« F1 バルセロナ合同テスト2日目 | トップページ | F1 バルセロナ合同テスト3日目 »

2005/11/30

ダカール2006:篠塚建次郎 引退

自動車ラリーのパリ・ダカ(通称)で97年1月に日本人初の総合優勝を果たした篠塚建次郎(57)が29日、年末にスタートする今回のパリ・ダカを最後に現役引退することを明らかにした。
パリ在住の篠塚は朝日新聞の電話取材に「前回のパリ・ダカは百%の力を出さず走ったのに転倒してリタイアした。ラリーを始めて来年で40年。冷静に考え、力が落ちていると認めざるを得なかった。今春ぐらいに引退を考えたが、最後はパリ・ダカでゴールして幕引きにしたいと思った」と語った。
最後のラリーは12月31日スタートで、プライベートチームで出場する。引退後はパリを拠点にモータースポーツ関連の仕事をしたいという。  (ニュース元:朝日新聞

前回は日産ピックアップで出場しましたが7日目 事故でリタイア。
今回は引退の花道を飾る意味でも、無事完走して欲しいですね。。

【篠塚建次郎ミニ知識】
篠塚建次郎さんの奥様は俳優・三浦友和さんの実姉(元女優の三浦弘子)
という事で山口百恵さんは建次郎さんの義妹となるのだ。

|

« F1 バルセロナ合同テスト2日目 | トップページ | F1 バルセロナ合同テスト3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/7402801

この記事へのトラックバック一覧です: ダカール2006:篠塚建次郎 引退:

« F1 バルセロナ合同テスト2日目 | トップページ | F1 バルセロナ合同テスト3日目 »