« 2004F1GP総集編 検証 | トップページ | バランスが命 »

2004/12/27

欧州6大メーカーが車車間通信の規格作り

欧州6大メーカーのダイムラークライスラー、BMWグループ、フィアット、ルノー、フォルクスワーゲン、アウディは、「車両間コミュニケーション・コンソーシアム「C2C CC」を結成したと発表した。 (ニュース元:Rresponse.

難しい内容は本文を読んで貰う事にして、簡単にいうと(私が間違っていたらごめん)自分のクルマ付近の状況(渋滞、事故、霧、凍結など)を広い範囲のクルマ達に伝える事。これを車両間コミュニケーションと言う。 それでもって、交通の流れを最適化し安全性を飛躍的に向上するようにしようという事らしいです。

さし当たって「ヨーロッパ全体の業界標準を開発するのを目的に結成」と成ってますから、この規格が完成しても日本モデルへの影響は殆ど無いのでしょうね。きっと。

|

« 2004F1GP総集編 検証 | トップページ | バランスが命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60709/2390455

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州6大メーカーが車車間通信の規格作り:

« 2004F1GP総集編 検証 | トップページ | バランスが命 »