« F1 イギリスGP:決勝 | トップページ | F1 イギリスGP:ファステストラップ »

2005/07/11

BMW ウィリアムズ:決勝

苦悩するウィリアムズ
目下のBMWウィリアムズF1チームは従来の競争力とはかけ離れているが、イギリスGPの決勝ではレッドブルやザウバーの追い上げを交わし、マーク・ウェバーとニック・ハイドフェルドがそれぞれ、わずかにトップ10から漏れる 11、12位で完走を果たした。
(ニュース元:F1-Live.com

マーク・ウェバー: 11位 

11番手スタートからでは、よほど速いクルマがない限り、いい結果を残すのが難しい。今日の状況はマニクールと似ていて、とても厳しいレースだった。クルマの速さが足りなくて、単純にチャンスを手にできなかった。この先やらなければならないことが山積みだ。早く調子を取り戻す必要があるね。

ニック・ハイドフェルド: 12位 

予想どおり、難しいレースだった。僕はわりと平凡なスタートを切って、ポジションを守った。レースの大半でマシンバランスの悪さと格闘しながら、クルサード、クリエン、ビルヌーブ、マッサといったドライバーたちから、ポジションを死守しなければならなかった。今日の結果は言うまでもなく、本来、僕たちがいるべき位置ではないし、次戦までに全力でトラブルを解明していくことになる。今週はヘレステストに参加して、できる限りチームの力になるつもりだ。

新しいエアロのままのウェバーが11位、古いエアロに戻したハイドフェルドが12位、と予選順位とさほど変わらない順位でレースを終えました。
結局イギリスGPもノーポイント。 今週行われるヘレステストでの更なる改良に期待したい所ですねぇ。。

BMW を中心としたレースの動きはBMW Japanのサイトがお勧め ⇒サイト

|

« F1 イギリスGP:決勝 | トップページ | F1 イギリスGP:ファステストラップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/4921609

この記事へのトラックバック一覧です: BMW ウィリアムズ:決勝:

» テロ直後のイギリスGP [芸能&スポーツ瓦版]
10日にシルバーストン・サーキットで行われたイギリスGPは 直前にテロが起こったが無事に何も起こらずに終わって良かった(-^○^-) しかし佐藤琢磨は7位スタートと良い位置でありながら スタート時のマシンの不調で16位に終わってしまった(;△;) 優勝は大好きな... [続きを読む]

受信: 2005/07/11 20:02

« F1 イギリスGP:決勝 | トップページ | F1 イギリスGP:ファステストラップ »