« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

BMW Z4 M Coupe Motorsport-Version

25万ユーロ(3,500万円)で販売されるというBMW Z4 M CoupeのMotorsport-Version

060228-1
060228-2
        ド派手なオーバーフェンダー&幅広リアウィング

エンジンは3246ccですので排気量の変化はないようですが、400ps/8200rpmと高回転・高出力を発揮するのだそうです。
車幅は1,880mmと成ってましたので、ノーマルのZ4Mからは約100㎜増し。 片側50㎜のオーバーフェンダーなのでしょうか。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/02/27

MotoGPのSafetyCar 今年はBMW M5とM6

昨年のMotoGPのSafetyCarはBMW M5と645Ciが使われていましたが、今年はBMW M5とM6が使われるそうです。 (ニュース元:MotoGP ニュース

060227-1

ドルナスポーツ社は23日、BMW社とMotoGPのセーフティーカーとして4年間の延長契約を締結したことを発表した。
99年からチャンピオンシップのパートナーシップを結ぶドイツの自動車メーカーのウリッチ・ブルンケ社長は、開幕戦の舞台ヘレス・サーキットで、ドルナスポーツ社のカルメロ・エスペレータ最高責任者に、今シーズンのセーフティーカーに使用されるM5とM6のキーを贈呈した。
また、2年前から実施しているBMWアワーズも継続して開催されることが決定。カタルーニャ公式テスト期間中に実施される1時間のタイムセッションでは、一番時計をマークしたライダーに『Z4Mロードスター』がプレゼントされ、シーズンを通しての予選最速タイムをマークしたライダーには、『Z4Mクーペ』が贈呈される。

BMW Award、昨年の副賞は公式テストではBMW 120i。シーズンを通してではBMW M5だったという事を考えると、今年はZ4Mロードスター、Z4Mクーペと両者に差が無くなりましたね。

関連記事:MotoGPのSafetyCarはBMW M5

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/26

BMW プレシーズンテストを終了

雨に祟られたイモラテストを終え、BMW・ザウバーF1チームのプレシーズンテストは全て終了したそうです。(ニュース元:F1-LIVE.com

060226-3

ジャック・ビルヌーブのコメント

イモラに来てからの天気の悪さは別として、プレシーズンのテストでは多くの周回をこなせたし、それほどメカニカルトラブルもなかったから、まず順調だったと言えるだろう。
レースシミュレーションも行って完走したし、それ以上の距離も走破した。去年に比べるとパフォーマンスはすごく進歩しているよ。
ライバルに対してどうかは難しい判断だけど、僕自身は1年前よりもいいと強く信じている。BMWザウバーF1.06は昨年のマシンより扱いが楽だし、BMWエンジンは運転がスムーズでとてもいい。

ロバート・クビカのコメント

僕はF1マシンではまだ経験のないドライバーだから、チームが与えてくれたテストの機会はとても大切だった。たくさんのことを学んだよ。おかげでF1についての知識がかなり増えた。
それにはマシンとドライビングについてだけでなく、チームやエンジニアとの仕事の仕方も含まれている。暫定マシンでのテストからスタートして、BMWザウバーF1.06はすごい進歩だと感じている。
バーレーンへ行くのが楽しみだし、そこでの初仕事が待ち切れない。

ウィリー・ランプ, テクニカルディレクター

総合的な準備の進行には満足している。1月17日の初走行から、我々は大きなトラブルなくBMWザウバーF1.06でトータル9,950kmを走破した。信頼性の面でこのマシンは高い水準に達している。非常に意欲的なテストプログラムを計画し、ほぼ完全に消化できた。その中には初期のシステムチェックから、ピットストップを含むレースシミュレーションまで組み込まれていた。
パフォーマンス面でもいい進歩を果たしているが、もちろん、本当の基準値は緒戦のバーレーンで明らかになる。統合プロセスには非常に満足しており、すでに十分な発展を遂げたと考えている。ミュンヘンとヒンヴィルの協力関係はとても素晴らしい状態だ。
また、3人のドライバーたちがマシンにまったくダメージを与えなかったことも、順調な作業の助けとなった。これで、準備万端整えてバーレーンへ向かうことができる。

あとは開幕戦、3月12日のバーレーン戦を楽しみに待つ事にしますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

BMW ミュージアム

BMWおたっきーず!Blogさんの記事
これが、BMW乗りの聖地「新BMWミュージアム」!』にトラックバック
おたっきーず!さんの元記事では、2007年の夏に正式オープンするBMWミュージアムに外観や内部のイラストが紹介されていますが、私が気に入ったのは簡易的ではありますがBMWの歴史的なクルマやモーターサイクルが紹介されているページです。
BMW Museum ⇒Museumsausstellung

060226-1
         BMW Z1 生産数8,000台(1988-1991)

060226-2
         BMW K1 生産数6,921台(1989-1993)

Z1とK1は同年代の製品ですが、こうして見ると、Z1よりK1の生産台数の方が少ないのですね。 ただZ1はBMW JAPANが直接輸入した3台以外(そんな訳で海外のZ1サイトには日本に入った台数は3台と表記されている)は並行輸入で、日本に入ったのは300台くらい(らしい)。対するK1は正規輸入だけでも762台日本に入っています。
日本ではBMW Z1を目にするより、世界的には生産台数の少ないBMW K1の方をより目にするのには、そういった理由があるようです。
ちなみに去年1年間でBMW Z1を目撃したのは0台、BMW K1は2台でした。

【カウンター 17万件突破】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/25

F1 バルセロナ合同テスト4日目

F1 バルセロナ合同テスト4日目は、5チーム11台が参加して行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. F.アロンソ ESP Renault 1'14.081 96周 R26
2. R.バリチェッロ BRA Honda 1'14.422 108周 RA106
3. G.フィジケーラ ESP Renault 1'14.520 97周 R26
4. C.クリエン AUT RedBull Ferrari 1'14.613 52周 RB2
5. A.デビッドソン GBR Honda 1'15.107 129周 RA106
6. N.ロズベルグ GER Williams Cosworth 1'15.029 41周 FW28
7. J.トゥルーリ ITA Toyota 1'16.024 100周 TF106
8. R.シューマッハ GER Toyota 1'16.288 41周 TF106
9. D.クルサード GBR RedBull Ferrari 1'16.687 5周 RB2
10. A.ブルツ AUT Williams Cosworth 1'18.130 68周 FW28
11. R.ドーンボス HOL RedBull Ferrari -------- -- RB2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/24

F1 バルセロナ合同テスト3日目

F1 バルセロナ合同テスト3日目は、8チーム14台が参加して行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. J.バトン GBR Honda 1'13.935 116周 RA106
2. G.フィジケーラ ESP Renault 1'13.971 125周 R26
3. F.アロンソ ESP Renault 1'13.977 113周 R26
4. R.バリチェッロ BRA Honda 1'14.266 119周 RA106
5. J.モントーヤ COL McLaren Mercedes 1'14.588 131周 MP4-21
6. K.ライコネン FIN McLaren Mercedes 1'15.475 80周 MP4-21
7. N.ロズベルグ GER Williams Cosworth 1'15.774 83周 FW28
8. R.シューマッハ GER Toyota 1'15.973 97周 TF106
9. D.クルサード GBR RedBull Ferrari 1'16.034 54周 RB2
10. J.トゥルーリ ITA Toyota 1'16.057 103周 TF106
11. M.ウェバー AUS Williams Cosworth 1'16.128 97周 FW28
12. C.クリエン AUT RedBull Ferrari 1'16.923 55周 RB2
13. C.アルバース HOL MF1 Toyota 1'17.142 79周 M16
14. 佐藤 琢磨 JPN SuperAguri Honda 1'19.787 58周 SA05

スーパーアグリは日替わりで今日は佐藤琢磨の出番でした。トップのバトンからは約6秒落ち。 今の時点でこの秒差なら、まぁ良しとしますか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/02/23

Histo-Monte 2006

2月の9~12日に行われた「Histo-Monte 2006」
1949~1986年製造のクラシックカー60台が、ハンブレからモンテカルロまでの2,000kmを走行したのだそうですよ。

060223-1
   1972年製のBMW 2002tii
元々はサーキットで太いタイヤを履いているのに、スノー用の細いタイヤを履いたのかオーバーフェンダーを持て余し気味。

060223-2
   こちらも1972年製のBMW 2002
クルマと背景のバランスがよい感じですねーー。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

F1 バルセロナ合同テスト2日目

F1 バルセロナ合同テスト2日目は、8チーム14台が参加して行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. K.ライコネン FIN McLaren Mercedes 1'15.223 96周 MP4-21
2. G.フィジケーラ ESP Renault 1'15.500 92周 R26
3. F.アロンソ ESP Renault 1'15.801 93周 R26
4. J.バトン GBR Honda 1'15.969 88周 RA106
5. J.トゥルーリ ITA Toyota 1'16.193 93周 TF106
6. R.シューマッハ GER Toyota 1'16.381 47周 TF106
7. R.バリチェッロ BRA Honda 1'16.486 66周 RA106
8. J.モントーヤ COL McLaren Mercedes 1'16.538 87周 MP4-21
9. C.クリエン AUT RedBull Ferrari 1'16.927 35周 RB2
10. D.クルサード GBR RedBull Ferrari 1'18.212 12周 RB2
11. M.ウェバー AUS Williams Cosworth 1'18.265 88周 FW28
12. C.アルバース HOL MF1 Toyota 1'19.300 28周 M16
13. T.モンテイロ POR MF1 Toyota 1'20.381 35周 M16
14. 井出 有治 JPN SuperAguri Honda 1'24.455 43周 SA05

マシンが1台しかないスーパーアグリ、本日はルーキーの井出有治の出番でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/22

F1 バルセロナ合同テスト1日目

1. M.ウェバー AUS Williams Cosworth 1'17.699 45周 FW28
2. K.ライコネン FIN McLaren Mercedes 1'17.790 59周 MP4-21
3. R.ドーンボス HOL RedBull Cosworth 1'18.439 46周 RB2
4. T.モンテイロ POR MF1 Toyota 1'18.717 59周 M16
5. J.モントーヤ COL McLaren Mercedes 1'18.875 22周 MP4-21
6. 佐藤 琢磨 JPN SuperAguri Honda 1'30.244 8周 SA05
7. N.ロズベルグ GER Williams Cosworth 1'37.188 16周 FW28

佐藤琢磨のドライブにより、いよいよ登場したスーパーアグリのF1マシン。
初日は予想通り?のトラブル発生で距離を稼ぐ事は出来ませんでしたが今後に期待。

060222-1

佐藤琢磨のコメント

これまでチームの全員が全力を尽くして働き続けてきたことを考えると、これはまさにチームのために空想的な瞬間だと言える。
最初のインストレーションラップでは、とりわけ特別な感情がわき上がってきたね。
マシンにはいくつかの問題があって、残念ながら今日は望んだだけの周回数をこなすことはできなかった。
われわれのマシンはとても古いものをベースとしているし、現実を見なければならないけれど、しかし今日僕たちがここにいるということはバーレーンのグリッドにマシンを並べるための第一歩なんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/02/21

BMW 1シリーズ Cabrio

ドイツのカーニュースで拾ってきた「BMW 1シリーズ Cabrio」のスパイショット

060221-1

3シリーズの新しいカブリオレはメタルトップに成るという話ですが、1のカブリオレは伝統的なソフトトップ(幌)で登場のようです。 車両価格にもよりますが、BMW MINI コンバーチブルのライバルと成るのかなーー。。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/02/20

BMW 2006年の計画は?

春には「Z4」のマイナーチェンジ、「Mロードスター」の発売があります。さらに「Z4クーペ」「Mクーペ」の発売を秋に行う予定です。加えて「3シリーズ」には他バリエーションを導入します。 (ニュース元:webCG

3シリーズの追加バリエーションは「BMW 335i」の事なのでしょね。

060220-1
   BMW 335iに搭載される「N54 Turbo Engine」

関連記事:2006年 発表予定のBMWモデル

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/02/19

BMW Z1のミニカー

ebay.ukでの成果?に味をしめ、今度はebay.comで「BMW Z1」を探索

060219-1
BMW Z1のポリスカー 1:43 はUS $9.99 で出品中
こうするとBMW Z1もアメリカっぽいイメージになります。

060219-2
BMW Z1のプルバックカー 1:40 はUS $3.99 で出品中
こちらはだいぶ変形しているなーー。 フロントウインドが寝すぎでしょ。。
ドアも普通(横開き)に開きそうで怖い。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/18

BMW Z1のマネークリップ

今日はちょっと趣向を変え、ネットオークションでBMW Z1ネタを探してみました。
しかーし、Yahoo!オークションでは変わった商品を見つける事が出来ず。。。
しからばとebay.ukで再チャレンジ。

060218-1
レア物らしいBMW Z1のマナークリップ £19.99 で出品中
マネークリップ、日本では余り馴染みがないですねぇ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/17

バレンタイン監督のMTB その2

ボビーショック!愛車が壊れた… (ニュース元:ディリースポーツ

1年程前の記事で千葉ロッテのバレンタイン監督はBMWのマウンテンバイクにお乗りだという記事を書きましたが、今年のキャンプ地でも活躍している? そうです。

午前11時。鹿児島の選手宿舎から自転車にまたがり、勢い良く飛び出したボビー。だが3メートル走ったところで、アクシデントは起こった。「オーマイガッ!!」。後輪の空気を止めるバルブが故障し、タイヤがペシャンコに。辛くも人の支えで大クラッシュは免れたが、愛車は使用不能になってしまった。
一家全員が愛用しているBMWからプレゼントされた自転車は、日本に数台しかない逸品。04年から使用し、走行距離は1万キロを下らない。

060217-1

でもただ単にバルブがいかれたのなら、故障と言う程のモノでもないと思う。
今週私のBMW High-Techもパンクしたので、チューブをホームセンターで購入しましたが400円ちょいでしたから。。

関連記事:バレンタイン監督のMTB

| | コメント (0) | トラックバック (2)

BMW F1バルセロナテスト 3日目

1. N.ハイドフェルド GER BMW 1'15.928 87周 F1.06
2. J.ビルニューブ CAN BMW 1'16.884 119周 F1.06
二人は共にレース・シミュレーション・プログラムに取り組み、ハイドフェルドが87ラップ、ビルニューブのほうは119ラップと、いずれも実レースを上廻る距離を走破した。

BMW ザウバーのテストは今週はこれで終了。
来週は2/22~24の3日間、イタリア:イモラサーキットでテスト予定だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/02/16

大阪オートメッセ:赤と白のBMWマーク

060216-1

カーボン仕様のBMWボンネットバッジ。
黒/白の組合せは何回か見た事ありますが、赤/白の組合せは初めてでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BMW F1バルセロナテスト

今週は各地でバラバラにF1テストが行われています。
中東:バーレーンではフェラーリ、ホンダ、トロ・ロッソ。
スペイン:バレンシアではルノー、マクラーレン、ウィリアムズ、ミッドランド。
BMWはスペインのバルセロナで単独テスト。
トヨタはイタリアのバレルンガでこちらも単独テスト。
スーパー・アグはシェイクダウン・テスト。

取りあえず私が応援するBMW ザウバーのテスト1日目、2日目の模様をお伝え。
【1日目】
1. J.ビルニューブ CAN BMW 1'17.514 40周 F1.06
2. R.クビカ POL BMW 1'18.551 88周 F1.06
F1.06-3号車を駆ったビルニューブはダンパーの評価を行うと共に、いくつかの新しいコンポーネンツのテストを行った。
F1.06-02号車を走らせたクビカは、もっぱらマシンのセットアップに集中した。

【2日目】
1. N.ハイドフェルド GER BMW 1'16.374 73周 F1.06
2. J.ビルニューブ CAN BMW 1'16.551 87周 F1.06

うーん、単独テストは他に比べる対象が無いので、速いのか遅いのか判りにくい。
天候などの状況は違うでしょうが、2日目にはタイムアップしているので、それなりの成果は出ているモノと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006/02/15

大阪オートメッセ:BMW Z3+ロータリー

オートメッセに集まる「チューニングカー」の殆どは国産車。
BMWの出展車両の殆どは「ドレスアップカー」(含むオーディオ)。そんな中「チューニングカー」と呼べるBMWをご紹介。
SWAP×SWAP 5号機/BMW Z3(チューニングカレージ グラック

060215-2

060215-3

ネーミングでも想像がつく通り、ボディ本来とは違うエンジンをスワップしたチューニングカーです。 今回はBMW Z3のボディにRX-7から拝借したロータリーエンジン(13Bターボ)を載っけてます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

WTCC:このツノは何だろう??

先にお届けしたWTCCのバレルンガテストでの別画像
ボンネットにそびえるツノ(ちょっと背景に溶け込んで見難いですが)は、何のデータを集めているのだろうか??

060215-1
   BMWドイツチームのダーク・ミュラーがテストするBMW 320si

関連記事:WTCC:バレルンガテスト

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/02/14

BMW 320si ホモロゲモデルを日本で乗る

「BMW」でブログ検索すると毎日膨大な記事がヒットします。 そんな中、今日は「LMPCARS Blog」さんにトラックバック
【緊急入荷決定!BMW 320si 全世界2600台限定車!】

051123-1

以前紹介したはWTCCレース参戦に向け市販するホモロゲーションモデルBMW320siを
このお店では2台入れるそうです。 興味のある方は連絡されてみては。

関連記事:BMW 320si ホモロゲモデル

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大阪オートメッセ:SALEEN S7

サリーン、耳慣れないこのネームはアメリカのメーカーだそうです。
今回展示されていたのはcarrozzeriaが持ち込んだ SALEEN S7 TWIN TURBO
7.0L-V8 TWIN TURBOエンジンをミッドシップ搭載したアメリカンスーパースポーツ
750PSで最高速は400km/h出るのだとか。。。

060214-5

060214-6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪オートメッセ:BMW 2002turbo

アクセス解析によると「2002.ne.jp」さんから毎日来て頂いているようです。
そんな訳でたまにはBMW 2002の記事を書いておきましょう。

オートメッセで展示されていたBMW 2002turbo(エスアンドカンパニー
メインはオーディオだったようですが、外装も内装も綺麗な2002でしたね。

060214-3

060214-4

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2006/02/13

WTCC:バレルンガテスト

F1のテストは日本語のF1ニュースでも取り上げてくれるので、自分のブログに書くのも簡単ですがWTCCのニュースは中々日本語のサイトでは取り上げてくれません。 仕方ないので自分で翻訳(といってもWEB頼りですが)してみます。
(ニュース元:FIA WTCC公式サイト

060213-3

BMWチームドイツとBMWチームイタリア・スペインは、各々2台の真新しい320is E90をテストしました。
ドイツチームの車はダーク&ヨルグ・ミュラーが運転していました。
イタリア・スペインの方は、アレッサンドロ・ザナルディは変わらないものの、新しいチームメイトはマルセル・コスタとアンデル・ヴィラリノの2人をテストして選ぶ予定。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

バレンタイン・キッス

明日はバレンタインデーですね。
国生さゆりさんの1986年の迷曲「バレンタイン・キッス」を、私は「バレンタインデー・キッス」だとこの20年 ずーっと思っていました。

060214-1
BMWのチョコレート 昔の6シリーズかなーー??
12.95ドルというと日本円で1,500円くらいです。

060214-2
こちらはBMW 5シリーズのロゴ入り。 こちらの方が食べやすそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大阪オートメッセ:BMW Z8

今回のオートメッセでもBMWを中心に画像を集めて来たのですが、その中でインパクトの強かったのはBMW Z8-GTR(アックスレーシングプロジェクト)ですね。

060213-1
     ワイドなフロント部分

060213-2
     ディフューザーというよりはアンダーウィング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/12

大阪オートメッセ2006

結局土曜日は15時まで仕事になり、本日大阪オートメッセに出動してきました。
元々「チューニングカーの祭典」的な催し物ですので、私の興味を引くクルマは少なかったですね。 まぁ、あれこれ写真は撮ってきたのでそれは後で記事にするとして。。。

060212-2

今回一番心動かされたのはライブ・ステージ
もうすぐ二十歳という安良城 紅ちゃん、若いのに歌唱力抜群!! 曲に恵まれれば第二の倖田來未になれる予感。。
しかし、それをも忘れさせるような盛り上がりを見せたのは『MAX』のステージ
オープニングは往年の(と言っていいのかな)「Give me a Shake」、「Perfect Love」、昨年の「ニライカナイ」、そしてMAXの代表曲とも言える「Ride on time」、最後の締めは「TORA TORA TORA」と完成されたステージでしたね。 さすがにデビュー12年目、
リーダーのナナさんはもうすぐ30歳という年季を感じましたよ。

060212-1
 New Album「Jewel of Jewels」は2006/02/22発売です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

V8-2.4リッターは遅くなったか?

BMW ザウバーF1チームのジャック・ビルニューブが「V8-2.4リッターになってもクルマは遅くなっていない」と、スイス「ブリック紙」で語っている。
それによれば、2005年のザウバーはフェラーリV10-3.0リッター・エンジンを搭載していた7月のヘレス・テストで1分17秒程度(正確には1'16.843)だったものが、今回のテストですでに同チームの『F1.06』はハイドフェルドが1'17.588を記録。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

ジャック・ビルヌーブのコメント

ウチの場合で言えば、『V8-2.4リッター』にして約200馬力は減少したのにタイムはわずかコンマ5秒しか遅くなっていないということになるね。
もちろんウチのマシン自体がBMWになって進化しているというのはあるよ。

060117-3
               BMW製V8エンジン BMW P86

【カウンター 16万件突破】

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/02/11

トリノオリンピック開会式にF1マシン

朝4時からという事で生では見なかったですが(ニュースダイジェストで見ました)
イタリアらしい原色で派手な開会式でしたね。 会場をF1マシンが走ったりして、、
ステアリングに「跳馬マーク」が有ったのでフェラーリのF1マシンだと思うのですが、一体ドライバーは誰だったのだろう??

060211-1

【検索の結果】
マシンはフェラーリで間違いなし、型式は2年前のF2004らしい。
ドライブしたのはフェラーリテストドライバーのL・バドエル(勿論イタリア人)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

F1 ヘレス合同テスト4日目

F1 ヘレス合同テスト4日目は、7チーム12台が参加して行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. G.フィジケーラ ESP Renault 1'17.763 76周 R26
2. H.コバライネン FIN Renault 1'17.870 59周 R26
3. K.ライコネン FIN McLaren Mercedes 1'18.027 28周 MP4-21
4. N.ハイドフェルド GER BMW 1'18.445 80周 F1.06
5. P.デ・ラ・ロサ ESP McLaren Mercedes 1'19.488 49周 MP4-21
6. G.パフェット GBR McLaren Mercedes 1'19.912 91周 MP4-20s*
7. R.クビカ POL BMW 1'19.994 82周 F1.06
8. T.モンテイロ POR MF1 Toyota 1'20.112 78周 M16/EJ15B
9. A.ブルツ AUT Williams Cosworth 1'20.314 79周 FW28
10. S.スピード USA Toro Rosso Cosworth 1'20.500 79周 STR-01
11. C.アルバース HOL MF1 Toyota 1'21.497 63周 EJ15B
12. M.ウェバー AUS Williams Cosworth 1'23.494 15周 FW28

うーん、またしてもルノーが上位ですねん。。
BMWザウバーのクビカは新型車「F1.06」を初ドライブしています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/10

いよいよ開幕

といったら世間一般の人は「トリノ・オリンピック」を思い浮かべるでしょうが、スキーもスノボもスケートもやった事がない私としては余り興味が沸かないのですよね。
んで、なにが開幕かというと「大阪オートメッセ」
個人的な計画では明日の『建国記念の日』に行く予定だったのですが、思いもよらず朝から休日出勤になってしまいました。 昼までに仕事に切りが付けば明日、それがダメなら日曜日に出動になりそうですねーー。

060210-1
          「大阪オートメッセ」 ⇒公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1 ヘレス合同テスト3日目

F1 ヘレス合同テスト3日目は、7チーム14台が参加して行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. P.デ・ラ・ロサ ESP McLaren Mercedes 1'17.451 123周 MP4-20s*
2. G.フィジケーラ ESP Renault 1'17.479 76周 R26
3. M.ウェバー AUS Williams Cosworth 1'17.767 104周 FW28
4. J.バトン GBR Honda 1'17.990 118周 RA106
5. J.ビルニューブ CAN BMW 1'18.179 75周 F1.06
6. N.ハイドフェルド GER BMW 1'18.278 63周 F1.06
7. H.コバライネン FIN Renault 1'18.542 45周 R26
8. N.ロズベルグ GER Williams Cosworth 1'18.843 60周 FW28
9. K.ライコネン FIN McLaren Mercedes 1'18.929 40周 MP4-21
10. J.トゥルーリ ITA Toyota 1'19.083 103周 TF106
11. R.シューマッハ GER Toyota 1'19.320 107周 TF106
12. V.リウッツィ ITA Toro Rosso Cosworth 1'19.394 79周 STR-01
13. C.アルバース HOL MF1 Toyota 1'20.685 90周 M16/EJ15B
14. T.モンテイロ POR MF1 Toyota 1'21.911 29周 M16/EJ15B

上位はマクラーレンとルノーといういつものメンバー、たまにはBMWも上位に来てくれないかなー。 応援のし甲斐が・・・・・・。。
別記事によるとハイドフェルドのマシンはフューエル・システムのトラブルに見舞われてストップ。ビルニューブのマシンは外部からの損傷で冷却系にダメージを負いテストを中断する結果。 と共にトラブルで終了したテスト3日目だったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/02/09

F1 ヘレス合同テスト2日目

F1 ヘレス合同テスト2日目は、7チーム13台が参加して行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. F.アロンソ ESP Renault 1'16.956 89周 R26
2. J.バトン GBR Honda 1'17.114 58周 RA106
3. J.モントーヤ COL McLaren Mercedes 1'17.273 53周 MP4-21
4. P.デ・ラ・ロサ ESP McLaren Mercedes 1'17.425 109周 MP4-21
5. R.バリチェッロ BRA Honda 1'17.492 60周 RA106
6. N.ハイドフェルド GER BMW 1'17.588 116周 F1.06
7. J.ビルニューブ CAN BMW 1'18.069 91周 F1.06
8. M.ウェバー AUS Williams Cosworth 1'18.281 86周 FW28
9. H.コバライネン FIN Renault 1'18.938 77周 R26
10. J.トゥルーリ ITA Toyota 1'19.430 103周 TF106
11. R.シューマッハ GER Toyota 1'19.681 84周 TF106
12. N.ロズベルグ GER Williams Cosworth 1'19.965 29周 FW28
13. T.モンテイロ POR MF1 Toyota 1'21.911 29周 EJ15B

別記事によるとBMWザウバーは既に3台目シャシーをデビューさせたそうです。
チームにとってはエンジンのBMW Powerより、BMW Moneyの方が強力みたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/02/08

BMW Hi-Line Fair

久々にBMW JAPANのサイトを覗いてみたら「BMW Hi-Line Fair」のイベント案内が出ていました。 ⇒リンク

名古屋:2月18日 ウェスティンナゴヤキャッスル
大阪:2月21日 ホテルニューオータニ大阪
東京:2月23日 東京プリンスホテル
横浜:2月24日 横浜ロイヤルパークホテル
展示車両はIndividual、7シリーズ、6シリーズ、5シリーズ、M6、M5、といった面々

その昔E46-M3がデビューするおり、招待状もないのに帝国ホテルで行われていた
「Hi-Line Fair」に押しかけた記憶があります。

060208-1
       冷静とは、ただ静かなことを指すのではない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

F1 ヘレス合同テスト1日目

F1 ヘレス合同テスト1日目は、4チーム8台が参加して行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. A.ブルツ AUT Williams Cosworth 1'18.144 48周 FW28
2. J.バトン GBR Honda 1'18.250 88周 RA106
3. R.バリチェッロ BRA Honda 1'18.626 112周 RA106
4. N.ロズベルグ GER Williams Cosworth 1'18.735 84周 FW28
5. R.ゾンタ BRA Toyota 1'20.162 85周 TF106
6. O.パニス FRA Toyota 1'20.339 79周 TF106
7. C.アルバース HOL Midland Toyota 1'21.551 74周 M16
8. T.モンテイロ POR MF1 Toyota 1'22.318 71周 E15B

ウィリアムズとホンダが上位を占めています。 
それにしてもN.ロズベルグは順応性が高いようですねーーー。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/07

ネット中毒

本日20時過ぎ、急にネットに繋げなくなった。パソコンがやられたかと思ったりして、再起動やウィルスチェックなども行ってみたが復旧せず。。
いつも使っている常時接続回線(CATV)を諦め、アナログな電話回線で繋ぎ直した所ちゃんと見える。 で、CATVのサイトに行ってみると「ただ今、インターネット接続がご利用できなくなっております。ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんが、復旧まで今しばらくお待ちください。」となっておりました。

30分もネットに繋がらないととても不安。確実に『ネット中毒』だわ、私は。。
ちなみにあちこちの「インターネット中毒診断テスト」を実行したら、私の場合中程度の中毒患者でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/06

ビルヌーブ、引退後は歌手!?

今シーズン、BMWザウバーからF1参戦するビルヌーブはギターの演奏や作詞、そして歌唱力もプロ並で、先月はその腕前を『Grand Prix 24 Heures』というスキーのイベントで披露。これがビルヌーブの記念すべきステージデビューだったと報じられた。
(ニュース元:F1-LIVE.com
記事によると本人は大満足だったようですねぇ。。。

060206-1
   2001年の同じスキーイベントで滑走するビルヌーブ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/02/05

ウルトラマン vs 仮面ライダー

身長48mのウルトラマンマックスと2m弱の仮面ライダーカブトでは勝負に成りません。
そこで両者に登場するバイクで勝負だぁーーー。

ウルトラマン代表【ダッシュ ドゥカ】
ダッシュ専用のバイク。あらゆるタイプの道に対応し、素晴らしい性能を発揮することができる。
全長:1.3m 全幅:0.5m(ハンドル幅0.9m) 最高時速:500km 排気量:999cc
(コメント、データは公式サイトより)
ベース車はDUCATI Multistrada 1000DS らしい。 ⇒リンク

仮面ライダー代表【カブトエクステンダー】
通常時はガソリンエネルギーによる走行も可能であるが、戦闘、緊急時においてはECR放電によるプラズマを生成してイオン加速による超スピード走行可能な「マイクロ波放電式イオンエンジン」を搭載している。
マスクドモード
全長2020mm 全高1170mm 全幅700mm 時速410km
エクスモード
全長3090mm 全高1170mm 全幅700mm 時速900km
(コメント、データは公式サイトより)
ベース車は不明。 形からいくとHonda CBR1000RR みたい。 ⇒リンク

060205-2
                画像はマスクドモード

うーん、訳の判らん「マイクロ波放電式イオンエンジン」にも心惹かれますが、わたし的には999ccから最高時速500kmという『素晴らしい性能』の【ダッシュ ドゥカ】に軍配を挙げます。

関連記事:アルファロメオ 地球防衛軍に制式採用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMW Powerなのに・・・・

BMW Powerなのに、BMWの特徴でもある「キドニーグリル」のないクルマを発見!!
といってもレーシングマシン、BMWワークスでは無いので「キドニー」に拘る必要が無いだけのようですけどね。

060205-1
              今年のDaytona 24h レースより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/04

寒い朝だなぁ、、、

昨日は節分、本日は立春だというのに真冬なみの寒さの中での起床となりました。
来週にはさっぽろ雪まつりも開催されます。
その開催記念として、昨年はBMWのパーティー会場を飾った氷像を紹介しましたが、今年はこれで行ってみましょう。。

060204-1
              氷で作られたBMW MINI

この画像はCAMによる氷彫刻を専門に扱う会社のサイトにありました。
【ちょっと解説】
CAMとはCADを使って設計したデータを利用し、数値制御工作機などを使って製造を行なう方法です。

関連記事:さっぽろ雪まつり開催記念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1 バレンシア合同テスト4日目

F1 バレンシア合同テスト4日目は、5チーム10台が参加して行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. F.アロンソ ESP Renault 1'10.552 144周 R26
2. H.コバライネン FIN Renault 1'10.953 163周 R26
3. N.ロズベルグ GER Williams Cosworth 1'11.404 53周 FW28
4. P.デ・ラ・ロサ ESP McLaren Mercedes 1'11.607 96周 MP4-20s
5. N.ハイドフェルド GER BMW 1'11.797 83周 F1.06
6. R.シューマッハ GER Toyota 1'11.851 77周 TF106
7. R.ゾンタ BRA Toyota 1'11.934 112周 TF106
8. R.クビカ POL Sauber BMW 1'12.217 86周 C24B
9. J.モントーヤ COL McLaren Mercedes 1'12.802 71周 MP4-21
10. J-P.デ・オリベイラ AUT Williams Cosworth 1'13.918 32周 FW27C

ルノーのアロンソとコバライネンが10秒台、相変わらずの速さですね。 周回数も他のチームに比べて桁違いに多いし。。。

060204-2
 バレンシアではありませんが、ミッドランドF1レーシングの新型車「M16」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/03

F1 バレンシア合同テスト3日目

F1 バレンシア合同テスト3日目は、8チーム16台が参加して行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. F.アロンソ ESP Renault 1'10.907 90周 R26
2. J.バトン GBR Honda 1'10.909 85周 RA106
3. F.マッサ BRA Ferrari 1'11.284 50周 F2004
4. A.デビッドソン GBR Honda 1'11.573 128周 RA106
5. M.シューマッハ GER Ferrari 1'11.649 48周 248F1
6. C.クリエン AUT RedBull Ferrari 1'11.796 71周 RB2
7. H.コバライネン FIN Renault 1'12.011 89周 R26
8. J.ビルニューブ CAN BMW 1'12.179 104周 F1.06
9. R.シューマッハ GER Toyota 1'12.182 92周 TF106
10. A.ブルツ AUT Williams Cosworth 1'12.246 84周 FW27C
11. N.ロズベルグ GER Williams Cosworth 1'12.313 46周 FW28
12. V.ロッシ GER Ferrari 1'12.315 54周 F2004*
13. P.デ・ラ・ロサ ESP McLaren Mercedes 1'12.360 92周 MP4-20s
14. J.モントーヤ COL McLaren Mercedes 1'12.488 61周 MP4-21
15. J.トゥルーリ ITA Toyota 1'12.525 72周 TF106
16. R.クビカ POL Sauber BMW 1'12.812 48周 C24B

トップのアロンソとバトンとの差は1000分の2秒。 時速200㎞で電卓を叩くと、わずか11cmの差ですね。
それにしてもBMW Sauberのクビカ、ロッシのコンマ5秒落ちとはちと情けない。
頑張らないとサード・ドライバー 首かも!!(クビカ、と首か、を掛けてみました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/02

来年は富士でF1 ??

1日(水)トヨタ自動車の渡辺捷昭社長が富士スピードウェイ2007年F1グランプリ開催を示唆したとのニュースを共同通信社が伝えた。 それによれば、渡辺社長が「念願の富士スピードウェイでのF1開催に向けて、良い雰囲気であると聞いている」と語ったというもの。 (ニュース元:FMotorsports.nifty

前にも書いたような気がしますが、大阪から観戦するには富士は鈴鹿よりも遠くて、公共交通機関も不便なんですよねぇーー。 まぁ、そんな事は正式に決まってから悩めばいいような感じでしょうが。。。。

関連記事:2007年、F1日本GPは富士スピードウェイ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1 バレンシア合同テスト2日目

F1 バレンシア合同テスト2日目は、8チーム15台が参加して行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. F.アロンソ ESP Renault 1'11.219 52周 R26
2. J.バトン GBR Honda 1'11.327 89周 RA106
3. M.シューマッハ GER Ferrari 1'11.831 72周 248F1
4. J.モントーヤ COL McLaren Mercedes 1'11.998 68周 MP4-21
5. R.バリチェッロ BRA Honda 1'12.062 112周 RA106
6. H.コバライネン FIN Renault 1'12.113 29周 R26
7. J.ビルニューブ CAN BMW 1'12.619 78周 F1.06
8. R.ゾンタ BRA Toyota 1'12.660 88周 TF106
9. V.ロッシ GER Ferrari 1'12.856 52周 F2004
10. D.クルサード GBR RedBull Ferrari 1'12.930 36周 RB2
11. A.ブルツ AUT Williams Cosworth 1'12.925 82周 FW27C
12. G.パフェット GBR McLaren Mercedes 1'12.937 116周 MP4-20s*
13. M.ウェバー AUS Williams Cosworth 1'13.050 67周 FW28
14. J.トゥルーリ ITA Toyota 1'13.076 105周 TF106
15. R.クビカ POL Sauber BMW 1'13.332 65周 C24B

060202-1

登場したばかりのルノーの新型車「R26」をドライブしたアロンソがトップタイム。
さずが昨年のチャンピオンチームですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/02/01

F1 バレンシア合同テスト1日目

F1 バレンシア合同テスト1日目は、5チーム9台が参加して行われました。
 (ニュース元:FMotorsports.nifty

1. R.バリチェッロ BRA Honda 1'19.359 59周 RA106
2. A.デビッドソン GBR Honda 1'19.996 63周 RA106
3. M.シューマッハ GER Ferrari 1'20.358 87周 248F1
4. K.ライコネン FIN McLaren Mercedes 1'21.194 24周 MP4-21
5. M.ウェバー AUS Williams Cosworth 1'22.388 77周 FW28
6. C.クリエン AUT RedBull Ferrari 1'22.599 42周 RB2
7. G.パフェット GBR McLaren Mercedes 1'23.836 42周 MP4-20s*
8. N.ロズベルグ GER Williams Cosworth 1'23.936 75周 FW27C
9. V.ロッシ GER Ferrari -------- -- F2004
  マシン名の*印は制限付き『V10-3.0リッター』 その他は『V8-2.4リッター』

ウエットコンディションだったそうですが、ホンダのワン・ツゥー。
そろそろ*印(V10-3.0リッター)の必要が無くなってきたようですね。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

25万ドルのユーズドBMW

先日のBMW ALPINA RLEに続き、ちょっと気になるBMWの出物を発見。
価格はなんと25万ドル(日本円で約3,000万円) ⇒リンク

060201-1

パッと見、普通のBMW M3とそんなに変わりませんが、2001年にアメリカン・ルマン・シリーズ(ALMS)に参加するBMW M3 GTRのホモロゲ用として僅か10台だけ市販されたロードバージョン。3シリーズのボディに4.0L-V8エンジンを積んだ異色のマシンです。

060201-2
    ニュースの時のロードバージョン

060201-3
    今回の出物のボンネットフード

あとこの出物の画像を見てちょっと気に成ったのは、BMW M3 GTRのロードバージョンが市販されるというニュースが流れた時に出ていた画像と、ボンネットフードに開いたグリルの形状が違う事。ニュースの時のロードバージョンはプロトで、実際に市販された時にはこのようなグリルに成っていたのかなーー。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »