« BMW3シリーズのデビュー時期 | トップページ | キムタク、今度はレーサー役 »

2005/01/28

F1バレンシアテスト3日目

バレンシア3日目は5チーム10台での走行でした。 (ニュース元:F1-Live.com

1. デビッド・クルサード – レッドブル コスワース - 1'09"175 – 99周
2. アントニオ・ピッツォニア – ウィリアムズ BMW - 1'09"447 – 97周
3. ビタントニオ・リウッツィ – レッドブル コスワース - 1'10"224 – 100 周
4. フェルナンド・アロンソ – ルノー - 1'10"398 – 87周
5. ヤルノ・トゥルーリ – トヨタ - 1'10"597 – 111周
6. 佐藤琢磨 – B・A・R Honda - 1'11"140 – 83周
7. ジャンカルロ・フィジケラ – ルノー - 1'11"282 – 91周
8. オリビエ・パニス – トヨタ - 1'11"460 – 85周
9. ジェンソン・バトン – B・A・R Honda - 1'11"557 – 68周
10. アンディ・プリオール – ウィリアムズ BMW - 1'12"790 – 64周

何と何と、レッドブルのデビッド・クルサードがトップタイムでした。続く2番手がBMWウィリアムズのA・ピッツォニア、この2台のみ1分9秒台。
BMWウィリアムズをドライブして10番手となったアンディ・プリオールは、今季ヨーロピアン・ツーリング・カー選手権(ETCC)にBMW-320iで活躍した選手で、今回のテストはご褒美的意味合いのものだそうです。

関連記事:F1バレンシアテスト2日目

|

« BMW3シリーズのデビュー時期 | トップページ | キムタク、今度はレーサー役 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/2720688

この記事へのトラックバック一覧です: F1バレンシアテスト3日目:

« BMW3シリーズのデビュー時期 | トップページ | キムタク、今度はレーサー役 »