« 新型BMW3シリーズ M-Sport | トップページ | BMW ウィリアムズ:イギリスGPプレビュー »

2005/07/06

ウィリアムズ、ウェバーを賞賛

コクピット内部の小さな部品の故障により、レース途中から常にウェバーの周りの温度は80度にまで上昇してしまったという。 結果的にウェバーは腰にやけどを負い、レース後には待機していた医師による診察を受けた。
チームは熱さに負けず、仕事を投げ出さなかったウェバーのガッツを賞賛した。「ウェバーはオーストラリア人としての真の根性を示した。他のドライバーだったらリタイアする状況の中で仕事を最後まで貫き通したんだ。」 (ニュース元:F1-Live.com

ウェバー自身は次のように語っている。
「とてもドライブできる状況ではなかったね。でも、イギリスGPでの予選出走順位を考えてレースを続けたんだ。確かにまだ痛みはあるけど、次のレース出場には全く問題ないよ。」

先の記事「BMW ウィリアムズ:決勝」でマーク・ウェバーのお尻のやけどを心配しましたが、今週末のイギリスGP出場は問題ないそうです。 ウェバーめげずに頑張れ。。

|

« 新型BMW3シリーズ M-Sport | トップページ | BMW ウィリアムズ:イギリスGPプレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/4849227

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムズ、ウェバーを賞賛:

« 新型BMW3シリーズ M-Sport | トップページ | BMW ウィリアムズ:イギリスGPプレビュー »