« BMW ワークスのシートは誰に? Part1 | トップページ | N・ハイドフェルドの夏休み »

2005/08/06

BMW、ホンダ、GMの共同開発

BMWグループは、GM(ゼネラルモーターズ)、ホンダとともに、液体水素のタンク・カップリングを共同開発するパートナー・プロジェクトを推進すると発表した。
BMWグループでは、過去20年以上にわたって、水素を燃料とする内燃機関のシステム開発を推進している。同社は「重要なのは、会社の枠を超えて、全世界的に水素インフラのための統一規格を確立する」としている。 (ニュース元:Response

8月4日朝のニュースではBMW・GM・ホンダで燃料電池車を共同開発するという記事でしたが、夕方にはホンダ側から「それは違う」という否定のコメントが発表されました。
BMWは燃料電池に関して補助電源的なモノを開発というニュースはありましたが、クルマの形をしているのは無く、水素エンジン車の開発で頑張ってましたから燃料電池車には余り興味が無かったご様子。

さて今回3社が共同開発を進めるという「液体水素のタンク・カップリング」という耳慣れない言葉ですが、今でいうと「ガソリンスタンドの給油機とクルマ側の給油口」。
これの統一規格を作って水素ステーションなどのインフラ整備を世界的に推し進めようという考えのようです。 燃料電池車も水素エンジン車も共に燃料は液体水素を使うので3社の共同開発が実現したのでしょうね。

050806-1
    画像はBMW 745h(2001年)のV8水素エンジン

|

« BMW ワークスのシートは誰に? Part1 | トップページ | N・ハイドフェルドの夏休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/5331520

この記事へのトラックバック一覧です: BMW、ホンダ、GMの共同開発:

» BMW+GM+ホンダ、水素燃料電池車の共同開発で提携 [BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ]
独BMW、米GM、日ホンダの3メーカーが水素を燃料とした燃料電池車などに関連する先端技術の共同開発で大筋合意したそうです。 水素補給技術開発・燃料電池開発コスト削減・インフラ統一において、メーカー間の連合陣営の行方が大きく将来のシェア争いに影響するのは間違いないため、今後も要注目のニュースです。 詳しくは以下のプレスリリース一部抜粋、参照記事、関連記事をご覧ください。 ... [続きを読む]

受信: 2005/08/06 11:20

» BMW・ホンダ・GM、燃料電池車共同開発。。 [★☆★ A House With A Garage ★☆★]
BMW・ホンダ・GMの三社が燃料電池車を共同開発するという。 第一弾として、燃料電池車の水素補給技術の共同開発をするとのこと。 燃料の水素は、マイナス250度以下の極低温で保管されているが、補給時に水素漏れが生じると非常に危険で、実用化には高い気密性や供... [続きを読む]

受信: 2005/08/07 12:30

» 記事考察〜ホンダ、液体水素の充てん技術でGM、BMWなど含むコンソーシアムに参加へ [BLUE LIONの視点〜萌える 私的ネタブログ FC2支店]
 適当に考察してみましょうかねと言いたい所だがデータが吹っ飛び考察案件が消えた。 平たく言えば、最近の福井氏の発言を高く評価している件と極東市場でのブランド展開論と既存チャネル流用に伴う富裕層顧客の取り込み方とブランドオーダーミックス論の各チャネル製品戦略に関しての取り組... [続きを読む]

受信: 2005/08/08 07:47

« BMW ワークスのシートは誰に? Part1 | トップページ | N・ハイドフェルドの夏休み »