« F1 スペインGP:ファステストラップ | トップページ | バイクの自動車税 »

2005/05/10

環境負荷の大きい自動車

自動車税の重課対象車両
今まで余り気にしていなかったのですが、新車登録から13年を経過したクルマ(ガソリン車・LPG車)は「環境負荷の大きい自動車」として自動車税が割増しに成ります。 
具体的に今年(平成17年度)の自動車税は、初年度登録1992年3月以前のクルマが「重課対象車両」

僕んちのBMW Z1の初年度登録は1991年ですので、今年からめでたく対象車両デス
総排気量 2リットル超~2.5リットル以下
通常車両  45,000円  
重課対象  49,500円

この余計に支払う4,500円(1割増し)は何に使われるのだろうか?
サイト検索で他の方の書き込みなど読みましたが、セカンドカー的に使うちょい古のクルマは、年間走行距離が少ないので排気ガスの総量で考えると「環境に優しいのに!」と訴えている方も居られます。 
私も年間走行距離2,000km程度なので「環境に優しい人」なのになぁーー。

|

« F1 スペインGP:ファステストラップ | トップページ | バイクの自動車税 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/4064993

この記事へのトラックバック一覧です: 環境負荷の大きい自動車:

« F1 スペインGP:ファステストラップ | トップページ | バイクの自動車税 »