« ゲンロク3月号 | トップページ | BMW3シリーズのデビュー時期 »

2005/01/27

F1バレンシアテスト2日目

バレンシア2日目は5チーム11台での走行でした。 (ニュース元:F1-Live.com

1. ニック・ハイドフェルド - BMW ウィリアムズ - 1'10"082 - 109周
2. アントニオ・ピッツォニア - BMW ウィリアムズ - 1'10"367 - 95周
3. ジャンカルロ・フィジケラ - ルノー - 1'11"127 - 78周
4. デビッド・クルサード - レッドブル コスワース - 1'11"493 - 76周
5. クリスチャン・クリエン - レッドブル コスワース - 1'11"851 - 54周
6. アンソニー・デビッドソン - B・A・R Honda - 1'11"957 - 107周
7. リカルド・ゾンタ - トヨタ - 1'11"973 - 74周
8. ビタントニオ・リウッツィ - レッドブル コスワース - 1'12"086 - 43周
9. フェルナンド・アロンソ - ルノー - 1'12"093 - 30周
10. 佐藤琢磨 - B・A・R Honda - 1'12"608 - 111周
11. オリビエ・パニス - トヨタ - 1'12"830 - 78周

BMWウィリアムズがワンツー、昨日とは逆にN・ハイドフェルドがコンマ285秒A・ピッツォニアを引き離してトップタイムでした。

関連記事:F1バレンシアテスト初日

|

« ゲンロク3月号 | トップページ | BMW3シリーズのデビュー時期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/2709887

この記事へのトラックバック一覧です: F1バレンシアテスト2日目:

» 佐藤琢磨@今シーズンのF1 [@@みてござる]
昨シーズンまでのF1は、タイヤ戦争、ピット合戦といわれ、ドライバーの腕というよりも車の性能やタイヤの性能、ピットクルーの力など総合的な戦略を重視したレース運びが... [続きを読む]

受信: 2005/01/27 23:58

« ゲンロク3月号 | トップページ | BMW3シリーズのデビュー時期 »