« ダカール10日目成績 BMWモト | トップページ | F1ヘレステスト »

2005/01/11

BMWウィリアムズのシートは誰に? Part10

アントニオ・ピッツォニアには、フランク・ウィリアムズの高い信頼があると言われる一方、エンジンサプライヤーのBMWはドイツ人であるニック・ハイドフェルドの起用を希望、とされています。
ハイドフェルドの応援団としては、BMWモータースポーツのディレクターを務めていた元F1ドライバー、ゲルハルト・ベルガー氏
「ハイドフェルドにはトップチームのマシンをドライブするにふさわしいドライバーであるにもかかわらず、その実力が過小評価されている。ウィリアムズのマシンに乗せれば必ずやその真価を発揮することだろう」と、推している。 (ニュース元:Motorsports.nifty

更に同じオーストリア出身のニキ・ラウダ氏も同様にバックアップ宣言。
「今シーズン、ウィリアムズがいいクルマを作りさえすれば、ハイドフェルドは十分チャンピオンになれる可能性がある。彼にはそれだけの才能があるんだよ。これまで平凡なクルマでの戦いを強いられていたので、それが外から見えなかっただけなんだ」と、この元チャンピオンは熱く語っている。 (ニュース元:Motorsports.nifty

さてさて、この綱引きはどういう決着をみるのでしょうか。

関連記事:BMWウィリアムズのシートは誰に? Part9

|

« ダカール10日目成績 BMWモト | トップページ | F1ヘレステスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/2537247

この記事へのトラックバック一覧です: BMWウィリアムズのシートは誰に? Part10:

« ダカール10日目成績 BMWモト | トップページ | F1ヘレステスト »