« 7月10日は「納豆の日」 | トップページ | F1 イギリスGP:決勝 »

2005/07/10

BMW ウィリアムズ:予選

ハイドフェルドは古い空力パッケージに戻す
BMWウィリアムズF1チームは前戦フランスGPからFW27に大幅な空力アップデートを施し、前進を図ったが、その新しい開発パーツから期待通りのパフォーマンスを引き出すことができず、課題は山積していると判断。その証拠にマーク・ウェバーとニック・ハイドフェルドは厳しい予選を耐えなければならず、結局、トップ10圏外から明日のレースをスタートすることになった。
新しい"MKII"と呼ばれるボディワークを駆るウェバーは11番手。一方、古い空力パッケージに戻したハイドフェルドは14番手に低迷している。 (ニュース元:F1-Live.com

050710-2


マーク・ウェバー: 12位 1分21秒997

ニックも僕も、速さはまだ十分ではない。もっとグリップが必要だよ。この週末に調査を進めるつもりで、データを比較するために2 種類の異なるセットアップを試すことにしたんだ。次戦のホッケンハイムには解決していることを願うよ。今は楽な状況じゃないけど、一生懸命、仕事をするよ。

ニック・ハイドフェルド: 14位 1分22秒117

僕が古い空力パッケージを使うことは、チーム全体で決めた。昨日、いろいろなことを試してみて、最後に古いパッケージでどうなるかを試してみたいという提案が出たんだ。今日、それを実践してみて、古いパッケージと新しいパッケージはわりと似たような印象だった。他のチームがクルマを改良してきていることは事実だが、僕たちは古いパッケージを当然、開発してきていない。グランプリの途中でクルマを変えるなんて、思い切ったことだとは分かっているけど、前戦フランスGPでも、昨日のフリー走行でも苦しんだからね。だから昨日の夜、決断を下したんだ。

BMW ウィリアムズコンビのタイムは共にトップ10圏外。
フランスから新しく導入した空力パッケージが役に立たず、ハイドフェルド車は昔の仕様に戻したそうです。
マリオ・タイセン(BMWディレクター)など「上位を狙うにはこのパッケージは十分ではないが、運が味方をすればポイントが獲れるだろう。エンジン面は問題ない。」と、もはやウィリアムズチームに期待していないようなコメントを出しています。
来季BMWワークスでF1参戦(ザウバーを買収)がここにも影響しているのか??

|

« 7月10日は「納豆の日」 | トップページ | F1 イギリスGP:決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/4901273

この記事へのトラックバック一覧です: BMW ウィリアムズ:予選:

» BMWウィリアムズ〜イギリスGP予選 [BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ]
ウェバーとハイドフェルドともトップ10圏外というポジションに。 マーク・ウェバー ニックも僕も、速さはまだ十分ではない。もっとグリップが必要だよ。この週末に調査を進めるつもりで、データを比較するために2 種類の異なるセットアップを試すことにしたんだ。次戦のホッケンハイムには解決していることを願うよ。今は楽な状況じゃないけど、一生懸命、仕事をするよ。 ニック・ハイドフェルド 僕が古い空力パッケージを使うことは、チーム全体で決めた。昨日、いろいろなことを試してみて、最後に古いパッ... [続きを読む]

受信: 2005/07/10 10:35

« 7月10日は「納豆の日」 | トップページ | F1 イギリスGP:決勝 »