« カウンター 7万件突破記念 | トップページ | BMW ウィリアムズ:イタリアGPプレビュー »

2005/08/28

プジョー20Cup

昨年末のニュース(Response)で

BMWとPSAプジョー・シトロエン・グループは、13日、両社が共同で開発を進めてきた中小型車向けのガソリン・エンジンの詳細を発表した。
これは、2002年7月に発表されたプロジェクトで、発表された新エンジンは、2006年から発売されるプジョーやシトロエンの中小型車と、 BMWグループの『MINI』(ミニ)の次期モデルなどに搭載される予定で、あわせて年間1000万台の生産をめざしている。
今回発表されたのは、1.6リットル(最高出力85kWw、最大トルク160Nm/4250rpm)のエンジンと、1.6リットルの直噴ターボ・エンジン(最高出力105kW、最大トルク240Nm/1400-4000rpm)の2タイプ。いずれも、可変バルブタイミング(Variable Valve Timing)機構が搭載されている。
今後もエンジンのバリエーションは追加され、最終的には、最高出力で、55kWから125kWまでのラインナップが揃うことになる。

というのがありましたが、今度のフランクフルトモーターショーに出品されるプジョーのコンセプトカー「20Cup」に、その共同開発の『1.6L-4気筒直噴ターボ125kwエンジン』が搭載されお披露目されるのだそうです。 (ニュース元:Response

050828-1
全長3630×全幅1770×高さ1160 重量500kg? というこの3輪2シーターオープン。
このサイズと重量で前輪駆動、一体どんな走りをするのでしょうか。
リアタイヤはミシュラン製377/71-R18と極太。 この半端な数字、一体何用のタイヤ??

|

« カウンター 7万件突破記念 | トップページ | BMW ウィリアムズ:イタリアGPプレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/5667259

この記事へのトラックバック一覧です: プジョー20Cup:

» BMWとPSAプジョー・シトロエン・グループの共同開発エンジン発表〜その3 [BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ]
BMWとPSAプジョー・シトロエン・グループの共同開発エンジン発表〜その2の続報です。 BMWとPSAプジョーシトロエングループの共同開発エンジンの最初の具体的な例が、なんと。 このクルマだそうです。プジョーの発表したコンセプトカー(3輪車)です。 出力は170bhp、トルクは240Nm。シーケンシャル6MTを装備、ステアリングホイールのパドルで操作する。 とのこと。2シーター3ホイラー、いいなぁ・・・。 BMW側からも現代的なイセッタのようなモデルも出てほしいとこ... [続きを読む]

受信: 2005/08/28 08:46

» プジョーコンセプト 『20カップ』 [- HOW STYLE - プジョーのblog]
プジョーは『05 フランクフルトモーターショー』に3輪 2シーターロードスターの『20カップ』コンセプトを出品します。毎度、プジョーは奇抜なコンセプトをショーカーにだしてきますよねー。現在開発中のルマン耐久レース用車両はこの『20カップ』からインスピレーションを得....... [続きを読む]

受信: 2005/09/01 16:18

« カウンター 7万件突破記念 | トップページ | BMW ウィリアムズ:イタリアGPプレビュー »