« F1 バルセロナテスト4日目 | トップページ | 謎のBMWフェイス »

2005/04/10

BMW ウィリアムズ:バルセロナテスト

マーク・ウェバー、ニック・ハイドフェルド、アントニオ・ピッツォニアが参加して行われたBMWウィリアムズのバルセロナテストが終了した。3人のドライバーが作業を分担し、2週間後のヨーロッパラウンド開幕を前にしたプログラムに取り組んだ。
(ニュース元:F1-Live.com

サム・マイケル(ウィリアムズ テクニカル・ディレクター)

ニック、アントニオ、マークに参加してもらい、3日間のテストを終えることができた。今回は総合的な内容で行い、タイヤコンパウンド、空力パーツ、トラクションコントロールや通常のセットアップなどを網羅した。カタロニアサーキットは、ロングランにおけるラップタイムの落ちが明らかに以前とは変わっていることから、その対策に力を入れた。
この3戦で見られたように、FW27のタイヤ磨耗度にはまだ余裕が見られるので、ミシュランと共に開発を進めている。最終日はほとんど一日ウエットコンディションだったことから、雨用タイヤのテストと、電気系と燃料システムのチェックを行った。

マリオ・タイセン(BMW ディレクター)

タイヤ開発に重点を置き、徹底的なテストを行った。3回目に雨が降り、レインタイヤのテストができたのは幸運だった。BMW側では、スタートを改良し、複数のエンジンで長距離を走り込んだ。

タイヤテストと並行して空力パーツやトラクションコントロール、電気系、スタート改良等々様々なテストが行われているのですねーー。

|

« F1 バルセロナテスト4日目 | トップページ | 謎のBMWフェイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/3637861

この記事へのトラックバック一覧です: BMW ウィリアムズ:バルセロナテスト:

« F1 バルセロナテスト4日目 | トップページ | 謎のBMWフェイス »