« 最新の国産オープンカー | トップページ | BMW ウィリアムズ:金曜フリー走行 »

2005/03/04

F1 オーストラリアGP:金曜フリー走行

今年のレギュレーション変更のおかげで金曜のフリー走行の主目的は土日に使うタイヤを決める事。またエンジンも去年の倍もたせ無ければならない為、フリーの1回目などは意識して周回数の少ないチーム(マクラーレン、ルノー、フェラーリ)も多かったようだ。
こんな時にタイムを気にするのは、昨年5位以降のチームが走らせるサードドライバー達だけだろう。事実1回目の上位3台はそれに当てはまる。

フリー1回目の上位5台
1. V.リウッツィ Red Bull Cosworth 1'25.967 - 19周
2. P.デラロサ McLaren Mercedes 1'26.480 - 19周
3. R.ゾンタ Toyota 1'27.265 - 20周
4. J.モントーヤ McLaren Mercedes 1'27.425 - 5周
5. D.クルサード Red Bull Cosworth 1'27.573 - 9周

さすがに2回目はちょっとは真面目に走ったようだが、、
1. P.デラロサ McLaren Mercedes 1'25.376 - 28周
2. K.ライコネン McLaren Mercedes 1'25.676 - 15周
3. N.ハイドフェルド Williams BMW 1'25.940 - 23周
4. M.シューマッハ Ferrari 1'26.081- 15周
5. J.モントーヤ McLaren Mercedes 1'26.227 - 14周

第1戦のオーストラリアGPがこれでは、くたびれたエンジンで望む第2戦マレーシアGPの金曜日はもっとダラダラとしたフリー走行に成るかも知れない。 
今年は奇数GPと偶数GPで作戦が違って来るのは間違いないところでしょう。

|

« 最新の国産オープンカー | トップページ | BMW ウィリアムズ:金曜フリー走行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/3170216

この記事へのトラックバック一覧です: F1 オーストラリアGP:金曜フリー走行:

« 最新の国産オープンカー | トップページ | BMW ウィリアムズ:金曜フリー走行 »