« BMW ワークスのシートは誰に? Part8 | トップページ | BMW風? なVW »

2005/10/20

BMW ウィリアムズ:2005年総括

アップダウンの激しいシーズンに
マーク・ウェバーとニック・ハイドフェルド、そしてアントニオ・ピッツォニアの3人が2つのタイトル争いに絡むチャンスは全くなく、シーズンが終了した。
(ニュース元:F1-Live.com

しかし、ウィリアムズがすべてのレースで低迷していたわけではない。ニュルブルクリンク(ヨーロッパGP)ではハイドフェルドが自身のF1キャリアで初となるポールポジションを獲得し、2位でゴール。今季ハイドフェルドは表彰台に3度上がっている。一方、ウェバーは1度だけだった。
モナコGPではハイドフェルドが2位、ウェバーが3位で完走し、今季の最高成績を残した。このレースがウィリアムズにとってのハイライトといえるだろう。
ハイドフェルドは負傷によって終盤5戦を欠場しなければならず、テスト兼リザーブドライバーのピッツォニアが代役としてステアリングを握った。2ポイントを獲得したピッツォニアだが、レース序盤に接触してリタイアを喫することが続き、不運に悩まされた。
シーズンは終了し、獲得ポイントはウェバーが36、ハイドフェルドが28。コンストラクターズ選手権では合計66ポイントを獲得して5位だった。

|

« BMW ワークスのシートは誰に? Part8 | トップページ | BMW風? なVW »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/6479511

この記事へのトラックバック一覧です: BMW ウィリアムズ:2005年総括:

» BMWウィリアムズ〜2005年総括 [BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ]
BMWウィリアムズ〜今期のチャンピオンシップ結果は?の続報です。 2005年シーズンを振り返って、F1 Live.comで総括記事がでていました。 シーズン前は、ドライバーがどうなるかでいろいろとドキドキしたことを思い出します。 成績は振り返ってみれば、当初の期待ほどではありませんでしたが、でも表彰台にも上れましたね。 表彰台な時はTV見ながら、一人で盛り上がりまくってました。 でも個々のレース結果よりも、新たな来シーズンのチーム体制の準備の年として興味深い... [続きを読む]

受信: 2005/10/20 01:05

« BMW ワークスのシートは誰に? Part8 | トップページ | BMW風? なVW »