« 愛・地球博:ドイツ館 | トップページ | BMWのデザイン、どちらが好き? »

2005/03/27

BMW ウィリアムズ:バーレーンGPプレビュー

良い形で2005年シーズンをスタートしたBMWウィリアムズF1チームは次なるGP の舞台となるサヒールの砂漠地帯を目指す。(ニュース元:F1-Live.com

マーク・ウェバー

マレーシア戦はとてもエキサイティングだった。バーレーンもそうなるように期待している。完走は果たせなかったが、ニックも僕もとてもよい走りができて、進歩が見られた。しかし、バーレーンは低速コーナーとロングストレートが多く、マレーシアとは異なるタイプのサーキットだ。昨年はオーバーテイクも多く、いいレースだった。次はトップのルノーにもっと近づきたい。

ニック・ハイドフェルド

マレーシアで表彰台を獲得して、大きな自信がついた。次のバーレーンが楽しみだ。砂漠の中心に位置するサーキットなので、路面がとても汚れていて、金曜日に走るクルマはこれまで以上に少ないかもしれない。昨年のバーレーンGPはシーズンの中でもっともエキサイティングなレースだったので、今年もきっとファンは素晴らしいレースを見られるだろう。 マレーシアと同様に、バーレーンも暑いレースになることから、マシンとエンジンにとっては厳しい挑戦になる。今回は、僕を含めて数人のドライバーが2戦目のエンジンを使うことになる。

まだ日にちはあるものの、BMW ウィリアムズの両ドライバーがコメントを出してます。
昨年のバーレーンGPでのBMW ウィリアムズは、スターティンググリッドこそ3番4番の位置を確保したものの(1・2番はフェラーリ)、本戦では7位13位と沈んでいますので(本戦でも1位2位はフェラーリ)、今年は本戦でも頑張って欲しいものです。

|

« 愛・地球博:ドイツ館 | トップページ | BMWのデザイン、どちらが好き? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/3451921

この記事へのトラックバック一覧です: BMW ウィリアムズ:バーレーンGPプレビュー:

« 愛・地球博:ドイツ館 | トップページ | BMWのデザイン、どちらが好き? »