:F1-Live.com

ニック・ハイドフェルド

僕が生まれ育ったメンヘングラートバッハの町は、ニュルの目と鼻の先で、初めて自転車でここを走ったのは3歳のときだったな。僕たち3人兄弟は、よく父に連れられてニュルにやってきたものさ。冬にはノルトシュライフェ(全長約20.8kmの北コース)でボブスレーをやったんだよ。そして、8歳で初めてニュルでゴーカートのハンドルを握ったというわけ。本当にいい思い出だよ。ここでは多くのレースを経験したしね。Fフォード、F3、F3000、そしてF1。ずいぶん優勝もしたし、すべてのレースに思い入れがある。去年、F1初ポールを獲ったのもニュルだ。地元ファンの声援を受けての決勝は2位表彰台で、とてもいい気分だったよ。もちろん、余計なプレッシャーなんて感じないさ。反対に、みんなのサポートをすごく期待しているんだ。他のサーキットで、あれほど多くのファンを目にすることはないからね。

ジャック・ビルヌーブ

過去にいい成績を上げているとはいえ、ニュルブルクリンクは好きなサーキットとはいえないな。1996年に初優勝したのがニュルなら、翌年、最後に勝ったのもここだ。去年のヨーロッパGPは僕にとって最も辛いレースのひとつだった。第1セクターが新しいレイアウトになってからは、以前ほどいいサーキットではなくなってしまったね。いちばん好きになれないサーキットといっても過言ではないと思う。でも、BMWにとって重要な、地元ドイツでのレースだから、いいリザルトを出すに越したことはない。

ハイドフェルド、ビルヌーブ共に思い出深いサーキットのようですね、好き嫌いと感想は分かれるようですが。 ピットレーンパークは画像が出たら再度紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »