« BMW R1 | トップページ | 45万ユーロの電気自動車 »

2005/02/21

BMW 3シリーズが大きくなったのは・・・

BMWの専門家?こもだきよし氏によるニュー3シリーズレポート その1
(ニュース元:Response.jp

2004年には全世界で102万台のBMWが販売されたが、『3シリーズ』はその44%を占める。モデル末期になってもまだピーク時の80%の販売量を誇っている。まさにBMWを代表するクルマである。だから5世代目に当たるニュー3シリーズもこれまで以上に力が入っているのが感じられる。
しかしその骨格となるクルマ作りの哲学は少しもぶれることなく、これまでと同じ「駆け抜ける歓び」を追求しているとBMW AGの副社長ヴィルヘルム・ベッカーがスピーチした。やはりどこまで行ってもBMWは運転することが愉しいクルマを作ろうとしているのである。

それにしても今回のニュー3シリーズのボディがひと回り大きくなったのは、ドイツ人の平均身長が毎年どんどん伸びているのに合わせているのだそうな。ホンマかいな??
日本人はここ20年位平均身長の伸びが殆どないのに、日本車はどんどん大きくなってきたような気もするけれど・・・。

|

« BMW R1 | トップページ | 45万ユーロの電気自動車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/3023148

この記事へのトラックバック一覧です: BMW 3シリーズが大きくなったのは・・・:

« BMW R1 | トップページ | 45万ユーロの電気自動車 »