« ザナルディの人生を映画化 | トップページ | 年の瀬の『瀬』? »

2005/12/25

BMW Sauber F1:進歩状況「すべては順調」

BMWがザウバーの株式購入を発表してから6か月が経過した。BMWモータースポーツ・ディレクターのマリオ・タイセンがその間の進歩状況と、オフシーズンのテストプログラム、そしてスポンサーやドライバーの決定について語った。

Q:株式取得から6か月、ここまでの評価は?
タイセン:我々は一生懸命に仕事をした。統合プロセスを進め、暫定マシンを作って走り、ドライバーと契約し、3つのメインパートナーと契約を交わし、50人以上の従業員を雇った。最初のステージは順調に出来上がってきている。しかし、だからといって我々が幻想を抱いているというわけではない。まだ先には長い道のりが待っており、忍耐と慎重さでそれを乗り越えていくまでだ。  (ニュース元:F1-LIVE.com

他にも細々と質問に答えていますので、興味のある方はニュース元をご覧下さい。
それにしても半年で何とか形に成るものですねーー。

|

« ザナルディの人生を映画化 | トップページ | 年の瀬の『瀬』? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/7816517

この記事へのトラックバック一覧です: BMW Sauber F1:進歩状況「すべては順調」:

» BMWザウバー〜すべては順調に進んでいる [BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ]
F1 Live.comにマリオ・タイセンがBMWザウバーチームについてインタビューされた記事が掲載されています。 マリオ・タイセン 我々は一生懸命に仕事をした。統合プロセスを進め、暫定マシンを作って走り、ドライバーと契約し、3つのメインパートナーと契約を交わし、50人以上の従業員を雇った。最初のステージは順調に出来上がってきている。しかし、だからといって我々が幻想を抱いているというわけではない。まだ先には長い道のりが待っており、忍耐と慎重さでそれを乗り越えていくまでだ。 来年、... [続きを読む]

受信: 2005/12/26 08:00

« ザナルディの人生を映画化 | トップページ | 年の瀬の『瀬』? »