« F1 オーストラリアGP:予選 | トップページ | F1 オーストラリアGP:決勝 »

2006/04/02

F1日本GPは富士と鈴鹿の合同開催!!

「エイプリルフール」
自分で創作する才能がないので、このブログでの発信は出来ませんでしたが「他力本願」で面白かった記事をご紹介。 オートギャラリーネット ⇒4月1日特集

空を飛んだりイナバウアーを披露したりするアシモも面白かったですが、私一番のお気に入りはF1日本GPを富士単独ではなく鈴鹿との合同開催というもの。
0604021

レースの予選は富士スピードウェイで通常通り行われ、決勝グリッドを決定。決勝は富士スピードウェイからスタート。コースをたった2周してサーキットを飛び出し、片面封鎖された東名高速を経由、鈴鹿サーキットまで全開走行する。鈴鹿サーキット到着後は、サーキット1周のみをラップしてチェッカーフラッグを受ける。
途中ピットストップするサービスエリアは各チームが自由に選択可能。トップチームは浜名湖SA辺りの利用が見込まれるため、現在浜名湖SAに大規模な観客席の建設工事が進行中。
なお、グランプリ当日は、東名高速道路の脇への進入も許可され、日本政府から配られる日本の旗を振っての応援も可能だ。
公道をF1マシンが走るというと往年のレース漫画「赤いペガサス」を思い出しますね。
って年齢がかなり限定されると思いますが・・・・
ちなみに富士スピードウェイから鈴鹿サーキットまでの距離を地図検索すると314km、富士2周で9km、鈴鹿1周で6km、合計で約330kmのレースと成ります。 この距離は通常のレースより20km程長いですがレースとしては成立するのかぁーー (笑

あとResponseで「ロータスがスポーツピックアップを生産開始」という記事が。特にコメントは無いですがLotus Carsが発信したエイプリルフールネタのようです。 ⇒Response
0604022
ロータス初のライトコマーシャルビークルが4月1日、生産ラインをロールオフした。同社が4月1日付けで発表した。『エリーゼ』をベースに開発され、フラットベッドをもつ。車名は『エリーゼ・ロードラッガ』(Load Lugga)。

|

« F1 オーストラリアGP:予選 | トップページ | F1 オーストラリアGP:決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/9388094

この記事へのトラックバック一覧です: F1日本GPは富士と鈴鹿の合同開催!!:

« F1 オーストラリアGP:予選 | トップページ | F1 オーストラリアGP:決勝 »