« F1 トルコGP:決勝 | トップページ | F1 トルコGP:ファステストラップ »

2005/08/22

BMW ウィリアムズ:決勝

2台共にタイヤトラブルでリタイア
BMWウィリアムズF1チームのドライバー、マーク・ウェバーとニック・ハイドフェルドは2回の右リアタイヤのトラブルに見舞われて、チェッカーフラッグを見ることができず、初のトルコGPは不運のリタイアに終わった。 (ニュース元:F1-Live.com

050822-1

マーク・ウェバー: リタイア 

僕たちには厳しい一日だった。スタートは悪かったし、 1コーナーではフェリペ(マッサ)がニック(ハイドフェルド)にぶつかりそうになったのを見たから、外側にいないように気をつけたよ。その後、登りでレッドブルが僕に対していい走りをしていたんだけど、すぐにクリスチャン・クリエンとデビッド・クルサードを抜くことができた。ターン12でタイヤにトラブルが出たから、1回目のストップをできるだけ早く済ませようとしたんだ。
ピットから出てきたら、ミハエル・シューマッハの後ろだったんだけど、彼より僕の方がダンゼン速かったんだ。ミハエルは全ドライバーがやらないと同意したブレーキングエリアで、おかしな動きをしたと思う。ミハエルはとても熱くなっていたみたいだから、コーナーを回ったときに僕は約束を守る気にはなれなかったんだ。そして僕たちはぶつかった。その後またタイヤのトラブルが出てしまって、それでレースが終わってしまった。

ニック・ハイドフェルド: リタイア 

スタートは平凡だったけど、ターン1の進入でイン側にヤルノが見えて、抜けそうだったんだよ。そしてターン3に入るところで外側から抜いたかと思ったんだけど、コースのクリーンサイドにいた僕をヤルノが少し押し出したんだ。でも大丈夫だった。1周目の前半は楽しかったね。その後のペースはまずまずだったけど、トップ集団にはついていくことができなかった。現在はまだトラブルの原因が分かっていないよ。

M・ウェバー、ハイドフェルド、それぞれリアタイヤが2度パンクし共にリタイア。
予選で良い順位に付けていただけに勿体無い結果ですね。

BMW を中心としたレースの動きはBMW Japanのサイトがお勧め ⇒サイト

|

« F1 トルコGP:決勝 | トップページ | F1 トルコGP:ファステストラップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/5578952

この記事へのトラックバック一覧です: BMW ウィリアムズ:決勝:

» F1 第14戦トルコGPを振り返る [郷秋の独り言]
 残り5戦となってアロンソ95ポイント、ライッコネン71ポイント、その差24ポイント。  予選から圧倒的な速さを見せ付けるライッコネンはスタートでこそ出遅れた最初のコントロールラインは再びトップで通過したあとは残りに57周をまったく危なげなく周回を重ねてトップでチェッカード・フラッグ受け、トルコGP最初の優勝者としてその名を刻んだ。    1位:キミ・ライッコネン / マクラーレン・メルセデス  2位:フェルナンド・�... [続きを読む]

受信: 2005/08/22 08:33

» 【F1】トルコGP イスタンブール [徒然なるままに…]
琢磨ペナルティーでいきなり20番手から給油してのスタート。 燃料をフルに積んで引っ張れ!!! スタート直後R・バリチェロとF・マッサがクラッシュで後退。 K・ライコネンは序盤でF・アロンソを抜き去りスタート直後で抜かれた借りを返した。 …レース開始10周を経過して佐藤琢磨は11位に{/hiyo_oro/} 9台抜いたのかって言うとそれは分かりませんが…、 一応未だにリタイアしている車はないわけなのですごい{/hi... [続きを読む]

受信: 2005/08/22 09:39

« F1 トルコGP:決勝 | トップページ | F1 トルコGP:ファステストラップ »