« F1 ドイツGP:決勝 | トップページ | F1 ドイツGP:ファステストラップ »

2005/07/25

BMW ウィリアムズ:決勝

ハイドフェルド、ウェバーともにポイントを獲れず
予選で良いスターティンググリッドを獲得しながら、BMWウィリアムズの二人はレースで1ポイントも獲得することができなかった。
ニック・ハイドフェルドは11位とトップ10に届かず、マーク・ウェバーの方はスタート直後に佐藤琢磨と接触して、修理のために長いピットインを強いられた。
予選では3ストップ戦略が役立ったが、レースコンディションではやはりFW27 のペース不足が露呈し、ポイント獲得はならなかった。 (ニュース元:F1-Live.com

マーク・ウェバー: リタイア 

今シーズンは、どうすれば運を味方にできるのか、もう見当もつかないよ。スタート後の1コーナーでは右リアを佐藤にぶつけられ、サスペンションにダメージを負ってしまった。それはメカニックがすぐに交換してくれたけど、コースに戻ったときにはトップから11周遅れだった。もちろんこの時点でレースは台無しだし、次のレースの予選にも響いてしまう。出走順が最初に近いからね。

ニック・ハイドフェルド: 11位 

スタートは上手くいって、ポジションを2つ上げることができた。最初は悪くなく、目の前にいたミハエル・シューマッハやバトンと同じペースで走れていた。ピットストップのあとは運がなく、2回ストップの人たちの後ろに入ってしまって、自分のペースが出せなかった。おそらく最大の問題は、第1スティントの終盤にリアの何かが変わってしまったことで、それがバランスに影響を与えたんだと思う。それ以降はどうしてもラップタイムが上がらなかったんだ。レース終盤はオーバーステアもひどくなり、これ以上得るものはなかったから、エンジンパワーも下げられてしまった。今日はポイントを獲れると思っていたから、がっかりだよ。

ウェバーって結構スターティングラップでのリタイア(今回は途中復帰したが周回数不足で結局リタイア扱い)が多いように感じる。 ハイドフェルドも序盤は5位あたりをキープしていたのに、3ピット作戦が悪かったのかいつの間にかポイント圏外。
BMW ウィリアムズは結局ドイツGPもノーポイント。 何が悪いんだろうねぇ。。

BMW を中心としたレースの動きはBMW Japanのサイトがお勧め ⇒サイト

|

« F1 ドイツGP:決勝 | トップページ | F1 ドイツGP:ファステストラップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/5140132

この記事へのトラックバック一覧です: BMW ウィリアムズ:決勝:

« F1 ドイツGP:決勝 | トップページ | F1 ドイツGP:ファステストラップ »