« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004/12/31

大阪でも降雪

寒い寒いと思ったら大阪でも雪が降っています。ニュースによると関西の高速道路は軒並み通行止め等の交通規制が出てます。
私が買い物等に使っているMy自転車はスリックタイヤなので雪には弱いっす。

041231-2
       青いフレームに青いスリックタイヤの組合せ

こんな朝にはこの曲を 「雪が降る日に」⇒視聴はこちら(4曲目です)
降雪だけに「南こうせつ」でセレクトしてみました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ダカール 初日

通称「パリダカ」こと「テレフォニカ・ダカール2005」が本日スペイン:バスセロナからスタートします。今日は初日で顔見せの感もあり走行距離は18kmと短いです。

前にも書きましたが、BMWでの参加者は小人数(4輪X5が2台、2輪650GSが5台)ですし、派手さも無いようですので多分この先BMWの画像ニュースが入って来る事は無いかも。
昔の物ですが雰囲気のある画像を紹介して気分を盛り上げましょう。

041231-1
      ジャンプするBMW 2001年のBMW R900RR

関連記事:ダカールラリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/30

BMW K1200SはK1似?

加入しているBMWのクラブから「BMWマガジン」が届いた。
その中の2輪最新モデルK1200Sの記事を見てふと思いました。
「黄色と黒のボディカラーのK1200Sは、昔のK1に似たイメージがある」

041230-1

でも黄色のホイールが似てるだけ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オープンカーの呼び方

オープンカーの呼び方はロードスター、カブリオレ、コンバーチブルと色々ありますが
ロードスター:2座のスポーツタイプ、カブリオレ:4座で欧州での呼び方
コンバーチブル:4座で米国での呼び方、とわたし的には捉えていましたが、他の方も疑問に思われていたようで改めて調べてみました。 参照元:Response.jp

●ロードスター
……例: マツダロードスター、BMWZ4。この名称はクルマがシャシーとボディとに分かれていた頃のなごりで、もともとは道を走れるだけの簡単な装備のクルマ。屋根はなく、あっても雨宿り用の簡単なソフトトップ。ときにはボディすらない。座席は1シーターに近いほど語源に忠実。トップを閉めてエアコンをかけて乗るのはクルマ本来の性格からは邪道ですね。ロードスターの熱いやつがホットロードスターで、略してホットロッドになります。

●スピードスター
…… ポルシェ911やオペルのスピードスターはこれです。ロードスターとほぼ同じで、スピードが出るようにしたもの。「スター」(-ster)は「-するもの」という意味で、スピードを出すためだけのクルマです。

●カブリオレ
…… 語源のフランス語を片仮名にすると「キャブリオレー」がより正確です。もとは軽快な2人乗り幌付きの1頭だて2輪馬車。クルマではそれに準じたボディをさしていましたが、厳密には運用されていません。第二次大戦前のアメリカではリアクォーターウィンドウがないことが条件だったこともあります。ルノーメガーヌやプジョー306のカブリオレはいずれも4シーターでリアクォーターウィンドウつき。なおルノーは英文だとコンバーチブルと表記しています。

●カブリオ
…… カブリオレのドイツ語。フォルクスワーゲンやBMWでは何人乗りだろうと開閉式トップはカブリオです。BMWでは同じボディをドイツ語ではカブリオ、英語ではコンバーチブルと表記し、ルノーのように両者を同じ意味で用いています。いっぽうBMWジャパンではカブリオーレという言葉を使っています。

●スパイダー
…… 簡単な幌をもつオープンカー。たたんだ幌を留める紐がクモ(蜘蛛)=spiderの巣のように見えたから、という説があります。ルノースポールスパイダーはトノカバーだけでソフトップがありませんでしたから、オープンだけが強調されて適用されたか、ほかの語源があるのかも知れません。アルファスパイダーも幌は車体内部に収納されてしまいます。ドイツだとspyderのつづりになります。

●バルケッタ
…… 例:フィアットバルケッタ、フェラーリ550バルケッタ・ピニンファリーナ。イタリア語で「小さなボート」を意味し、屋根のないことが基本の軽快なクルマ。屋根は非常用。「小さなボート」ですから座席は少ないほど語源に近付きます。現在ではロードスターやスピードスターと明確な違いはないようです。

●ランドー
…… 後席にしっかりと座れる4シーター以上の開閉式ソフトトップボディ。現在ではいわゆるクラシックカーにしか用いられません。

●コンバーチブル
…… 転換式。上記各車はオープンが基本でしたが、こちらはルーフを閉じたときに耐候性や静粛性がクローズドボディ並みかそれに近いもの。したがって上記各オープンより立派なトップ(ルーフ)を持っています。これでいくとメルセデスベンツSLKはコンバーチブルですが、トップが完全に車体内部に隠れるせいかメーカーではロードスターと呼んでいます。アウディA4カブリオも幌は車体内部に格納されますが、スポーツカーではないのでロードスターとは呼ばないようです。

●総括
オープンに限らずクルマのボディ名称は馬車からの流用が多いのですが、メーカーやコーチビルダーが雰囲気重視でまちまちに転用し、そのまま現在に至ったため用語の統一はなされておらず、またユーザーには混乱を招いています。アメリカではクローズドボディの屋根に革絞の樹脂を貼ったクルマを、4ドアならカブリオレ、4ドアならランドーと呼ぶことさえあります。

このようにオープンカー呼び方に明確な決まりはないようです。 
ここでZ1の「ロードスター」について考察。厳密に本来の意味からいくと「ロードスター」と呼ぶにはちょっとリッチに成った感じは受けますが「カブリオレ」では随分と野暮ったい、かと言って「スピードスター」といえる程スピードに振ったクルマでは無い。
ここは余り悩まないで、自動車メーカーが呼んでいるのを正解として受け止めるのが良いかな。たとえばBMWZ1はロードスター(世界共通)で、3シリーズのオープンはカブリオ(ドイツ本国)、カブリオレ(日本)、コンバーチブル(米国)といった具合に。。。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2004/12/29

BMW福袋情報 2005

年明けのBMWディーラーイベントは1月8日・9日の「New BMW World 2005」でスタートのようです。(ようです。というのは各地のディーラーサイトに載ってたり載って無かったりする為)  例:モトレーン千葉のサイト
で、お楽しみの「BMW福袋」は5,000円(消費税込)で販売。
041229-3
その内容はBMWウィリアムズF1チーム・コレクションをはじめ、選りすぐりのオリジナル・グッズが入っている。目玉商品はBMWバイシクル(全国30台)やシャンパン(全国170本)。 ここで「全国」という言葉が出ているので、全国統一のイベントだと思うのですが、、、、

関連記事:BMW福袋 元日より発売

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ウィリアムズ発表会

以前作成した記事で、BMWウィリアムズの新車発表&ドライバー発表の日程を
●新車発表:1月7日(バーレーン)に早まった模様
●ドライバー発表:その前日の1月6日にも発表か!?
 としましたが、そういった噂をウィリアムズチームのスポークスマンが否定しました
 (ニュース元:Motorsports.nifty.com

○1月7日:マシンカラーの発表(バーレーン)
○1月31日:新車FW27とドライバー発表(バレンシア) だそうです。
新スポンサーである「ロイヤル・スコットランド銀行」のロゴを配した新しいマシンカラーは、どんな感じに成るのでしょうか。

041229-2

そしてチームの公式サイトにおいて、全ての人に送るクリスマスメッセージと共に、チームを去るラルフ・シューマッハ、ファン・パブロ・モントーヤ、マルク・ジェネに対してコメントしてます。「彼らの将来が最高のものであることを願っています」
関連記事:ウィリアムズ新車発表会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジンぬいぐるみ

【雑誌は買わなかったけど気になった記事をご紹介】
オールドタイマー05年2月号 で紹介されていた「エンジンぬいぐるみ」のお店
ロケットクラフトさん ⇒ホームページ
クルマ本体は15000~20000円で受注。エアロ・ホイル・マフラー等、可能な限り再現いたします。 だそうです。 BMW-Z1のオープン状態を再現するのはちょっと難しい感じですね。でも幌あり状態ではZ1らしさが余りないし、、、、、

041229-1
画像は30年前の02系と約5億3千万年前のアノマロカリス(特に意味なし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/28

BMW福袋 元日より発売

来年の話をするのはちょっと気の早い感もありますが、元日の事なので今言わないと
機会を逃してしまいそうですので書いちゃいます。
【BMW福袋 元日より発売】
1月1日・2日 11:30~ オークラアカデミアパークホテル1階ロビーにて
041228-3

今年はF1コレクション・ミニカー・革製品・腕時計等豪華なBMWグッズを福袋で初売りいたします
オークラアカデミアパークホテル ⇒こちら

さすがにBMWジャパンの地元千葉、このホテルにはBMWグッズのコーナーやMINIコンバーチブルも展示しているそうです。
(画像の袋はイメージです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月末のお楽しみ

月末発売のクルマ雑誌を買ってきました。しめて2,539円也。
まぁ、普通の時は月末販売の雑誌なのに書店に行くタイミングがなく、月初めに買うパターンが多いのですが。。。。  普通の書店で扱い部数が少ないクルマ雑誌も多く置いといてくれる「くるまや」さんに感謝。

【今回買った雑誌の中で私が気になったBMW関連記事をPICUP】
GENROQ:いまこそ中古車で幸せに! 贅沢中古車。にBMW-Z8が登場。
 新車時1680万円が現在の相場750~1100万円という事らしい。
 余りお買い得感は無いですねー。 前ページの911GT3の方が魅力的に見える。
Rosso:エッセン・ショー2004 でのハルトゲのお顔
 昔ネット上で画像を拾った時には、CG合成かな? なんて思ったのですが新モデル
 だったのですねーー。

041228-2
   大きなキドニーグリルって格好良いのかな? 私的には微妙。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バランスが命

041228-1

画像はR1200C Classic ですが、バイクはやはりバランスが命ですねーー。
出来る事ならTIMのゴルゴ松本にならって、上げるのは左足にしてして欲しかった。

トラックバック先:BMWおたっきーず!Blog

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/27

欧州6大メーカーが車車間通信の規格作り

欧州6大メーカーのダイムラークライスラー、BMWグループ、フィアット、ルノー、フォルクスワーゲン、アウディは、「車両間コミュニケーション・コンソーシアム「C2C CC」を結成したと発表した。 (ニュース元:Rresponse.

難しい内容は本文を読んで貰う事にして、簡単にいうと(私が間違っていたらごめん)自分のクルマ付近の状況(渋滞、事故、霧、凍結など)を広い範囲のクルマ達に伝える事。これを車両間コミュニケーションと言う。 それでもって、交通の流れを最適化し安全性を飛躍的に向上するようにしようという事らしいです。

さし当たって「ヨーロッパ全体の業界標準を開発するのを目的に結成」と成ってますから、この規格が完成しても日本モデルへの影響は殆ど無いのでしょうね。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004F1GP総集編 検証

前に書いた記事でBMWウィリアムズの出番は「ラルフが大クラッシュをきしたアメリカGPくらいか?」と書きましたが、放送が有りましたので検証してみました。

BMWウィリアムズの出番
●1月15日ツインキールが衝撃的な新車発表、CGで前年モデルからFW26に変化
  するのが綺麗でした。この頃はツインキールに自信満々だったんですが。
●第三戦バーレーン:佐藤琢磨とR・シューマッハの接触でFW26が跳ね飛ばされた
  シーン
041227-1

●第八戦カナダ:R・シューマッハがポールポジションから中盤までトップを走った。
●第九戦アメリカ:R・シューマッハの大クラッシュ(予想通り)
●第十二戦ドイツ:R・シューマッハの元気な姿と代役A・ピッツォニアの紹介
●第十三戦ハンガリー:FW26のセイウチノーズを旧タイプに戻す
●第十八戦ブラジル:ファン・パブロ・モントーヤ、予選2位、レース優勝

全般的に、予選決勝でもラフルよりモントーヤの方の成績が良かったと思うのですが、今回の総集編でモントーヤの出番は随分と少なかったねーー。
関連記事:2004F1GP総集編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1でもウェバーは大成する

マーク・ウェバーの仕事ぶりを目の当たりにしたBMWウィリアムズチームのサム・マイケル/テクニカル・ディレクターが「ウェバーはF1でも大成するだろう」と、その将来性に太鼓判を押している。

実際、彼はこれまでスポーツカーでも、また国際F3000選手権でも常にそのスピードを証明してきた。彼は時に、危険を冒してでも限界に挑戦する。必ずや、ウチのチームでその才能が結実すると確信しているね」

将来性を語るには、28歳は微妙な年齢のような気もするけど、、、、、
(ニュース元:Motorsports.nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/26

満月?

041226-2
買い物の帰り道、月がとても綺麗でした。
満月かと思ったのですが調べたら明日だったけど。

REBECCAの「MOON」 ⇒試聴できます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005カレンダー

BMW-Z1を購入したお店からカレンダーが送られてきました。
「スーパー・スポーツカー カレンダー」
1・2月:ポルシェ959、3・4月:ランボルギーニ・ムルシエラゴ
5・6月:PLYMOUTH PRONTO SPYDER、7・8月:ロータス・エスプリターボV8
9・10月:ALFA ROMEO SCIGHERA、11・12月:フェラーリ348スパイダー
というラインナップ。ちょっと年代が古め&マニアックな車種選択のカレンダー。
「GENROQ」「Rosso」というスーパーカー大好き雑誌を愛読する私でも見た事ないクルマがありましたから(横文字書きのクルマを知りません)

さすがパガーニ・ゾンダを店頭に並べていたという、マニアックなお店らしいカレンダーの選択ですねーー。

041226-1
    右がパガーニ・ゾンタ クーペ、左はディアブロのGTRですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMW新エンジン「パワーダウンなし」

BMWの新エンジンといっても先ごろ話題になった2006年型V8-2.4Lの話ではなく(開発もこれからでしょうし) 来年のFW27用、最後のV10-3.0Lエンジンの事です。 (ニュース元:Motorsports.nifty.com

BMWモータースポーツのマリオ・タイセン/ディレクター談
「来年は2レースを1基でまかなうことになるから、エンジンには高い耐久力が要求される。当然そのパフォーマンスは低下すると思われているようだが、私はそんなことにならないと考えているね。ウチはパワーダウンなんかしないよ。

まぁ、プレス向けの発表で「来年のエンジンはダメダメ」なんて言うわけないですよね。
今年のBMWウィリアムズはエンジンブローが目立った訳でもないですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/25

BMW風???

前に作成した記事「偽装されたBMW」にて、正規のキドニーグリルから不恰好なグリルに変更されてTVCMに登場していた3シリーズの事を紹介しましたが、それよりも更に不恰好なキドニーグリル装着車を見付けてしまいました。
これは報告しなければ成りますまい。

041225-1
     ボンネットから出ているひも(コード?)は何??

元々のクルマはフィアット126のようですが、このグリル醜い!!。
BMWのバッジを付けるのならもう少し格好良く作り込んで欲しいものです。
謎のひも(コード)は寒冷地での凍結防止用電源かなーー。。

関連記事:偽装されたBMW

| | コメント (1) | トラックバック (1)

サンタが街に『BMWで』やってくる

041201-2.jpg

ちょっと気が早いかもしれませんが、12月になり街中にはツリーもあふれているので
このネタを持ってきました。 曲はもちろん「サンタが街にやってくる」
真っ赤なBMW C1に乗ったサンタさん。 なかなか良い味わい出してますね。

【日付けを動かしクリスマスまでこの記事がTOPに来るようにしました】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/24

BMW M6の価格

前に作成した記事「BMW M6デビュー」にて

M6の価格はまだ発表されていませんが、M5の値段(1290万円)から考えると
1400万円切る位の設定になるのかな~~。
と書きましたが「BMWおたっきーず!Blog」さんの記事によると現地価格106,500ユーロと成ったそうです。 今のレート(1ユーロ=140円)で単純換算1490万円。

M5の現地価格が86,200ユーロ(換算1207万円:税抜1040万円)で日本導入時1290万円(税抜1229万円) 単純に1229-1040=189万円。この189万円を輸送費+日本側手数料と考えるとドイツ車両価格(税抜)に18%上乗せしたのが日本車両価格(税抜)と成ります。
その考えで計算しますとM6の日本販売価格(税込)は1592万円

でもよくよく考えたら難しい消費税なんか考えずとも 1490(M6ドイツ)×1290(M5日本)÷1207(M5ドイツ)の簡単な計算で導けたのかなーー。
さてさて予想金額1592万円、どの位正解に近づけたのでしょうか。
結果が出るのは半年先かな?

トラックバック先:BMWおたっきーず!Blog

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BMWウィリアムズのシートは誰に? Part8

BMWウィリアムズのセカンドシート争いは混迷を深め、フランク・ウイリアムズでさえ頭を痛めている今日この頃だそうです。(ニュース元:Crash.Net

  「ふたりとも、明らかに自信たっぷりだ」
というコメントには思わず笑ってしまいますが、、、、、
どっちに転ぶのか? 年を跨ぎあと2週間程度でその答えが世界中に発表されます。
わたし的にはニック・ハイドフェルドに決まって欲しいなーー。

関連記事:BMWウィリアムズのシートは誰に? Part7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタクロースを追跡

今年もサンタクロース追跡プログラムの話題がウエブサイトを飾る季節と成りました。
(日本語サイトはこちら

041224-1

AM11時現在、時差の関係かプログラムはまだ稼動していないようですが(アメリカが主体ですのであと3時間は待ちですかね)期待して待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/23

ウィリアムズ新車発表会

以前の記事でBMWウィリアムズの新車発表は来年1月31日(スペイン・バレンシア)と書きましたが、近々のF1ニュースでは正月あけ1月7日(バーレーン)に早まったようです。(ニュース元:crash.net

で、注目のセカンドドライバーの発表は前日(1月6日)に成る模様。
同日発表でもいいようなものですが、ウィリアムズは盛り上げ上手なのかな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇誕生日 記念カキコミ

天皇陛下は本日71歳の誕生日を迎えられました。お慶び申し上げます。
で、記念カキコミとして1933年のBMWな出来事についてタイムスリップ。
この年、BMWが誰の力も借りずに生み出したオリジナル4輪モデル「BMW303」が誕生しています。

041223-2

直列6気筒エンジン(1173cc:30馬力)搭載で最高速度90km/hと非力ではありますが、このエンジンこそ「シルキーシックス」のルーツと成るのです。
また外観の特徴としてはフロントグリルを2分割した全く新しいデザイン「キドニーグリル」がこのBMW303から採用されました。
1933年は今のBMWのクルマに繋がる記念すべきモデル誕生の年だったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMWのケーキ

いよいよクリスマスですね。コンビニにもケーキが並んでました。
そこでご紹介、BMWのケーキ。

041223-1
   3シリーズカブリオレと思われますが中々リアルですねん。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

Adobe Reader 7.0日本語版

「起動時間の高速化」というニュース記事に触発されてAdobe Systems社のPDFドキュメントビューワの最新版となる「Adobe Reader 7.0」の日本語版をダウンロードしてみた。
導入前(バージョン6.0)に体感していた、ネットさすらい中にPDFファイルをクリックした時の起動時間の長さを少しでも解消したかったからだ。 何しろPDFファイルをクリックすると今まで見ていた流れを断ち切る程の待ち時間の長さだったからね。

【結果】
PCノート(Celeron 2.20GHz/メモリ768MB)で検証。
導入前(Ver6.0)初回起動時間 約40秒
導入後(Ver7.0)初回起動時間 約10秒

まずまず満足。 私と同じように待ち時間に不満をお持ちの方には是非お勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/22

NISMO R34GT-R Z-tune

久々に国産車でびっくりしたニュースを見つけました。
その名も「NISMO R34GT-R Z-tune
「世界最強のロードゴーイングカー」、「TOP OF THE GT-R」をキーワードにニスモが
ハンドメイドに近い形で限定20台をリリースするのだそうです。
お値段は1774万5千円なりっっ。 限定車と言えども凄い金額ですな。

041222-2

ランボルギーニ ガヤルドの1858万5千円に近い感じ。BMW M5の1290万円が
安く思えてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMW F1のCM

昨日のCMつながりでBMWウィリアムズのF1が登場するCMをご紹介。
チームスポンサーでもあるHewlett-Packardのサイトから。

041222-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/21

BMW M5のCM

先のZ4CMを検索した際についでに見つけたBMW M5のCM
(最初に流れる音が大きめなので再生時にはご注意下さい。)

041221-1

荒野を走るジェット戦闘機みたいな速度記録挑戦車がアップに映って・・・・・
見ている途中で段々とオチが判ってきますが面白い物は面白いですねーー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BMW Z4のCM

昔流れていたBMW Z4のCM(雨の中をオープンのまま、フロントウィンド中央から右手を出し手刀で雨を切り裂くように走る)がふと見たくなり検索してみた。
著作権の問題もあるのでしょうが無いもんですね、昔流れたCMというのは。

で、求めていたのと違いますが別バージョンがヒットしたので取り合えずご紹介。
サイト元をたどったら前にペーパークラフトでお世話になったBMW Thailand のサイトでした。

【追記 2005/10/10】
灯台もと暗し。 BMW JAPANのサイトにちゃんとありました。 ⇒WMP
更に2004年版、2005年版のTVCMをBMW オーストラリアからご紹介。 ⇒サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/20

偽装されたBMW

安田大サーカスが全身金ピカで演じている「フクピカのCM」に登場するクルマはBMWの3シリーズ(E36)なのですが、BMWの特徴であるキドニーグリルやエンブレムを偽装しています。

041220-1
      なんて不恰好なグリルなんだ。

それにしても何故クルマを偽装する必要があるのでしょうか? それも中途半端に。
前のフクピカCMではBMW-Z3とシトロエン・エグザンティアが出ていましたが、その時には何もせず普通に出ていたんですけどねーー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/12/19

BMWのセキュリティはバッチリ!?

イギリスの自動車雑誌が独自に自動車への侵入テストを行い結果を発表しました。
(ニュース元:Response.jp

テスト車両の総数は20台で下記成績。
BMW「525i・SE」、BMW「X3・SE」、レクサス「RX300・SE-L」、プジョー「407・SE」の4車種が2分間では侵入できず。という高得点。以下
シュコダ「オクタビア・アンビエンテ」…1分57秒、ボルボ「S40・SE」…1分48秒、VW「トゥーラン・S」…1分40秒、シトロエン「C2・VTR」…1分15秒、BMW「116i」…1分9秒、アウディ「A6クワトロSE」…1分4秒、プジョー「307CC」…1分3秒、ルノー「セニック・プリビレッジ」…53秒、ミニ「クーパーSコンバーチブル」…52秒、オペル/ボクソール「アストラ・デザイン」…46秒、スバル「レガシィ・SE」…40秒、マツダ「RX-8」…39秒、スマート「フォーフォー・パルス」…31秒、
VW「ゴルフ・GT」…26秒、キア「ピカント・SE」…11秒、最下位フィアット「パンダ・ダイナミック」…8秒

041219-1
1シリーズの電子キー&押しボタンスタートも進入には無関係か。

BMW1シリーズは中段に沈みましたが525とX3は防犯性が高いという事ですね。
それにしても最下位、フィアット・パンダの8秒はあんまりなんじゃないか? 普通にキーを利用して鍵を開けるにしてもカウントしたら数秒は掛かるでしょうし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/18

ベスト・ラテンアメリカ・ドライバー

ファン・パブロ・モントーヤが2004年の「ベスト・ラテンアメリカ・ドライバー」として表彰されました。(ニュース元:Motorsports.nifty.com
戦闘力を欠いたマシンで5回の表彰台ゲット、そして最終戦ではみごと優勝した活躍が評価されたのだそうです。 
わたしが応援するBMWウィリアムズは「戦闘力を欠いたマシン」だったのか・・・・ まぁコンストラクターズ4位でしたから、そう言われても言い訳出来ませんが。

【ここでラテンアメリカについてお勉強】
なんか聞いた事ある様な無い様な「ラテンアメリカ」、辞書を引くと「中南米のスペイン語・ポルトガル語などラテン系言語の使われている国々」とありました。
具体的には、アルゼンチン共和国、ボリビア共和国、ブラジル連邦共和国、チリ共和国、コロンビア共和国、エクアドル共和国、ギアナ、ガイアナ協同共和国、ペルー共和国、パラグアイ共和国、スリナム共和国、ウルグアイ、ベネズエラ共和国 の13ヶ国を示すのだそうで。。

ここでおさらい、今年F1で活躍したラテンアメリカ・ドライバー
ルーベンス・バリチェロ(ブラジル)フェラーリで2勝 ポイント114:ランクキング2位
ファン・パブロ・モントーヤ(コロンビア)ウィリアムズで1勝 ポイント58:ランキング5位
フェリペ・マッサ(ブラジル)ザウバーでポイント12:ランキング12位
クリスチアーノ・ダ・マッタ(ブラジル)トヨタでポイント3:ランキング17位
リカルド・ゾンタ(ブラジル)トヨタでポイント無し

エントリー5人というのは以外に多い感じはしますが、この中でベストを選ぶならバリチェロとモントーヤ2人の戦いです。 獲得ポイントはバリチェロの方が遥かに上なんですからモントーヤ選べれたのはちょっと不思議な感じがしますね~~。 ラテン系はちょいっと負け気味の人を応援したい民族なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3輪なBMW

トライクと言うよりは2輪のコンセプトカーみたいですが、ドイツのBMW博物館にも展示されているBMW社純正?の3輪なBMWをご紹介。

041218-1
            BMW C1 concept

上記博物館の画像では後2輪が見え難いので、こちらの紹介記事も載せときます。

トラックバック先:BMWおたっきーず!Blog

BMW | | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/12/17

南アフリカでBMWが第1位

J.D.パワー アジア・パシフィックの発表によれば、2004年南アフリカ自動車商品性評価調査でBMWがブランド別ランキング第1位だったそうです。

041217-2

どこに行ってもこういう順位はBMWとメスセデスの争いのような気がしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMW-Z1的? 物欲

ふらふらとネット世界を彷徨いながら革製のキャップを見付けました。
うーーん欲しいな、これ。。。

041217-1

売値は59ユーロと日本円にすると8,200円くらいのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/16

BMWウィリアムズのシートは誰に? Part7

先日紹介したF1racing.jp における読者投票
「来季のウィリアムズレギュラードライバーはだれ?」の結果が出ました。

投票総数1540票
ニック・ハイドフェルド - 74% (1137票)
アントニオ・ピッツォニア - 15% (224票)
アンソニー・デビッドソン - 7% (105票)
その他のドライバー - 5% (74投票)

投票数が増えても最初の頃のパーセンテージに殆ど変化の無いまま終了。
日本ではN・ハイドフェルトがぶっちぎりでこのレースのゴールを決めましたが、ヨーロッパ・アメリカ等、日本以外でもこの設問の読者投票が行われたら『どのような結果になるか?』非常に興味深いですね。
それにしても「その他のドライバー」を選んだ人は誰にBMWウィリアムズのドライバーに成って欲しかったのでしょうか。 D・クルサード? それともJ・バトン??

関連記事:BMWウィリアムズのシートは誰に? Part6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚嘆!! 走るASIMO

日々自動車関連ニュースを読んでいると「走る事」に関して特別感動などしないもので
すがちょっと気になる記事を見つけました。
【ホンダ ASIMO 新技術】速さにビックリ(ニュース元:Response.jp

041216-1

「歩行速度は従来の1.6km/hから、2.5km/hに向上」、「加えて3km/hで走行」 普段は黙ったままシャッターを押し続けるカメラマンらが、歩行速度を目の当たりにした瞬間「うわあ、速い」と思わず声を上げるほど。

うーーん、それは是非見てみたい。で検索したらホンダのサイトに動画がありました。
わたしも思わず「うわっっ!!」と驚嘆の声を上げてしまいました。 凄いなASIMO。 次に待たれる技術はジェットスクランダーと合体して空を飛ぶ事でしょうか。。。。。
【ジェットスクランダーの解説】
これを解説しなければ成らないというのもちょっと悲しいが、かなり昔のアニメネタなので仕方ないか。 往年のロボットアニメ「マジンガーZ」最初はこいつ飛べなかったが後にジェットスクランダーという飛行ユニットと「スクランダークロス」の掛け声で合体して飛べるようになるんです。 この画像が判りやすいかな。

【追伸】
ASIMOネタがあるかと期待して見ていた「ワールドビジネスサテライト」 キッチリ放送してくれました。 ありがとうテレビ東京。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/15

BMW M6デビュー

BMW M6デビューの記事を読んだものの、日本サイトにはまだカタログ等ないので
本国のサイトに行ってみました。
まぁ当然の事ながら「BMWおたっきーず!Blogさん」で紹介されている以上の物はありませんでしたが、動く映像(M6は動きませんが)と音声で中々盛り上がれる感じ。

041215-2

そのM6、加速0→100km/hが4.6秒とコンマ1秒だけM5に勝っていますが、性能的にはM5と五分五分のようですね。 価格はまだ発表されていませんが、M5の値段(1290万円)から考えると1400万円切る位の設定になるのかな~~。

【ここで私の結論】
年末ジャンボが当たったら買いたいのはBMW M5。
理由としては大きさ(長さ及び幅)や動力性能が殆ど同じである大柄なこの2台、であれば使い勝手のよいM5に軍配を上げます。 両者とも画像を見ただけですがM5の方が迫力を感じますし。

トラックバック先:BMWおたっきーず!Blog

BMW | | コメント (0) | トラックバック (1)

火の用心!

各地で火災のニュースが聞こえてくる今日この頃、火の元には十分注意しましょう。

041215-1
       火をふくBMW Mクーペ、バンパー燃えないのかな?

そんな時、昔のアニメ「マシンハヤブサ」のオープニングが頭の中に流れてきました。

火をふけレーシングタイヤ うなれ!マシンハヤブサ・・・
あの当時(1976年放送)は何の疑問も持たずに口ずさんでましたが「レーシングタイヤはどうやっても火はふかないだろう。」と気付いた28年目の冬。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/14

2004F1GP総集編

フジテレビにて「F1総集編」が12月26日 25:45~28:15 放送との事。
(関西地方の系列局、関西テレビでは同時間より15分遅れで放送予定)

041214-1

CSフジでも同じ物をやるみたいで、こちらは12月30日 15:20~17:30

【番組紹介】激動の2004F1GP全レースをプレイバック!
2003年度に続き、レギュレーション変更がレース展開に大きく作用した2004シーズン。M・シューマッハが、前人未到の開幕11連勝を含む年間最多勝記録更新し、7度目の世界王者に輝く偉業を達成させたが、日本の佐藤琢磨も第7戦ヨーロッパGPで日本人初の予選フロントローを獲得すると、第9戦アメリカGPでは1990年日本GPの鈴木亜久里以来14年ぶりとなる3位表彰台を獲得する快挙を達成した。そして、同僚J・バトンとのコンビでトゥルーリ、アロンソのルノーチームと激しいコンストラクターズ2位争いを繰り広げたが・・

まぁフジの事だから佐藤琢磨を中心にした放送だと思いましたが、番組紹介でここまで書かれているとガチガチその通りなんでしょう。私が応援するBMWウィリアムズ&R・シューマッハの出番は少ないんでしょうなーー。ラルフが大クラッシュをきしたアメリカGPはまず映ると思います、そこでは琢磨が3位表彰台だったし。希望としては復帰2戦目で2位表彰台となった日本GPでの活躍が取り上げられると嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/13

F1ヘレスタイヤテスト

ヘレスでのテスト5・6日目はミシュランユーザーチームがコースを人工的にウェットコンディションにしてウェットタイヤのテストを行ないました。
(ニュース元:F1-Live.com 5日目 6日目

【5日目は6チーム6台出走】
1.ニック・ハイドフェルド - ウィリアムズ BMW - 1'27"783 - 102周
2.フランク・モンタニー - ルノー - 1'28"630 - 85周
3.ペドロ・デ・ラ・ロサ - マクラーレン メルセデス - 1'28"661 - 91周
4.クリスチャン・クリエン - レッドブル コスワース - 1'29"330 - 84周
5.リカルド・ゾンタ - トヨタ - 1'29"608 - 60周
6.佐藤琢磨 - B・A・R Honda - 1'29"673 - 101周
BMWウィリアムズのセカンドシートを狙うニック・ハイドフェルドが、この日のトップタイムを記録。チームへのアピールに成ったと思われます。

【6日目は4チーム4台出走】
1.ペドロ・デ・ラ・ロサ - マクラーレン メルセデス - 1'26"963 - 93周
2.佐藤琢磨 - B・A・R Honda - 1'29"502 - 114周
3.フランク・モンタニー - ルノー - 1'30"459 - 67周
4.リカルド・ゾンタ - トヨタ - 1'31"508 - 78周
BMWウィリアムズのテストは昨日で終了。これで今度ウィリアムズのマシンがサーキットを走るのは、来年1月31日の新型マシンFW27の発表会(スペイン・バレンシアサーキット)までおあずけ。
注目のドライバー・ラインアップ発表は、2005年のチーム体制発表と共に、来年1月7日にバーレーンサーキットで行われる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/12

BMWの未来カー

Back to the Future に登場したという「BMW未来カー」の画像を拾ってきました。

041212-1
          ベースは6シリーズ(E24)ですね。

かのデロリアンはこの映画で有名になりましたが、このBMWは余りにも不恰好(私の
主観)ですので、TVで放送されている割りには私の目に留まらなかったのかな!?
やっぱり「未来のクルマ」は地上からちょっと浮いてするすると移動する「エアカー」が
私の頭の中にありますので、この不恰好さは容認出来ません。

私が思い描くBMW未来カーは、愛読する永野護氏のコミック「ファイブスター物語」
第4巻の63ページに出て来るようなヤツです。手元にお持ちの方は是非ご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/11

くるくるクルマのリサイクル

来年1月からの「自動車リサイクル法」 料金等BMWのホームページでは9月に出て
いましたが正規輸入物ではない我らがBMW Z1の料金は不明確なままでした。
やっと12月10日から自動車リサイクルシステムのサイト にてリサイクル料金が
ネット検索出来るようになったので金額を確認してみました。

【Z1廃車時に必要なリサイクル料金】
シュレッダーダスト料金:13,450円、エアバッグ類料金:なし、エアコン料金:2,250円
情報管理料金:130円、資金管理料金:480円、 合計で16,310円
(来年の車検時にはエアコン料金を除く14,060円の先払いが発生します)

この内訳の中で注目しなければ成らないのはシュレッダーダスト料金。
【解説しよう】
シュレッダーダストとは、解体自動車を破砕し金属その他の有用なものを分離しこれら
を回収した後に残存する、プラスチック・ゴム・ガラスなどの「自動車の破砕残さ」の事
要はリサイクル出来ない屑が多く発生するクルマはこの料金が高くなるんです。

で、Z1の13,450円は高いか安いかというと間違いなく『高い!』(現行BMWで同等
のシュレッダーダスト料金と成るのは7シリーズ。 3シリーズは10,430~11,520円、
5シリーズは11,670~12,740円とちょっと安い)
国産オープンとの比較では、ホンダS2000:7,140~7,330円、マツダロードスター:
5,690円、、、、  かなり負けている。

ボディパネルがプラスチックのZ1は 屑の集まり だったのか~~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1ヘレステスト4日目

テスト4日目は7チーム(出走14台)が参加し行われました。
(ニュース元:F1-Live.com

1.キミ・ライコネン - マクラーレン メルセデス - 1'16"307 - 70周
2.ニック・ハイドフェルド - ウィリアムズ BMW - 1'16"786 - 64周
3.ルーベンス・バリチェロ - フェラーリ - 1'16"800 - 73周
6.アントニオ・ピッツォニア - ウィリアムズ BMW - 1'17"097 - 145周

キミ・ライコネンが連日トップタイム。 そして本日はBMWウィリアムズのセカンドシートを争う、N・ハイドフェルトとA・ピッツォニアの直接対決が実現しました。
【結果】
N・ハイドフェルが64周を走行して1分16秒786と2番手タイム
A・ピッツォニアは145周を走行して1分17秒097と6番手タイム
わずか0.3秒の差ですが、いよいよ流れはN・ハイドフェルに来ているのでしょうか。

関連記事:F1ヘレステスト3日目
関連記事:F1ヘレステスト2日目
関連記事:F1ヘレステスト初日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

整列!! BMW M3

単純にM3が並んだだけでは面白くも無いのですが、この色のM3(ラグナセカ・ブルー)って日本では結構珍しいと思います。 ナンバーも無い事からBMWの生産拠点での写真と思われますが、同じ色がこれだけ並ぶと壮観ですね。

041211-1
 この色は不評だったのか現行ラインナップから外れてしまいました。

関連記事:整列!! BMW Z1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/10

F1ヘレステスト3日目

テスト3日目は7チーム(出走16台)が参加し行われました。
(ニュース元:F1-Live.com

1.キミ・ライコネン - マクラーレン メルセデス - 1'16"677 - 97周
2.ヤルノ・トゥルーリ - トヨタ - 1'16"838 - 69周
3.ラルフ・シューマッハ - トヨタ - 1'17"112 - 82周
4.マーク・ウェバー - BMWウィリアムズ - 1'17"521 - 72周
5.ニック・ハイドフェルド - BMWウィリアムズ - 1'17"570 - 126周

連日マクラーレンがトップタイム。 私が注目するウィリアムズのセカンドシート争いは、昨日のA・ピッツォニアのタイムは 1'17"491、本日のN・ハイドフェルドと殆ど変わらないタイムでしたね。

関連記事:F1ヘレステスト2日目
関連記事:F1ヘレステスト初日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R1150GSとロボット兵

日本テレビ系列の金曜ロードショーでこの頃スタジオジブリ作品が放送されるのが目に
付きます。 そこを無理やりBMWネタに持ち込んでみよう のコーナー。

041210-1
             目のイメージつながりでっす。

BMW R1150GSと天空の城ラピュタのロボット兵、並べてみても中々いい感じ
と自負しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMWウィリアムズのシートは誰に? Part6

結果が正式発表されるまで引張ろうというこの企画、F1racing.jp においても読者投票が行われています。
お題:来季のウィリアムズレギュラードライバーはだれ?

私が投票した時点の途中経過では
ニック・ハイドフェルド - 71% 、アントニオ・ピッツォニア - 15%
アンソニー・デビッドソン - 8%、その他のドライバー - 5%
と圧倒的にN・ハイドフェルトが優位です。 結構差が付きいてますね。

まぁ投票された方は私と同様、ネット上での情報を元に「誰?」を決められたのだと思いますからN・ハイドフェルトに票が集まるのも判る気がします。MとAが犬猿の仲だとか、チームとしてはドイツ人のNに友好的だ、というニュースが印象に残ってますからね~~

関連記事:BMWウィリアムズのシートは誰に? Part5
関連記事:BMWウィリアムズのシートは誰に? Part4
関連記事:BMWウィリアムズのシートは誰に? Part3
関連記事:BMWウィリアムズのシートは誰に? Part2
関連記事:BMWウィリアムズのシートは誰に?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/09

F1ヘレステスト2日目

テスト2日目は7チーム(出走17台)が参加し行われました。
(ニュース元:F1-Live.com

1.ペドロ・デ・ラ・ロサ - マクラーレン メルセデス - 1'15"837 - 110周
2.アントニオ・ピッツォニア - BMWウィリアムズ - 1'17"491 - 71周
3.ヤルノ・トゥルーリ - トヨタ - 1'17"614 - 126周
10.マーク・ウェバー - BMWウィリアムズ - 1'18"178 - 75周

A・ピッツォニアは好調なようですね。N・ハイドフェルドとのシート争いに対して優位になる方法は、地道に実績を積むしかないのかも知れませんね。
あと来季のシートが未だ確定していないデビッド・クルサード、ブラジルGP以降初のF1テストとしてレッドブルのシートに座りました。タイムは7番手でしたが、これでレッドブルレーシング入りの道が開けたみたい。

関連記事:F1ヘレステスト初日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMW M1のドリフト

昨日からのBMW M1繋がり。BMW M1の壁紙をGET。 日本の公道でも出来ない訳ではありませんが、M1でドリフトやる人っているでのしょうか?

041209-1.jpg
          横向いた時に対向車が来ない事を祈る。

壁紙:800×600 ⇒こちら
壁紙:1024×768 ⇒こちら

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/12/08

F1ヘレステスト初日

先週に引き続きスペインヘレスサーキットでのテスト第二段。
初日は3チーム、出走6台でののスタートです。(ニュース元:F1-Live.com

やっと晴天下でのテストでした。
1.ファン-パブロ・モントーヤ - マクラーレン メルセデス - 1'16"545 - 73周
2.ヤルノ・トゥルーリ - トヨタ - 1'17"190 - 95周
3.ペドロ・デ・ラ・ロサ - マクラーレン メルセデス - 1'17"274 - 89周

明日からはBMWウィリアムズ、BARホンダ、ルノー、レッドブル・レーシングも参加予定。 先週は雨に祟られていたので、今週は良い天気が続くといいやねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMW M1ラリー

企画物が続いたので、たまにはカッコ良いBMWの写真も載せましょう。

041208-1.jpg
赤いボディカラーはなぜかストラストを思いだす。 ⇒MORE


041208-2.jpg
ゼッケンやスポンサーロゴがあると競技車っぽい。MORE

それにしても僅か456台しか製作されなかったBMW M1にラリーカーがあるとは知らなかった。内装を見るとシーケンシャルシフトみたいだし、助手席にはちゃんとナビ用コンピューターもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BMWリコール情報

BMWのフラッグシップ760Liがリコールだそうです。
ニュース元:国土交通省より引用

これらのクルマでは、シリンダーヘッドに供給されたエンジンオイルの降下を抑止している逆流防止弁(ノンリターンバルブ)の構造が不適切なため、勘合が甘くなり分離することがある。使用を続けるとバルブが抜けてエンジンオイルが漏れ、最悪の場合、エンジンが焼きつくおそれがある。

最先端技術で作られたV12気筒エンジンも小さな部品(今回は逆流防止弁)の品質が悪いだけで、このような大事になってしまうのですね。
それにしても1600万円を超えるクルマが、月40台ペースで売れてるのも凄いな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/07

BMW顔のタワーケース

BMW好き&自作パソコン好きの方にお勧め(ネタ元:tehnoblic.com
実際には縦型ですが横にするとパッと見、本物のBMWを真上から写した画像かと思います。(ちょっと大げさかなぁ)
041207-1.jpg
    プロペラマークが無いのは法的問題??

| | コメント (1) | トラックバック (1)

BMWウィリアムズのシートは誰に? Part5

ヘレステスト3日目ではアントニオ・ピッツォニアのタイムを約1秒上回ったニック・ハイドフェルド。チーム内での評価も上々のようです。(ニュース元:F1-Live.com
その好印象を受けてか当初予定の入っていた今週9日~のヘレステストにも再び参加するのだそうです。当然ピッツォニアとの直接対決もあるでしょう、今週の楽しみが増えましたね。 (ニュース元:crash.ne.jp

という訳でN・ハイドフェルドの高評価と、先頃のM・ウェバーとA・ピッツォニアの不仲説も加味してウィリアムズのセカンドシート争いは今のところ両者五分五分かな。
◎アントニオ・ピッツォニア(今季ウィリアムズ サードドライバー)
◎ニック・ハイドフェルド(今季ジョーダン ファーストドライバー)

関連記事:BMWウィリアムズのシートは誰に? Part4
関連記事:BMWウィリアムズのシートは誰に? Part3
関連記事:BMWウィリアムズのシートは誰に? Part2
関連記事:BMWウィリアムズのシートは誰に?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/06

二ヶ月遅れのカーグラフィクTV

夜起きていたら余り見ない放送局(KBS)でカーグラフィクTVをやってました。

地上波ですとBS朝日より二ヶ月遅れだったようですが放送内容は「ユーロワゴン・ジャイアントテスト」
100km/hからのフルブレーキングとウェット路面における旋回全制動。BMW3と5のツーリングは共に両テストとも絶賛でした。画面を見ているだけでも、フルブレーキング時4輪が同じように綺麗に沈み込む様子はBMWが一番でしたから。
旋回全制動でのスタビリティコントロールも、BMWは機械の出来が秀逸でコントロールしやすいとの評価を受けてました。 Z1には当然そんな高級なシステムは付いてませんが、自分の事を褒められたようでなんか嬉しい。

次週は「X3からムラーノまで」とまたBMWの出番があるそうです。 ビデオをセットしておくかな

【追伸】
むかし雑誌カーグラフィックの付録に付いていたCDを探し出しCG-TVのテーマソングを聴いています。 赤いフェラーリが疾走する姿が頭の中に浮かんでくるな~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スノーモービルなMINI

関西の週末は土曜日こそ雨でしたが崩れるかと思った昨日は中々良い天気でした。
しかしニュースを見ると各地で突風が吹き、北海道では大雪だったとか。
そこで大雪向け一発ネタはないかとネットをさまよったのですが、BMWは見付からず、代わりにMINIが有りましたのでご紹介。(ネタ元:hotbimmer.net

041206-1.jpg
          MINI Conquers Snow and Ice

ここまで作り込まれているなら(見え難いが前輪部分はスキー状らしい)ちゃんと実用に耐えると思うのだけれど、前傾でちょっと運転しづらいかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1ヘレステスト5日目

チーム数、台数も減って(5チーム、出走8台)寂しい限りのテスト5日目
(ニュース元:F1-Live.com

天候が少しは回復したようですね。
1.アレキサンダー・ブルツ - マクラーレン メルセデス - 1'19"750 - 38周
2.ペドロ・デ・ラ・ロサ - マクラーレン メルセデス - 1'19"766 - 31周
3.ヤルノ・トゥルーリ - トヨタ - 1'19"914 - 83周

関連記事:F1ヘレステスト4日目
関連記事:F1ヘレステスト3日目
関連記事:F1ヘレステスト2日目
関連記事:F1ヘレステスト初日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/05

働くBMWシリーズ

出来ればシリーズ化したいこの企画。まずはBMWイセッタのハシゴ車?
ネタ元のドメインから察するにデンマークで活躍のようです。実用的なのかについては
疑問符が付きますが。。。。

041205-1.jpg
        日本で「112」は使われていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BMW販促品

今週末BMWディーラーでは「BMW Special Christmas Fair」が実施されています。
近所のディーラーでの来場プレゼントは「オリジナル・キャンドル」

ちょっと思い立って『Yahoo!オークション』で「BMW キャンドル」を検索。
早速それと思われる(ディーラーと同じ画像を使用)商品発見。現在の価格:760円
中途半端な760円という価格設定はどこから出て来たのでしょうね? 売れるかどうかしばらく観察してみましょう。

【追伸】
12月7日午前1時現在、出品数10点に増加(書き込み時点では2点)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/04

F1ヘレステスト4日目

テスト4日目は8チーム(出走16台)が参加して行われました。
(ニュース元:F1-Live.com

BMWウィリアムズは昨日でテスト終了だったそうで、私にはちょと寂しいまたもや雨のヘレスサーキット。トップタイムは昨日に続きザウバーのJ・ビルヌーブでした。
1.ジャック・ビルヌーブ - ザウバー ペトロナス - 1'28"345 - 81周
2.ルカ・バドエル - フェラーリ - 1'29"191 - 50周
3.マルク・ジェネ - フェラーリ - 1'29"483 - 54周

もう一つ出てたウィリアムズ関連ニュースはM・ウェバーとA・ピッツォニアの不仲説
(ニュース元:F1-Live.com
2003年ジャガーでコンビだったこの二人、その頃からの遺恨を未だに持っているらしいのだ。それにしても世界中にこのようなニュースが流れるって事は、ピッツォニアよりN・ハイドフェルドの方にセカンドシートの目が出てきた証拠なのかも。。。。。

関連記事:F1ヘレステスト3日目
関連記事:F1ヘレステスト2日目
関連記事:F1ヘレステスト初日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1000馬力のBMWエンジン

1000 HP

Basis BMW M5 Engine

with twin superchargers
   and Lenz TurboTronic

ベースはBMWM5エンジン(E34の直6)ですが、ツインスーパーチャージャー+ターボで1000馬力。 これマジっすか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見上げた壁には2

「見上げた壁には」もう一題、「スパイダーマン」地上波放送記念!!
元画像には「BMW gave Spiderman a run for his money for the launch of ...」という 文字があり、niftyで翻訳したら「BMWは、ビル建築高所作業員に着手用の彼の金銭のための実行を与えました。」うーん意味不明。

041204-2.jpg
  工事中の建物の壁に張り付いたミニ

トリビアの泉で言っていた「とび職」は英語で「スパイダーマン」 60へぇ もnifty翻訳はちゃんとクリアしてくれました。(^.^)

関連記事:見上げた壁には

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見上げた壁には

すっかりBMWの面白ネタ(一発芸?)寄せ集めブログと化した今日この頃。自分が好きでやっているので誰に恥じる事もなく今日もまいりましょう。

どういったいきさつでBMWが壁に刺さったかは判りませんが、クルマの壊れ具合とサスペンションの下がり具合をみてもCG合成という事はないみたいです。

041204-1.jpg
   おじさんのたたずまいが絶妙でっす。

側面が凹んでいるので前からその建物に突っ込んだのではなく、勢い良くバックして外にはみ出した可能性が高いかな? 真後ろがあまり潰れてはいないのは不思議。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/03

F1ヘレステスト3日目

テスト3日目は9チーム(出走17台)が参加し行われました。
(ニュース元:F1-Live.com

サーキットの状態は昨日のウェットに続いて今日もウェット、そんな訳でタイムは伸びてないです。余りよいテストとは言えないのかな?コースオフするドライバー続出だったそうですから。
1.ジャック・ビルヌーブ ザウバー ペトロナス - 1'22"061 - 74周
2.ニック・ハイドフェルド BMWウィリアムズ - 1'22"430 - 96周
5.アントニオ・ピッツォニア BMWウィリアムズ - 1'23"382 - 48周

この日はセカンドシート争いの2人、A・ピッツォニアとN・ハイドフェルドが直接対決でした。2人のタイム差は約1秒、昨日M・ウェバーに3秒近くの差をつけられたN・ハイドフェルド、今日はすこし株を上げたかな。

関連記事:F1ヘレステスト2日目
関連記事:F1ヘレステスト初日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMWのペーパークラフト

BMW Thailand のサイトにペーパークラフトのページがありました。

041203-1.jpg

タイトルが「Your Dream Car」う~~ん、良い響き。 内容もイセッタやM1、3シリーズもE36があったりとちょっと古めですが、ペーパークラフトとしては最新モデルよりこの方が味わいが有って良いのかも知れません。
ただ問題点は僕んちのプリンターが古くて赤い色が綺麗に出ない事。こういう時のZ1はやっぱり赤ですもんね。 今の時代コンビニに行けばカラーコピー機はあるけど、それと同じような感じでカラーページプリンターを使わせてくれる所(勿論有料で構いません)ってないのかなーー。

トラックバック先:BMWおたっきーず!Blog

BMW, BMW Z1 | | コメント (0) | トラックバック (5)

2004/12/02

ヨン様BMWに乗る?

先日、日本中を騒がせたぺ・ヨンジュン氏(ヨン様)がロッテアーモンドチョコレートのCMに出演してるのを今日初めて見ました。

041202-3.jpg
            微笑みの貴公子

そのクルマが私にはどうしてもBMW X3に見えるのですよ。シートの形状、リアルーフスポイラー、ヨン様と並んだ時の車高の具合等々。
僕の頭の中にはこの十年来「BMW菌」が繁殖していますので、何でもBMWに見えるという幻覚症状が出ているだけかも知れないのですが、、、、、、  どなたか判定お待ちしております。 ロッテのCMサイトはこちら 動画もあります。
ちなみにヨン様、プライベートでは昨年までBMWに乗り、今年ランドローバーに乗換えたのだそうです。(週刊文春12/9号による)

【追記】
「このCMのメイキングを某番組で見た。BMW X3に間違いない。」とBMWおたっきーず!様の掲示板にてお答え頂いたTaka-Cさん、ご協力どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

F1ヘレステスト2日目

テスト2日目は7チーム(出走15台)が参加してのものと成りました。
(ニュース元:F1-Live.com
タイム的に見るとマッサが頭一つ飛びぬけてました。
1.フェリペ・マッサ ザウバーペトロナス - 1'17"513 - 60周 
3. マーク・ウェバー BMWウィリアムズ - 1'20"171 - 90周
9. ニック・ハイドフェルド BMWウィリアムズ - 1'22"713 - 98周

041202-2.jpg
          この日が初テストのN・ハイドフェルド

私が応援するウィリアムズチーム、この日は改良型FW26C持ち込んでの走行。
(ニュース元:F1-Live.com
注目のセカンドシートをA・ピッツォニアと争うN・ハイドフェルド、この日がウィリアムズ
初テストでした。 さてさて評価はどうだったのでしょうか。

関連記事:F1ヘレステスト初日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空飛ぶBMW

この後姿を見てBMW600と気付いてくれたあなたは偉い。

041202-1.jpg
       それにしてもバリバリのCG合成ですねん。

なぜタイヤが無いのだろう? 現実では無いから軽量化は必要ないし離着陸時にタイヤがないと無理が多いんじゃないか?? 米軍機の翼というのも、、、、、他に無かったんですかね???

続いて映画の中ですが実際に飛んでいるBMWをご紹介
来年日本公開「TAXi NY」の中でBMWカブリオレ(見た感じM3)が2台並んで派手に飛んでいるのが予告編で見れます。

トラックバック先:BMWおたっきーず!Blog

BMW, 日記・コラム・つぶやき | | コメント (1) | トラックバック (1)

2004/12/01

F1ヘレステスト初日

先週のバスセロナに続き今週もスペインのヘレスサーキットにおいてF1のテストが行われています。(ニュース元:F1-Live.com

BMWウィリアムズ ワン・ツー

1.マーク・ウェバー 1'19"016-84周
2.アントニオ・ピッツォニア 1'19"037-70周
今回の合同テストは10チーム全てが登場の予定なのですが、初日はBMWウィリアムズチームのみ。ですのでワン・ツーも当然なんですけどね。 FW27用のリアサスペンションを暫定マシンに載せてテストするという事でしたが周回数からみて大したトラブルも無く、ボチボチとテストをしている感じなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6輪なBMW Z3

トラックバック先のBMWおたっきーず!Blog 様の記事では前2輪・後4輪が流行の
ようですが、私が見つけたPORDI のサイトでは前4輪・後2輪がスタンダードのよう
です。

041201-1.jpg
        どうもCGっぽいですが6輪なZ3

このパターンではF1のティレルP34とかパンサー6とかが思い出されますね。
(思い出すのはスーパーカー世代だけかも)
以前NHKスペシャルで見た、オーバー400km/hを目指すスーパー電気自動車
エリーカ」も沢山タイヤがあったと記憶していましたが確認した所、前4輪・後4輪
の8輪車でした。  これからの流行は多輪車なんかな~~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »